「勉強=暗記」だと思ってるうちは「おバカ」なままですよ!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

たくさん勉強してるのに、ぜんぜん身に付かない方へ!

勉強って「暗記」しちゃダメなんですよ笑

基本的にはノートに書いたりしなくてもいいんです。

「ひたすら書きまくって暗記する勉強法」ほど、非効率なモノはありませんよ!

スポンサーリンク

かつて何でも暗記してたバカな自分

小学校から「何でも暗記」のスタイルだった

正直に言うと、私は小学生の頃からイマイチ勉強はできませんでした笑

当時を振り返ると、それも納得がいくんですよね。

私は小学生の頃から、勉強は「書いて覚えるタイプ」だったので!

小学生の頃って「漢字の小テスト」が頻繁にありましたけど・・・

とにかくノートにびっちり書いて覚えてましたね。

まあ、漢字だけはみなさんも書いて覚えたはずですけど。

私の場合は、「理解して覚える系」の内容さえもすべて暗記でした笑

教科書の内容をまったく理解せずに、とにかく書いて覚えるだけの作業だったんです!

暗記だと中学・高校では通用しなくなる

とにかく何でも暗記するスタイルは・・・

時間と労力をめっちゃかければ、ある程度の問題には対応できました。

しかし、中学3年ぐらいの内容になってくると。

それまでの内容を理解してないと「太刀打ちできない」状況に直面しました笑

それでも私は「暗記こそが勉強だ!」って思ってたので・・・

必死に「意味の分からない単語や文章」を暗記しまくってましたね笑

中学のその頃から、周りとの差はどんどん大きくなりましたね!

たくさん書いて覚えてるハズなのに、周りに抜かされていくっていうね。

ちなみに、高校では試験前に尋常じゃない努力で暗記しまくったので・・・

その中ではトップを取れちゃってました。

今考えると、これはマジでよくないことです笑

出来れば高校生の頃には「暗記の限界」に気付くべきだった。

大学に入ってからも、勉強は暗記だと信じてた

大学に入ってからしばらくも、勉強は暗記がすべてだと思ってました。

しかし、大学1年の時に「文系から医療系に転学部」したことで・・・

スポンサーリンク

理解しないと先に進めない状況に陥りました!

その頃にようやく気付いて、暗記スタイルの勉強法を改めた感じです。

そして私は「ノートに文字を書いて覚える」っていうスタイルを封印しました。

私にとっての勉強法は、今は「イメージを湧かせながら読むだけ」です。

これで数倍以上に効率が上がったと思ってます。

暗記の何がいけないのか?

試験が終わればすべて忘れる

かつての私は、内容をまったく理解せずに一時的に記憶していただけでした。

「とにかく点数が取れればいいや!」

「一字一句暗記すれば、間違いないだろう」

って考えでしたからね。

だから試験が終わればすべて忘れてました笑

1年前に見たはずの内容が出てきても、やった事すら忘れてる始末・・・

それぐらい作業的なスタイルだったワケですよ。

スポンサーリンク

時間と労力をかけてるのに、まったく身にならない!

テスト前にめっちゃ頑張って勉強してるハズなのに・・・

終わるとすべて忘れるし、そもそも内容を理解できてない笑

そんなやり方で一時的に記憶したものって、「知識」でも何でもないです。

「脳のメモリー」を無駄に消費してるだけ笑

今振り返ってみると、「アレを勉強だと思っていた自分が恐ろしい」ですよ。

時間と労力をかけて覚えたはずなのに・・・

インプットした情報を、他のことに活かすこともできない。

「ホントにムダな事をしてたな」って思います。

勉強は理解して覚えるのが一番!

意味を理解しながら覚えると、勉強ができるようになる!

学力の向上に不可欠なのは「ちゃんと意味を理解して覚える」ってことですよ。

私はこれに気付くのに時間がかかり過ぎました・・・笑

きっとみなさんも、過去に「学校の先生や塾講師」から言われた事があるはずです。

でもあんまピンとこないし、自分の勉強法って簡単に変えられないですよね。

かつて私自身が「暗記が一番の人間」だったからハッキリ言えますけど・・・

意味を理解しながら覚えないと、学習したことにはなりません!

正直言って・・・

私の「小学校から大学1年までの勉強はムダだった」と思ってます。

そう言えちゃうぐらいに、暗記メインの勉強って身にならないんですよ。(←数学は除く)

意味を理解しながら勉強し始めると、書いて覚える必要がなくなります。

ほとんどのことは「読むだけで覚えられる」ようになりますよ!

文字を読んでいる時は、流れを自分の頭でイメージする

理解して覚える時のポイントは・・・

読んでいる内容を「頭の中でイメージとして浮かべる」ことです!

例えば、生物で「人体の血液」について勉強する時も、こんな感じでイメージを湧かせます!

「身体の中をぐるぐる血液が巡ってる」→「血液の中には赤血球・白血球・血小板が漂ってる」→「細菌が入ってきたら、白血球が倒しに行く」

・・・って感じで、一連の流れをイメージとしてどんどん繋げていく感じです。

書いてある内容を文字のまま覚えようとするんじゃなくて。

「適当でも良いから、可能な限り想像するのが超大事!」

自分なりにイメージができたら、もう忘れないから笑

理解した内容は忘れないし、自分の言葉で説明できる!

周りにいる勉強ができる人の話を聞いてみても。

みんなしっかり理解して学ぶ習慣が身に付いてます!

テキストに書いてある文字を、頭の中でイメージとして再構成する能力もあるので・・・

「テキストの内容を、自分の言葉で言い換えたりもできる」んですよ!

アレって、ホントに理解してないと出来ない芸当ですからね。

ちゃんと意味を理解した情報だからこそ、応用が効くんですよ。

それと真逆にいるのが、かつての私みたいに「一字一句丸暗記」するタイプってことですね笑

後者のタイプが、ノートを埋め尽くす勢いで文字を書きまくって暗記しても・・・

しっかり理解しながら勉強するタイプには絶対に敵わないですよ。

さらに勉強量も前者の方が圧倒的に少なく済むのでね笑

ノートに書きまくってる人がいたら・・・

まずはそれを止める事からスタートすると良いと思いますよ!

いっくんのまとめ

今回は、「暗記の勉強方法は非効率」だという話でした!

たくさん勉強してる自覚があるのに、成果が出ないのは勉強法に問題があると思います。

「ノートに書きまくって覚える」なんて、めっちゃ時間かかって非効率的です。

書くのって凄く作業的だし、理解もせずにインプットされるのでおすすめしません!

「丸暗記が大得意」だった私が言ってるので、間違いないです笑

早めに気付いて「理解して覚える方法」に変えて行った方がいいですよ!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】