【まとめ】「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で回復するまでの体験記!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

今回は「急性硬膜外血腫・脳挫傷」の体験記のまとめです。

私が実際に「事故と手術」を経て、回復していく流れを時系列でまとめています。

同じような経験をされている方の励みになれるよう、リアルな表現で書いていますよ!

スポンサーリンク

「急性硬膜外血腫・脳挫傷」の体験記まとめ!

私は中学1年生の時に事故に遭って「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で死にかけました!

当時「陸上競技」を始めていた私は、真逆の生活へと転落します。

もう手術からは10年以上経っていますけど。

事故に遭った時の記憶は、いまだに鮮明に残っていますよ。

「手術後の苦痛」は時間と共に風化するけど・・・

当時の苦しかった体験が、今の自分を作ってるのは間違いないです。

当時は手術後2年間のリハビリ生活をすることになって、ホントに毎日が最悪でした。

「事故にさえ遭ってなければ・・・!」って思わない日はありませんでしたね。

でも10年以上経ってみると「事故の経験もアリだったな」って感じています。

事故から数年間は、死んでもそんなこと思えませんでしたけど笑

まあ、生きてれば「マイナスの経験」もプラスに感じる日が来るってことです!

ちなみに、このまとめ記事はまだ完成してませんが・・・

「急性硬膜外血腫・脳挫傷」になったばかりの方や、そのご家族の参考になれば嬉しいです。

1.事故に遭って救急車で搬送されるまで!

出典:https://www.kango-roo.com/sn/a/view/1343

私が「急性硬膜外血腫・脳挫傷」になったのは、自転車事故が原因でした。

・中学1年のある日「自転車」で事故に遭った!

事故が起きたのは地元でも有名な「V字の急坂」でした。

私は自転車に乗っていて、相手も同じく自転車での衝突事故です。

私は被害者で、坂の上から全速力で走ってくる相手に突撃された感じです。

・頭から地面に落下!

衝突した次の瞬間には、コンクリートの地面に思い切り頭をぶつけていました。

最初は意識もハッキリしていたんですけど。

次第に目が回るような感覚が起こってきて、意識を失いました。

【急性硬膜外血腫・脳挫傷:1】事故に遭って救急車で搬送されるまで!
出典: どうも!いっくんです! 私はかつて自転車事故に遭って死にかけました! 事故に遭った直後は意識があって、駆けつけた人達との会話も覚えてます。 しかし途中で意識を失って、その間に脳外科手術...
スポンサーリンク

2.手術後に目覚めてからの「恐怖と混乱」?!

自転車事故にあって意識を失った後・・・

次に目覚めた時には病院で、既に手術も済んでいました。

・意識を失っていた間に手術されていた!

私が意識を失って、すぐに救急車が到着したそうです!

病院に到着する頃には昏睡状態だった私は「急性硬膜外血腫・脳挫傷」と診断されて・・・

そのまま緊急で「開頭手術」を受けることに!

執刀医は、両親に対して「助からないかもしれません」って言っていたそうです。

・目覚めた時は「手術室からICU」に移動中

事故の後に初めて目覚めた時から「身体の異変」が凄まじかったです。

「視力の異常、めまい、吐き気、痛み・・・」などなど。

何がどうなってるのかも分からなくて怖いし、ホントに混乱しました。

この時は、私が死ぬかもしれないと思った「家族や親戚」が集まってくれていました。

【急性硬膜外血腫・脳挫傷:2】手術後に目覚めてからの「恐怖と混乱」?!
どうも!いっくんです! 私はかつて自転車事故にあって、間もなく意識を失いました! 次に目覚めた時には病院で、既に手術も済んでいました笑 起きた瞬間から「身体の異常」が凄くて、混乱する事になります! ...

3.手術後3日目までは「寝たきり状態」?!

「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で手術してから2日~3日目の入院生活!

術後間もなくは「寝たきり状態」でした!

・ICUから一般病棟に移った

ICUから小児病棟の個室に移りましたけど・・・

手術をして2日しか経ってないので、この時点では全く回復してません笑

身体の異常について「担当医」に質問するタイミングがありましたけど

この時点では、改善するかどうか分かりませんでした。

・寝たきり生活

この時点では目も見えてないし、常に目が回ってる感覚に襲われていました。

首を少しでも動かすと反射的に「吐く」状態でしたし笑

事故と手術のダメージで、1人じゃ何もできなかったのでね。

身の回りの事は全て看護師さん任せでした・・・

【急性硬膜外血腫・脳挫傷:3】手術後3日目までは「寝たきり状態」?!
どうも!いっくんです! 「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で手術してから2日~3日目の入院生活について! 術後間もなくは「寝たきり状態」でした! 事故と手術のダメージが強過ぎて、1人じゃ何もできなかったので...
スポンサーリンク

4.ベッドの角度を斜めにするだけで吐く?!

「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で手術してから4日~5日目の入院生活!

この時期から大きく変化していきます。

・目が見えるようになってきた

手術してから、目がぼやけて見えなくなってましたけど。

4日目の朝起きると、少しずつモノの輪郭が見える感じになってたんです!

