【まとめ】元スタッフが教える「男性不妊の検査」!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

私は「不妊治療のクリニック」で勤めていました!

 

今回は元スタッフの目線で「男性不妊治療の検査」に関する事をまとめました。

多くの男性不妊症の患者と出会って感じたことや、男性不妊のポイントなどを書いています!

 

「男性不妊治療」のための検査について!

フリー写真 湖岸に座っている男性の後ろ姿

私は「男性不妊治療のクリニック」で勤めていました!

 

初めて不妊治療のクリニックに行って精液検査する時って・・・

みなさんめちゃくちゃ不安だと思います!

 

気持ちは凄くよく分かりますよ。

私もかつて不妊治療のクリニックに勤め始めた時に・・・

 

勤務初日に上司から「じゃあ、自分の精液とって精液検査の練習しようか!」

って言われた時には、めちゃくちゃ嫌で帰りたくなりましたから笑

「初めての精液検査」で、結果がどうなるのかも「凄く不安」だったのを覚えてます!

 

みなさんも、色んな不安がよぎると思います!

その不安感を少しでも減らせたらいいなと思って・・・

この記事では、男性不妊検査に関する事をまとめています!

 

男性不妊治療をはじめようと思っている方や、現在治療中の方の参考になれたらと思います!

 

【精液検査】男性不妊の検査で「院内」で精液を採取する流れ!

みなさんが一番気になっていそうな、クリニックで精液を採取する時の流れを説明します!

 

・クリニックの「採精室」ってどんな部屋?

クリニックに初めて受診したとして・・・

問診が終わって待合室で待っていると、スタッフから採精室へと案内されますよ!

 

採精室は、例えるなら「完全に区切りのあるネットカフェ」みたいなスペースです。

 

部屋の中の備品は・・・

「リクライニングチェア、テレビ&ヘッドフォン、DVDとエロ本、ティッシュとゴミ箱」

スポンサーリンク

なんかが置かれていますよ。

 

・採精室で精液を採取する

採精室に入る前に、スタッフから「採精室」と「精液採取の流れ」を口頭で説明されます!

そこで使い方が分かれば、後は「DVDや雑誌」を使って精液を採取すればOK笑

 

そして容器を所定の場所に置いて部屋を出て、待合室で結果が出るのを待つだけです。

 

こちらの記事には、スタッフからの説明内容やポイントもまとめてます。

【精液検査】男性不妊の検査で「院内」で精液を採取する流れ!

 

「不妊症チェック」に来た患者で精液検査の結果が悪かった理由とは?!

gahag-0065369263-1

「自宅採精」で精液検査をして、結果がかなり悪いケースがありました!

患者さん本人の希望で自宅採精をしたんですけど、結果としてはそれがダメでした。

 

・初めての精液検査で「自宅採精」を希望

こちらの患者さんは「精液検査」をするのが人生初の方でした!

 

そして「恥ずかしさ」から、自宅採精を強く希望されてたんですよね・・・

「私は自宅じゃないと採りたくありません!」って感じで、主張はかなり強めの人でした笑

 

・精液検査の結果「再検査が必要」

「自宅で精液を採取する方法」や「注意点」ついて説明したんですけど・・・

こちらの患者さんは、決定的なミスを犯していました。

 

自宅で採精した時の結果は「運動率も生存率もかなり低い」状態でした。

しかし、院内採精で再検査をすると劇的に改善することになります!

 

そこには自宅採精につきまとう「デメリット」が存在していました。

精液検査用の精液を「自宅で採取」する時の流れと注意点!

 

【男性不妊治療】精液検査と排卵日前の「禁欲期間」のベストは?!

よく患者さんから質問されたのが、精液検査や排卵日前の「禁欲期間」です!

「期間は長い方がいい?それとも短い方?」って感じでね。

 

・禁欲期間は長すぎるとダメ!

患者さんの中にはけっこー間違った思い込みをしてた人もいました。

「長く溜めればそれだけ精子が濃縮されて良い」って思っている方とかね!

 

禁欲期間が長いと、みなさんの精液中に含まれる精子の数は多くなりますけど・・・

「死滅した精子」や「運動率が低い精子」も多く含まれるようになります!

 

・禁欲期間のベストは?

期間期間は「2~3日」がベストだと思って下さい!

禁欲期間は短い方が「新鮮で運動率も高い精子が認めやすくなる」傾向にありますので。

 

精液検査はあくまで「妊娠を目標」とした検査なワケなのでね。

「運動率」が正確に評価できる方が良いんです!

 

こちらの記事では、妻の排卵日前の禁欲期間に関しても説明してあります。

【男性不妊治療】精液検査と排卵日前の「禁欲期間」のベストは?!

 

男性不妊症の原因を調べるには「5つの方法」がある?!

「男性不妊症の原因」を調べるには大きく分けて「5つの方法」があります!

 

「男性不妊の検査」は色んな種類があります!

男性不妊症の検査には「問診、診察、精液検査、採血、超音波検査」といった・・・

大きく分けて「5つの種類」があります!

 

それぞれの検査には「違った目的」があるんですよ。

それを組み合わせて調べることで、より確実な治療に近付ける感じです!

 

・専門のクリニックじゃないと、できない検査もある?

