【TESEの日帰り手術】手術の前後1カ月の流れを簡単に説明!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は「不妊治療のクリニック」で勤めていました。

無精子症と宣告を受けて「TESEの日帰り手術」を検討している方へ!

手術に向けての流れとかって、分かりにくくて不安ですよね?

今回は手術の前後1カ月がどんな流れで進むか説明していきます!

スポンサーリンク

TESEの手術は「日帰り手術」でできる!

TESEは「無精子症」の方が受ける手術!

私は不妊治療のクリニックで勤めていました。

男性不妊の検査を受けに来た患者さんの中には・・・

「無精子症」として診断される方が一定数います。

その場合には「TESE(精巣内精子回収術)」という手術が推奨されます!

TESEとはどんな手術なのか?

TESEとはどういった手術なのかというと。

メスを使って精巣を包む膜を切り開いていって・・・

中にある精巣組織(精細管)が見える状態にしていきます!

精細管はやわらかい組織なので、引っ張ると簡単にちぎれます。

TESEの手術は、精巣組織の一部をピンセットでつまんで取り出すだけです。

あとは採取した精細管の中から精子を探し出すことになりますよ。

実際に精子を探すのは検査技師の役目で、顕微鏡で精子がいるか探します

組織を取った後は、精巣を包む膜を縫合していって元通りにします。

TESEの手術は、2つのパターンがある

TESEには、大きく分けて2種類のパターンがありますよ。

通常の「TESE」と、顕微鏡を使った「MD-TESE」です。

①精子の通り道に異常がある場合は「TESE」をします!

精子の通り道に異常がある場合っていうのは・・・

・精巣から精子が運ばれる管である「精管」が詰まってるケース。

・精管から先の通り道である「精嚢」が無いケースなどです。

こういったケースでは、精巣ではしっかり精子が作られているのに・・・

射精して体外に送り出すまでの通り道がダメになってるってことです。

「閉塞性無精子症」って言われるもので。

TESEをすれば、ほぼ100%精子が回収できます!

②造精機能が極度に低下してる場合は「MD-TESE」をします!

今説明したような精子の通り道にはまったく問題ない場合の無精子症もあります!

スポンサーリンク

これは「非閉塞性の無精子症」と呼ばれていますよ!

つまりは、精子を造る機能そのものが極端に低下しているケースですね。

手術をして、精巣組織を取り出したとしても。

その中に多少でも精子がいるケースは50%ほどです。

つまりは残りの50%は、TESEを行っても精子が認められずに終わるということですね。

精巣組織の「精細管の太さ」で、精子がいる可能性が変わってくるので・・・

より大きな精細管を見分けるために、医師は顕微鏡をのぞきながら組織を採取しますよ!

これがMD-TESEと言われるものです。

日帰り手術が主流!

この手術は「日帰り」と「入院」で行われています!

昔は入院で手術をしていましたけど・・・

今はほとんどの医療機関で「日帰り手術」が主流になっていますよ!

手術が終われば歩いて家に帰れちゃうのがメリットですね。

ちなみに入院手術は、全身麻酔をするので「数日間は入院が必要」です。

普通の病気で入院手術する場合は、会社にも納得して貰えますけど・・・

不妊治療で「数日会社を休む」ってのは、なかなか言い出しずらいところですよね?

だからみんな「日帰り手術」を希望するワケです。

手術が決まってから、当日までの流れとは?!

手術説明があってから、手術当日までの流れを説明していきます!

TESEの「手術説明」を受ける

・スタッフから手術説明

不妊治療の専門医から「TESEをした方が良さそうですね」って言われたとして。

手術を受けるかどうかは別として、手術について細かい説明を受けるはずですよ!

内容としては・・・

「TESEについて」「手術の効果」「手術前の検査」「手術当日の流れ」「抜糸や消毒」「凍結精子の扱い」などですね。

あとは「手術同意書」を渡されるので、内容に納得ができればサインをします。

まあ同意書はその日に書く人はあんまいないですから。

ほとんどは一回家に持ち帰って、しっかり考えてから提出しにくる感じです!

・分からないことは、スタッフに確認すべき

説明を受けてる時に、分からない事はどんどんスタッフに聞いた方が良いですよ!

具体的なことを聞くのって、そこが一番のチャンスですからね。

家に帰ってから「あれ?これってどういうことなんだろ?」ってならないようにしましょう笑

後々の不安を取り除くためにもね。

もしパートナーも診察に付いて来ていれば、ぜひ一緒に聞いた方が良いですね。

その方が聞き漏れも少なくないですし。

手術前には「血液検査と心電図」を受ける

・手術前には基本的な検査を受ける

手術を受ける事が決まったら「手術前検査」の予約を取ってもらいます。

手術前検査は何をするかというと・・・

「心電図・血液検査」といった、かなり簡易的な検査ですよ!

まあ日帰りで出来ちゃうような手術なのでね笑

この検査結果を見て、手術を受けて大丈夫な状態かどうか判断するワケです。

・手術前の検査は念のためのもの

血液検査では「貧血」「血の止まりやすさ」「肝臓や腎臓の状態」など調べますよ!