昼寝して起きる度に、どんどんはっきりと見えるようになりました。

・「ベッドを斜めに起こす」リハビリがスタート

早速、身体を起こす練習が始まりました!

といっても自力で起き上がるワケではなく、ベッドを斜めにする感じです。

何もしてなくてもめまいが酷い状態だったので。

予想通り、吐きまくることになります笑

【急性硬膜外血腫・脳挫傷:4】ベッドの角度を斜めにするだけで吐く?!
どうも!いっくんです! 「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で手術してから4日~5日目の入院生活について! この時期には大きく変化したことがありました! まずは見えてなかった「視力」が回復! そしてベッ...

5.リハビリ中に「担当医」が異常に気付く?!

「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で手術してから6日~7日目の入院生活!

この頃には「身体を起こすリハビリ」が始まりました。

・上半身を起こすリハビリがスタート

医師と看護師がいる前で、試しに身体を起こしてみる事になりました!

手すりをグッと握って、身体を起こしていきます。

起き上がろうとすると、身体全身を押さえつけられてるような感覚を味わいました。

・新たな異常が発覚

さらに担当医は、無意識に私の身体が「右側」に傾いていく事に気付きました。

これまではベッドに横になっていて分からなかった「脳の異常」が・・・

リハビリをすることで発覚したワケです。

それが結構ヘビーで、私はかなりショックを受けることに!

【急性硬膜外血腫・脳挫傷:5】リハビリ中に「担当医」が異常に気付く?!
どうも!いっくんです! 「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で手術してから6日~7日目の入院生活について! この頃には「身体を起こすリハビリ」が始まったんですけど。 担当医が「ある異常」に気付きました! ...

6.「立つ・歩く」リハビリは地獄だった?!

「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で手術してから8日~9日目の入院生活!

「立つ・歩く」といったリハビリが始まったのがこの頃でした!

・「立つ・歩く」リハビリが開始

医師立ち合いのもとで・・・

「そろそろ、試しに立ち上がってみようか?」って話になりました。

心の中では「いや絶対ムリでしょ!」って思いましたけど。

医師に言われるがまま、挑戦することになりました。

・補助付きで立って、少し歩いてみた

看護師に抱きかかえてもらう様な感じで、なんとか立ち上がりました。

頭はクラクラするし、予想通り体は右に傾いていく!

そして病室の中を「生まれたての子ヤギ」みたいにグラグラしながら歩きました笑

【急性硬膜外血腫・脳挫傷:6】「立つ・歩く」リハビリは地獄だった?!
どうも!いっくんです! 「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で手術してから8日~9日目の入院生活! 「小脳」に異常があると発覚した後で、精神的にキツイ時期でした笑 そして実際に「立つ・歩く」といったリハビリが...

7.「松葉杖」で自力での歩行が可能に?!

「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で手術してから「10日目~」の入院生活!

・「松葉杖」を使って自力で歩けるように

「歩行訓練」のために、狂った平衡感覚をサポートする「支え」を探しました。

検討した結果、「松葉杖」を使うようになりました。

これを使い始めて、やっと自力で歩けるように!

・病院の各診療科を受診!

この頃には病院内の各診療科を受診しました!

手術の後からずっと気になっていた・・・

「視力、聴力、平衡感覚」の機能検査をするためです。

・「リハビリ室」でのリハビリが始まる

バランス感覚はゼロでしたけど、リハビリ室にも通い始めます。

リハビリの内容は「ストレッチと歩行訓練」がメインでしたね。

「松葉杖」をついて、ふらふら自力で移動できるようになったので。

より「自立」に近付いた感じがしました!

【急性硬膜外血腫・脳挫傷:7】「松葉杖」で自力での歩行が可能に?!
どうも!いっくんです! 「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で手術してから「10日目~」の入院生活! これまでは1人じゃ「立つ・歩く」ことすら出来ませんでした。 でも「松葉杖」を使い始めて、やっと自力で歩けるように!...

いっくんのまとめ

私は事故に遭ってから、もう10年以上が経過しています・・・!

当時は「健康な身体」に戻れないことを悟って、自暴自棄になったりもしました。

でも諦めずにリハビリを重ねたことで、その後は人並み以上の体力を付けました!

まあ日常生活が送れるまでは、2年間を費やしましたけどね笑

1つ言える事は、事故に遭わなければ「180度違った人生」を歩んでいたってことです。

「失った時間はデカい」し「余計な苦痛」を味わった実感があります。

でもその自覚があるからこそ・・・

生きてるうちに「何でもチャレンジしたい」と思うようになりました。

実際に社会人になってから「日本全国一周」とかやったぐらいにアクティブです。

手術直後の状態を、今誰かに話しても信じてもらえないぐらいです笑

世の中には自分と同じ様な体験をした事のある人がたくさんいると思いますけど。

今ちょうど「手術後で苦しんでる本人や家族」の参考になればと思って、この記事を書きました。

少しでも役に立ったら、嬉しいです!

ではまた!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】