それぞれの検査には大事な意義がありますけど・・・

どこのクリニックでも、必ず「5つの検査」を受けれるワケではないのでね!

 

ベストなのは、最初から「男性不妊専門のクリニック」に行くことですよ。

 

こちらの記事では、5つの不妊検査について説明しています。

男性不妊症の原因を調べるには「5つの方法」がある?!

 

精液検査用の精液を「自宅で採取」する時の流れと注意点!

精液検査を受ける患者さんの中には、自宅での精液採取を希望する場合があります。

「自宅採精の方法や注意点」と「自宅採精がおすすめ出来ない理由」をお話ししますね!

 

・自宅採精をする時の「流れや方法」について

スタッフから患者さんに、自宅で精液を採取する時の「ポイントや注意点」を説明しますよ。

ポイントは大きく分けて3つあります・・・

  • 専用容器に自分の手で「全量採取」が原則
  • 採取してから「1時間以内」に持ってきて
  • 持ち運ぶ時には容器を「人肌の温度」に保って

 

・出来れば「院内での採精」がおすすめです!

自宅で精液を採取してくるのって、パッと見は楽で良さそうに思えますけど。

実際には「制約」がめっちゃ多くて面倒です笑

 

あれこれ悩んだり余計な手間がかかることを考えたら・・・

最初から院内で採っといた方が良いですよ!

 

こちらの記事では、自宅採精で注意すべき理由も説明しています。

【精液検査】男性不妊の検査で「院内」で精液を採取する流れ!

 

【男性不妊治療】精液検査の結果が「毎回違う」のはどうして?!

精液検査を何回か受けている患者さんほど、疑問に感じやすい事があります!

それは「精液検査の結果って何で毎回違うの?」って事です。

 

・「精液検査の結果」が毎回かなり違う?!

不妊治療を進めている人は、「1カ月ごと」とか一定の間隔で検査しますよね

 

そして、みんなその結果を見て思うはずです・・・

「あれ?!前回と結果がかなり違くない?」ってね。

 

何回か検査をしていると、いきなり結果が悪くなったり、急に良くなったりします!

 

・結果のバラツキは「普通」のこと

精液検査の結果が毎回バラバラなのは「誰にでも共通して起こる普通の現象」なんです。

実際にWHO(世界保健機関)が統計データを公表しています。

 

結果にバラツキが出るのは、精液検査に特徴的なものだといえます。

それは精子を造る機能が「繊細」なことが関係しています!

 

こちらの記事では、どうして精液検査の結果はバラツキが出るのか説明してます。

【男性不妊治療】精液検査の結果が「毎回違う」のはどうして?!

 

「男性不妊治療の専門クリニック」に初めて行った時の流れとは?!

「男性不妊治療の専門クリニック」に初めて行く時は、かなり不安があると思います。

どんな流れで「検査や診察」をするのかも、全然分からないと思うのでね。

 

・初めて行く時は不安だと思います

初めて不妊治療のクリニックに行く時って、けっこー普段だと思います。

「精液検査」をやるのだけは分かるけど、それ以外にどんなことされるのかよく分からない!

 

色んな不安がよぎると思いますけど、基本的な流れは「通常の病院」と変わらないですよ。

 

・全体の流れについて

「全体の流れ」はこんな感じになります・・・!

  1. 「初診受付」&「問診票の記載」
  2. 「問診」
  3. 「精液検査」
  4. 「診察」
  5. 「その他検査」
  6. 「会計」

って感じですね。

 

こちらの記事では、それぞれの流れについて詳しく説明しています。

「男性不妊治療の専門クリニック」に初めて行った時の流れとは?!

 

男性不妊の検査をするなら「恥」と「プライド」は捨てましょう!

男性不妊の検査をしに行く時って、けっこーなストレスだと思います!

でも出来れば早いうちに「恥やプライド」は捨て去るのをおすすめします。

 

・男性不妊の検査はストレスでしかない?!

男性にとっては、男性不妊の検査はストレスでしかないと思います。

そもそも男性は、性に対してめっちゃ「敏感」ですからね!

 

ただでさえ「サイズ」や「早漏か遅漏か」でさえめちゃくちゃ気にする生き物ですしね笑

 

・「恥」と「プライド」は捨てた方がいいです

でもみなさん、いいですか・・・

どんなにカッコつけようと思っても、意味が無いことを知っておいてください。

 

不妊治療の現場は「性器」や「精液」を、オープンにする環境なんですからね!

自分で恥に感じてるだけで、スタッフは何とも思ってませんよ。

 

できるだけ早くに、そのプライドや恥の心は捨て去った方が自分のためです。

男性不妊の検査をするなら「恥」と「プライド」は捨てましょう!

 

いっくんのまとめ

今回は「男性不妊治療の検査」に関する事をまとめました!

 

私は勤めている時にたくさんの患者さんを見ていて思いましたけど・・・

男性不妊の検査は、最初の一歩を踏み出しにくいのが特徴だと思います!

 

さらに治療が始まってからも、繊細な内容だから悩む方もたくさんいます。

「検査結果が毎回違うって悩む」のも、まさしくそうですけど。

 

アドバイスとしては、検査を受けに行くって決めったのなら・・・

聞きたい事は何でもスタッフに聞いて解決していくことですね!

精神衛生的にもそれが一番ですよ。

 

スポンサーリンク