脳挫傷によるコンプレックスで「身体を鍛えまくった」時期があった!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は中学1年生の時に「交通事故」で死にかけました。

リハビリを続けて日常生活が送れるようになったのが中学3年の夏でしたよ。

高校生になってからは「反動」で異常に身体を鍛え始めました

当時の様子をお話しします!

スポンサーリンク

身体に対して「コンプレックス」の塊だった!

事故の後は「自己評価がマイナス」になった!

私は中学1年生の時に交通事故に遭って「急性硬膜外血腫・脳挫傷の手術」を受けました。

その事故の影響で、私の「小脳」にはダメージが残っちゃったんです。

それからは「平衡感覚」が狂って、まっすぐ歩けない日々が続きました。

自分では普通に歩いてるつもりでも身体が右側に寄っていく!

当時はけっこーな地獄でしたね笑

ストレスや不安感も強かったし、自分の身体への「信頼感」はゼロでした。

高校入学後は、異常に身体を鍛えはじめた!

でも地味なリハビリを続けて行った結果・・・

中学3年の夏には普通に歩けるようになって、スポーツにも挑戦し始めました!

高校に入学してからは、自分の身体を鍛えることに命を懸けてました笑

友達が「カラオケやゲーセン」に行きだかる中で、ランニングや筋トレをやりたいと思ってました。

当時の私は「鍛えないとダメだ!」っていう強迫観念に動かされてたんです。

そんな私を家族は心配してましたよ笑

スポンサーリンク

「たまには休んでいいんじゃないの?」「台風の日ぐらい走るのやめたら?」って感じでね!

「自分ルール」で身体を鍛えていた!

トレーニングメニューは徹底してた!

自分で決めた毎日の「トレーニングメニュー」は徹底してやってました!

今振り返ってみて凄いと思うのが・・・

自分の決めた「タイムスケジュール」を忠実に守ってたんですよね笑

例えば、ランニングなら・・・

「21:00~24:00までの間に1時間走るとかね。

その内訳まで決めてましたよ。

最初の5分は「準備体操」で、次に5分間の「軽いジョギング」をする。

それから40分「ランニング」して、最後に10分間の「クールダウン」って感じでね笑

自分で決めたルールは守る!

こんな感じで、自分で決めたルールは守るようにしていました。

だからランニング中は、時計で常に時間を確認しながら・・・

絶対に1時間を超えてから家に帰るようにしてました笑

ノルマを達成しないと「不安や自責の念」が生まれたのでね!

だから「筋肉痛」や「台風」といった理由では休みませんでした。

まあさすがに「靭帯」を痛めた時は休まざるを得なかったけど・・・

その時はノルマを達成できない自分に対して、本気でイライラしてましたね!

「お前はアスリートか?」ってぐらいにトレーニングに執着してました

筋トレメニューも、回数を必ずこなす!

「筋トレメニュー」ってありますよね?

「腹筋は何回、腕立ては何回で」って感じのやつ。

スポンサーリンク

私は腹筋は100回×3セットで、ダンベルや腕立て、ゴムチューブを使った筋トレをやってました。

これもさっきのランニングと一緒なんですけど・・・

例えば、1日遊んでて22:00過ぎに家に帰った日があったとして。

「今日は友達とバスケやって疲れたから、トレーニングはやめよー」って事にはならないんです!

コンディションが悪くても、必ず決めた回数やるようにしてました笑

部活で大会を目指してるワケでもなく。誰かに「鍛えろ」って言われたワケでもなく・・・

ただ自分が勝手に作ったルールで、目標もなく鍛えてました。

今思えば普通な精神状態じゃないですね。

 高校2年生の持久走大会で「学年4位」に!

でも地道な努力を重ねていった結果・・・

ちゃんと形として成果が現れてきました。

高校2年の時には「持久走大会で学年4位」になったのでね。

「いや4位とかビミョーだろ!」って声もあがってきそうですけど・・・

中学3年の時点でまっすぐ歩けなかったのを考慮すると、けっこースゴいと思ってます笑

当時の私が「努力してた」ってことが証明された瞬間でしたね。

泣きたくなるような「地味なリハビリ」を重ねて、やっと努力が報われた感じがしました!

その頃から、身体へのコンプレックスは少しずつ消えていきましたよ。

「俺はもう大丈夫、やっと人並み以上の身体になれたんだ」ってね。

脳挫傷がもたらした「コンプレックス」だった?!

当時を振り返ると、身体を鍛える事への執着は「マジで異常だった」と思います笑

周りから何を言われてもお構いなしの「自分ルール」でしたしね。

「他の人より自分の身体は弱いんだ」って圧倒的なコンプレックスを抱えてました。

当時の自分からすると・・・

身体を鍛えることが、コンプレックスから抜け出す「唯一の方法」だったんでしょうね。

事故や手術がもたらす影響のデカさ!

事故による精神的なダメージは、いつの間にかコンプレックスへと変換されてました。

「もう自分は普通じゃないんだ」

「人の倍は努力しないとダメだ!」

って本気で思い込んでましたから、精神衛生的にはめちゃくちゃ悪かったですね笑

さらに誰に口を出されても・・・

「事故に遭ったことのないお前らに、俺の気持ちは分からない!」

って感覚でしたし。

「交通事故や手術」から月日が経つことで、すべてが風化するワケじゃありません。

当事者のコンプレックスやトラウマとして、ずっと残ることがあるんですよ。

そしてそれを解決するには、苦痛を伴う努力が必要になるんだと思います!

いっくんのまとめ

今回は、私が高校時代に「異常に身体を鍛えていた」話でした。

私は今となっては、どんなスポーツも一通りこなせますけど。

もし中学の時に諦めて、インドア生活に没頭していたら・・・

ここまでは回復してなかったはずです。

当時は1人で頑張ってたので、精神的にはかなりしんどかったです。

もし当時の私みたいな状態の方がいたら、気軽に連絡して欲しいです。

経験者として、アドバイスぐらいなら出来ると思うのでね!

お問い合わせ

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】