「急性硬膜外血腫・脳挫傷」の手術から完治までの体験記【まとめ】

スポンサーリンク

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

こちらは「急性硬膜外血腫・脳挫傷」の体験記のまとめです。

 

私はかつて交通事故に遭って手術受けました!

そこから回復するまでの流れを時系列でまとめてますよ。

 

同じような経験をされている方の励みになれると嬉しいです!

 

スポンサーリンク

「急性硬膜外血腫・脳挫傷」の体験記まとめ!

私は中学1年生の時に自転車で事故に遭いました。

 

その時には「急性硬膜外血腫・脳挫傷」になって開頭手術をしたんですけど。

それまで普通に暮らしていた私は、一気に地獄へと転落した気分でしたよ。

 

手術後は2年間のリハビリ生活をすることになって、毎日がホントに最悪でした。

「事故にさえ遭ってなければ・・・」って思わない日はありませんでしたね。

 

今は手術からは10年以上経っていますけど、事故の記憶は今も鮮明に残っています。

急性硬膜外血腫・脳挫傷になったばかりの方や、そのご家族の参考になれば嬉しいです。

 

自転車事故で頭を強打!救急車で搬送されました。

出典:https://www.kango-roo.com/sn/a/view/1343

私は中学1年生の頃に、自転車同士の衝突事故に遭ったんです。

 

事故が起きたのは地元でも有名な「V字の急坂」で・・・

私は自転車にまたがって止まっていて、坂の上から全速力で降りてきた相手に衝突されました。

スポンサーリンク

 

衝突した次の瞬間には、コンクリートの地面に頭から叩きつけられてまでした

いっくん
その衝撃で「急性硬膜外血腫・脳挫傷」となったんです。

意識を失うまでの間は、駆け付けてくれた人達と会話もしてましたよ!

救急車が来るころには意識を失いましたけど・・・。

自転車の交通事故で側頭部を強打!救急車で搬送されて手術しました。

2015.12.29

 

意識を失ってる間に「急性硬膜外血腫・脳挫傷」の手術をされていた!

意識を失ってる間に救急車で病院に運ばれたワケですけど・・・

 

救急車で搬送してる途中に状態はどんどん悪くなっていったらしい。

病院に到着してすぐCT検査をして、そこで「急性硬膜外血腫・脳挫傷」と診断されたそうです!

いっくん
私が目覚めた時には既に手術をされた後でした!

私の知らない間で両親と執刀医との間では深刻な話し合いがされていたそうで・・・

「息子さんは助からないかもしれません」って言われてたらしい笑

 

私が意識を失っていた間のことを書いていきますね!

意識を失ってる間に「急性硬膜外血腫・脳挫傷」の手術をされていた!

2018.03.11

 

全身麻酔から目覚めてから感じたこと。

私が全身麻酔から覚めた時には手術が終わってベッドの上だったのでね。

 

ちょうど手術室から「ICU(集中治療室)」へと移動中でした・・・!

っといいつつも、この時にはそんなことまったく分かってません笑

 

今は振り返って書いてるだけで、当時頭の中はパニック状態でした。

身体の異常が凄くて「目が見えない、めまいや吐き気、頭全体の痛み」などなど・・・

 

何がどうなってるのか分からなくて怖いし、ホントに混乱しましたよ

いっくん
私が死にそうだったので、遠いところから「親戚」も集まってくれてました笑

【急性硬膜外血腫・脳挫傷】全身麻酔での手術後、目覚めてから感じたこと。

2015.12.30

 

手術後3日目までは寝たきり状態でした。

手術を受けてから2日~3日目は「寝たきり状態」でしたね。

 

この時点では目もぼやけて見えてないし・・・

常に目が回ってる感覚で、首を動かすと反射的に吐くような状態だったのでね笑

 

事故と手術のダメージで1人じゃ何もできなくて、寝たきり生活を体験しました!

身の回りの事はすべて看護師さん任せでしたよ。

いっくん
担当医の先生に、身体の異常について質問しまくったやり取りもまとめてます!

脳外科手術後は「両目が見えない&回転性のめまい」で寝たきり状態でした。

2017.03.01

 

病院のベッドでリハビリ開始!身体を起こすだけで嘔吐・・・

手術を受けてから4日~5日目には、大きく変化していきます。

 

手術後は視界がぼやけて目は見えませんでしたけど・・・

4日目の朝起きてみると、少しずつモノの輪郭が見えるようになってたんです!

 

そしてこのタイミングで、身体を起こす練習も始まりました!

といっても自力で起き上がるのはムリなのでね、

 

ベッド自体の角度を斜めに起こすってだけですけど・・・

スポンサーリンク

めまいが酷かったので、予想通り吐きまくることになります笑

病院のベッドでリハビリ開始!身体を起こすだけでも「めまい」で嘔吐

2017.03.01

 

リハビリ中に担当医が「小脳」の異常に気付く!

