【病気で悩んでる方へ】人はみんな「病気」を抱えて生きている?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

病気になって苦しんでいる方へ!

人って病気になったばかりの頃は、とにかく色んな事が不安になると思います。

でも実は人って、誰しも病気を抱えて生きているんですよ!

そこを改めて考えると、捉え方が変わると思いますよ。

スポンサーリンク

人は病気になると、すぐには受け入れられません!

病気になったばかりの時は、誰だって悩みます

人ってみんな、病気になったばかりの時は悩みまくります。

完全に治ることが確約されてない限り、不安は絶対につきまといますから!

「この病気って治るのかな・・・?」

「もしかしたら、今までの生活が送れなくなるかも」ってね。

自分が今何かしらの症状があって悩んでいる時って・・・

ずーっとそのことばかりを考え込んでしまうんですよね。

そして「実物の何倍も重大なこと」のように感じちゃったりもします!

私もかつてはそうでした!

私もかつて交通事故で「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で手術した後はそうでしたけど。

平衡感覚の狂い」や「右耳の難聴」が気になって仕方なかった時期があります。

もう1日中ずっとそのことを考えてましたし。

考えなくていいのに、あれこれ勝手に変なイメージを湧かして一人で落ち込むっていうね笑

ホントに「負の連鎖」でした。

「みんな何かの病気を抱えている」と思って下さい!

誰しも病気を持っている!

私は今病院で臨床検査技師として働いていて血液検査などを担当していますけど・・・

その中でホントに実感することがあります。

人間って、ホントにありとあらゆる病気にかかります。

それはもう、統計的にみても明らかなワケですよ!

どんな病気でも「有病率」や「罹患率」というものがあります。

自分がかかっている病気に関して、ネットで調べればすぐに分かりますよ。

スポンサーリンク

これを見れば、1つの病気に罹ってる人達の数や割合が分かります。

こういう視点で考えると・・・

「何も病気を持ってない人はいない」って事が実感できます。

スポンサーリンク

あらゆる疾患が「何分の1の確立」って感じで、書かれているのでね。

健康そうに見えても、ホントのところは分からない

無数にある疾患の1つ1つを、全人口に割り振っていけば・・・

みんな大なり小なり「病気や身体の不具合」を持って生きてることが分かります。

そうは思えないって思う人もいるかもしれませんけど・・・

「自分が病気である事を、必死に隠して生きてる人」だっているワケですよ!

別の視点から言えば「客観的にみても分からない病気」だってありますし。

例えば私の「右耳の軽度難聴」なんて、第3者から見ればまったく分かりませんしね笑

時間が少しずつ解決してくれる

私は今でこそ過去の「事故」や「難聴」について明るく話せてますけど。

事故に遭って耳が聞こえなくなった当初は、もう悩みまくりましたよ。

渦中にいる時は、やっぱり誰だって悩むんですよ。それが人間です笑

私が悩みの無限ループから抜け出したのは・・・

大学病院で検査して「治らない」ってハッキリ言われたのがきっかけでしたね。

その時はすげーショックだったけど「もう色々考えても仕方ないんだ」って理解できたので。

それから少しずつ時間をかけて、気にならなくなっていきましたね。

「みんなも病気を抱えて生きてる」って考えてみて下さい

1人として「完全に健康な人」はいないと思ってください。

生まれつき病気を抱えている人もいれば・・・

子供の頃や、大人になってから発病する人だってたくさんいるワケです。

ちなみに私の場合で言えば・・・

「脳挫傷(小脳)、右耳の軽度難聴、アレルギー(花粉)」って感じです。

でも周りから見れば「いたって健康」だと思われてますよ笑

頭蓋骨には「チタンプレート」が入ってて、右側頭部にはガッツリ手術跡が残ってますが。

そんなん誰にも分かりません笑

あとは自分の中で、どういう風に捉えていくかですよ!

私は自分の中で、時間をかけて消化していきました。

今みなさんが抱えてる病気が、治る可能性があれば治療を頑張って欲しいですし。

もし治らない事が分かってるのであれば・・・ある程度悩みまくったら。

少しずつで良いから、気にしない方向に持っていって欲しいですね。

いっくんのまとめ

今回は、人は誰しも病気を抱えていることをお話ししました!

人って渦中にいると自分だけがしんどい思いをしている気持ちになりがちですけど。

そうじゃないんだなって、広い視野を持ってもらいたいです。

1つ間違いない事実として覚えて欲しいのは。

みんな気付いてないだけで「周りにいる人はけっこー大きな病気を抱えてる」って事です!

そう考えると、また違った視点で病気に向き合えるかなと思います。

ある程度悩みまくったら、その悩みを消化できるように頑張っていきましょうね!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】