【臨床検査技師の将来とは?】今後の不安要素を考えてみた!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は臨床検査技師です。

臨床検査技師の将来って、どうなるのか不安じゃないですか?

検査の歴史を振り返っても分かるけど・・・

「検査機器の発展」で技師はどんどん不要になってますしね。

さらなる「不安要素」も色々と出てきています!

今回はそこを説明していきますね。

スポンサーリンク

臨床検査技師の将来について!

「臨床検査技師の将来」には不安を感じる!

働いていく上で、自分の仕事の将来性はやっぱり気になりますよね!

今回は病院で働く「臨床検査技師」について話していきますね。

医療系の国家資格としては、けっこー歴史はありますし・・・

仕事内容としても、高度な「専門スキルや知識」が必要とされたりします。

でもぶっちゃけ「単純作業の反復」的な一面も強いんですよね!

ちょっと矛盾した感じですけどね笑

どんな仕事も、ざっくり言えば単純作業的な側面ってありますけど・・・

検査技師の仕事は、それがけっこー顕著だと思います!

「自動検査機器」の進歩で仕事が奪われる

昔は病院での血液検査って、けっこーめんどくさい工程を経てやってたんですよ。

具体的には、試験管をずらっと並べて「患者血清」と「試薬」を反応させて・・・

スポンサーリンク

それを「吸光光度計」を使って測定して数値を出してました。

つまりは、かつては「人の手がフルに関わる技術職」だったんですよ!

でも数十年前から現われた「自動検査機器」が、どんどん進化していったことで・・・

今ではどんな検査でも、機械が「オート」でやってくれます

大きな病院に行けばいくほど、オートメーション化されまくってますね笑

こういった技術の進歩で、実働部隊はどんどん減って行って・・・

「検査技師は管理できる優秀な人間」だけが必要になっていくのでね。

病院で雇われる人数は、今後どんどん減る傾向にあるのは間違いないです。

検体検査は「AI(人工知能)」が活躍する?!

さらに「検体検査」に関しては・・・

将来的に「AI(人工知能)」に仕事を奪われるのは間違いない。

検体検査の第一線で働いていて、それを全否定できる人は少ないはずです。

検体検査って「より正確かつ完璧を求める仕事」なのでね。

これまで人間が判断していたものを、AIが代行するのは十分可能です。

「凡例をもとにして判断を下す」っていう業務は、AIが最も得意ですしね。

ちなみに「検査結果の自動判定」や」「画像認識システム」とかっていうのは、既に前からある技術なんですけど・・・

これにAIが加わったら「検査技師はホントにいらないよ」って話です笑

生理検査のエコーは「放射線技師」が担当する?!

さらには対ヒトの検査である「生理検査」に関しても・・・!

これまでは「臨床検査の花形」って感じで扱われてきたエコー検査ですけど。

残念ながらエコーは「業務独占」じゃないのでね。

実は「腹部エコー」に関しては「放射線技師」の方が圧倒的にうまいです。

スポンサーリンク

CTやMRIを日常的にやっていることから・・・

「3次元的に臓器を観る感覚」が養われてるんですよね!

検査技師とは全然違った、エコーに必要な感覚を既に持ってるんですよ。

他職種(放射線技師、看護師)とオーバーラップする仕事なワケだから。

まさかの他職種に、活躍の機会を奪われていく可能性は十分にあります。

「検体採取や病棟業務」で、病院の検査技師をなんとか存続!?

今や「日本臨床検査技師会」が、全力で推し進めてるのが・・・

臨床検査技師による「検体採取」や「病棟業務」です。

検査技師が「インフルエンザの検体採取」をしたり。

「病棟に常駐して、検査技師ならではの新規業務に挑戦したり」って感じのものです。

今では全国の色んな施設で、実際に取り入れられてますよね!

だけどこの流れには、けっこー違和感があります。

私は実際に、病棟業務も検体採取もやった事があります

でも実際にやってみて、その必要性を見出しにくかったです笑

「ムリに仕事を作ろうとしてる」感が否めない!

まあ、検体採取を検査技師が行うのは理屈で納得がいきますけどね。

これは「採血」を検査技師が行う施設が多いのと同じで・・・

検査を担当する技師自らが、検体を採取するのが一番確実なんですよね。

まあ現状としては、現場レベルでは業務負荷が増えてるだけですけど笑

さっきの話に戻りますけど、現状のペースで進んでいくと・・・

今後は「病院勤務の検査技師数」は絞られるのが自然だと思うんですよ。

それが分かってる中で、こうした「検査技師による業務開拓」を技師会が推進してるのって・・・

やっぱり「検査技師の存続のためなのかな」って思っちゃうのは私だけでしょうか。

不安を無くすには「オールマイティーな技師」になる?!

検査技師を取り巻く不安要素はたくさんありますけど。

1つ言える事は・・・

技術革新などを背景として、検査技師は今よりも雇用を減らしていく方針になるはずです。

そうなると、1つの分野だけを極めていくスタンスはリスクを伴うと思います。

「部署が変わったら、他の検査はド素人でなにも出来ない!」

「転職したら使い物にならない」って事になりかねませんからね。

だからこそ「検体検査、生理検査」の枠にもとらわれることなく・・・

ある程度は、幅広い検査を管理できるようになるべきだと思います!

その上で専門的な強みを1つ・2つ持ってれば、今後何があっても大丈夫だと思いますよ!

いっくんのまとめ

今回は、臨床検査技師の「将来の不安要素」について考察しました!

検査機器の進歩によって、検査技師は医療機関においても不遇を強いられていますが・・・

今後はさらに、それが加速していくように感じます!

病院で雇われる検査技師の総数は、今後どんどん減るはずですよ。

臨床検査が「人工知能」を活かしやすい分野ってことは、誰が見ても明らかですからね笑

さらに国家資格として業務独占が弱いのでね・・・

ホントに弱い立場になっていく気がします。

「検体採取や病棟業務」で、それがカバーできるとは思えませんけど・・・

地道に頑張って、何でも応用の効く技師になるしかなさそうですね!

そうしないと「今後の検査を取り巻く変化」には乗れないかなって思いますよ。

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】