手術を受けてから6日~7日目には「上半身を起こすリハビリ」が始まりました。

 

医師と看護師がいる前で、手すりを握って身体を起こしていきます。

でも起き上がろうとすると・・・

身体全体を押し戻されるような不思議な感覚を味わいました。

 

さらに担当医は、私の身体が無意識に右側に傾くことに気付いたんですよ!

いっくん
小脳に異常があることが発覚しました!

この日まではずっとベッドに横になってたから分からなかったんです・・・

けっこーショックを受けることになります。

脳挫傷で「小脳」の機能や働きに後遺症?入院中のリハビリで発覚した話

2017.03.01

 

手術後初めて、立つ・歩くリハビリがスタート!

手術を受けてから8日~9日目には「立つ・歩く」といったリハビリがスタートしました。

 

っていうか、まだ上半身を起こすのでさえおぼつかない状態なのにね・・・笑

いっくん
医師から「そろそろ立ち上がってみようか?」って言われた時には耳を疑いました笑

もちろん補助は必要なので、看護師に抱きかかえてもらいつつ立ち上がることに成功。

 

でも頭はクラクラするし、予想通り体は右側に傾いていきます!

病室の中を「生まれたての子ヤギ」みたいに歩いてました笑

めまいとふらつきが地獄。手術後初めて「立つ・歩行」のリハビリ開始!

2017.03.02

 

松葉杖でふらつきをカバー。リハビリ室で歩行訓練も開始!

手術を受けてから10日~19日目には「歩行訓練」が本格的にスタートします!

 

狂った平衡感覚をサポートするために「松葉杖」を使い始めましたよ。

杖のおかげで、なんとか人の手は借りずに歩けるようになりました!

 

この頃からリハビリ室にも通い始めて・・・

ストレッチと歩行訓練をメインでやっていきました。

 

また、身体の異常は残ってたので各診療科を受診してみましたよ!

【脳挫傷】入院中は松葉杖でふらつきをカバー。リハビリ室で歩行訓練も開始!

2017.03.02

 

いよいよ退院・・・!でも退院後はメンタルが不安定に。

手術を受けてから20日~退院するまでの中では、精神的な葛藤がありました!

めちゃくちゃ切望してた退院なのに・・・

 

いざ近づくと「平衡感覚が狂ったまま退院して、ホントに大丈夫なのか?」っとか不安になるんです笑

退院することに対して「期待7:不安3」って感じでしたよ。

 

そしてちょうど入院1カ月で退院しました!

家に帰って緊張の糸が切れたし、考える時間も無限にできたことから・・・

いっくん
逆に精神的にはどんどん不安定になりました。 

交通事故・手術・入院を経て、いよいよ退院したらメンタルが不安定に!

2017.08.06

 

退院してから社会(学校)復帰するまでがキツい!

退院してからは1日中あれこれ悩み苦しんでました。

まだ学校にも通えないし、そのうち通い始めるのを考えてもしんどいしって感じでね。

 

身体は動かさないといけないって強迫観念みたいなモノもあったので・・・

お爺ちゃんみたいにふらふらしながらも、ひたすら歩き回ってました笑

孤独で恥ずかしいし最悪でしたね。

 

リハビリは一進一退って感じで思うようにはいかなかったけど・・・身体が元に戻るまでには2年を費やしました!

病院を退院後、社会(学校)に復帰するまでのリハビリや葛藤がキツい!

2017.08.06

 

劣等感を克服するために、高校では身体を鍛えまくった!

中学3年生の夏には軽くスポーツもできるようになって、身体が傾いていくのも治りました。

 

そして高校に入学してからは、異常に身体を鍛えはじめることになります笑

それまでのリハビリ期間に蓄積した、尋常じゃない劣等感があったから。

 

「人の倍は鍛えないとダメだ!」っていう強迫観念に動かされてましたね。

形として成果が現れたのは、高校2年生の持久走大会では「学年4位」になったことです。

 

「地味なリハビリ」を重ねて、やっと努力が報われた感じがしました!

それをきっかけとして、身体へのコンプレックスは消えていきました。

 

当時の努力のおかでで、今はスポーツは人並み以上にはできてます笑

【高校時代】劣等感を克服するために身体を鍛えまくる時期があった!

2017.04.17

 

いっくんのまとめ

今回は「急性硬膜外血腫・脳挫傷」の体験記のまとめでした。

 

事故に遭った当時は「もう健康な身体には戻れない」と思って自暴自棄にもなりました。

人間不信にもなったしね笑

 

でも諦めずにリハビリを重ねたことで、その後は人並み以上の体力を手に入れました!

社会人になってからは「日本全国一周」もやってるぐらい元気です笑

 

事故によって失われた時間はデカいし、余計な苦痛を味わったからこそ・・・

「底辺の生活を経験した人間ならではの強さ」を獲得できたと思ってます。

 

事故と手術は今の「自分の人格」を形成した貴重な体験でした。

平凡に生きてたら気付かなかったことが、色々と分かるようになったのでね。

 

生きて努力を重ねれば、マイナスの経験値もプラスに感じる日が来ますよ!

少しでも役に立ったら嬉しいです。




スポンサーリンク