スポンサーリンク

ちなみに「血の止まりやすさ」はどういう事かというと・・・

手術の時には「メス」や「電気メス」を使って切開していくのでね。

少量ですけど、もちろん出血します。

もし血液が全然止まらない患者さんだと、止血が大変だったりしますので笑

手術前にそういったことを把握するために、手術前検査は必ずやります

よっぽど異常があれば、手術が出来ない場合もありますよ。

まあこの手術で、そんな患者さんは見た事ありませんけどね笑

・「手術予定日」に近いタイミングで受ける!

手術前検査って、いつ受けてもいいわけじゃないですよ。

もし「手術の半年前に受けたいです!」って言っても、それは出来ません。

なぜなら、参考にならないのでね!

できるだけ手術予定日に近い時期に検査をして、直近の状態を知りたいのでね。

「手術1カ月前から、手術1週間まで」の間に受けるのがベストです!

手術当日の流れやポイント!

手術当日は「トータル2~3時間」で帰れます!

手術当日の流れは、別の記事で詳しく説明します!

手術時間は「通常のTESEで1時間」「顕微鏡を使ったMD-TESEなら2時間ぐらい」ですよ。

まあ施設にもよりますけど、実際にはこれより短いはずです。

そして手術が終わったら「1時間くらい」ベッドで横になってもらいます。

その間に・・・

「傷口の出血は止まってるか?」「血圧が高過ぎたり低過ぎないか?」「痛みは大丈夫か?」

などをしっかりチェックしていきますよ。

そして最終的に医師がチェックして、OKが出たら帰宅になります!

精子が見つかった場合は、凍結保存されます!

精子が回収できていた場合には、精子はすぐに液体窒素で「凍結」されます!

「体外受精か顕微授精」をするタイミングで、この凍結精子を使う事になります。

どこの施設でも、凍結精子の保存期間は数カ月って感じです。

そこからさらに延長する場合には追加で費用が発生しますよ!

液体窒素は密閉しててもどんどん減っていくので、これを足すのに費用もかかるので笑

凍結精子の扱いなどに納得で来たら、同意書にサインをしてもらいます。

手術後は日常生活はOK、でも安静に!

手術が終わった後は、「激しい運動」はしないようにしましょうね。

例えば「筋トレ」とか「重い物を運んだり」とかね。

普通に考えて、傷口に負荷がかかりそうなことはしないで下さい笑

でも「日常動作は問題ない」のでね!

だから階段の上り下りや、家事をするのは問題ないです。

あと患者さんには「当日は仕事は休んだ方がいいと思います」って伝えますけど・・・

けっこーな割合で患者さんは言うこと聞きません笑

「午前中に手術して、午後に仕事」って感じでムリする人が普通にいます笑

でもそれはマネしない方がいいです、さすがに手術当日はゆっくりすべきですよ。

ちなみに、当日は風呂には入れませんが、シャワーはOKです!

手術後の「痛み」ってどうなの?!

手術直後は手術部位に打った「麻酔」が効いてますけど。

ベッドで安静にしてもらってる間に、麻酔も切れてきますからね。

だから「痛み止め」を処方しますよ!

飲み薬としては「ロキソニン」を出すところが多いので、これを飲んでもらいます。

ロキソニンを飲んでも、さすがに手術当日は痛いはずなので・・・

そういう時には「座薬の痛み止め」を使うと、即効で効きます!

痛みに関しては、けっこー個人差もありますけど。

普通は手術してから数日間は「痛みや違和感」が続くのでね。

痛み止めを使って、うまくコントロールしていく感じです!

基本は最初の1日目を「飲み薬と座薬」で乗り切っちゃえば、後は平気みたいですけどね。

手術した後の流れは?!

手術後は、翌日に消毒します

手術した翌日にクリニックに行きますよ!

そこで傷口の状態のチェックして消毒を受けましょう。

これは超大事なので、都合を調整して必ず受けましょうね!

時間は5分もかからないです。待ち時間がどの程度かは分かりませんけど笑

もし何か疑問があったら、この時に先生に質問しましょうね。

くれぐれもドタキャンだけはしないように!傷口が化膿しても知りませんよ・・・笑

1週間後ぐらいに抜糸します

1週間後に「抜糸」となります!

こちらも消毒した上で、医療用のハサミを使って糸を切っていきます。

糸を切る時は、若干チクって痛むくらいですね。

これも時間としては、10分かからないですよ!

凍結精子を受け取りに来る!

患者さんが凍結精子を使う事になったとして。

これは郵送が出来ないんですよ笑

どうやって運ぶかというと・・・

10kgぐらいの重さの「液体窒素入りのタンク」を、原則として患者さん本人に持ってってもらいます!

とにかくタンクの中に精子が入ってる時は、もしもの事があるといけないので。

かなり厳重に対応するようになってます。

どうしても必要があれば、委任状で家族が持っていくのもOKです。

基本的に移動は車を使ってもらうのを勧めていますよ。

タンクは中身を取り出した後は、郵便で返却してもOKって感じです。

いっくんのまとめ

今回は、「TESE」の手術前後の流れでした!

TESEの手術って、男性にとっての急所である「精巣」を切り開くワケなのでね。

手術を受ける前は、恐怖は相当なものみたいです。

でも実際に手術をすると「思ってたより全然痛くない!」っていう方が多いので。

そこは安心していいと思いますよ!

ただ、精子が回収できるかどうかは確約できないのがもどかしいところです。

今回の流れを頭に入れて、参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】