海外旅行で予防接種する方へ!「過去の予防接種歴」は大事です!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

長期の海外旅行を控えている方へ!

海外に行くには、やっぱり予防接種が必要になりますよ。

実際にやろうと思うと、けっこー複雑なので計画性が大事です。

忘れがちな「幼少期の予防接種歴」も重要になりますよ!

スポンサーリンク

海外旅行における予防接種の必要性とは?!

長期の海外旅行では「予防接種」が必要!

世界一周みたいに、長期間で海外旅行する時には「予防接種」が必須です!

例えば、あなたが1年近くかけた「世界一周旅行」に出かけるとしますよね?

そこで色々なローカルフードを食べて、2か月後に「A型肝炎」を発症したら・・・

せっかくの旅行が台無しになるわけですよ!

それで観光できなくなるわ、余計に延泊する事になって、航空券をキャンセルする事に・・・

もう考えるだけでも最悪ですよね!

なにより病院での医療費が、海外旅行保険でカバー出来る金額を越えたら終了ですからね笑

「特定の病気」は予防ができる!

まあ旅行にはリスクはどうしてもつきものですけど。

ここで大事なポイントは、そもそもA型肝炎って「予防できる」んですよ笑

つまり予防接種を事前に接種していたら、かからずに済むワケです!

そう考えると・・・

「予防できた病気で苦しむのは、時間も労力もマジで勿体ない」って思いますよね笑

スポンサーリンク

だから予防接種は絶対に受けといた方が良いですよ!

予防接種は「事前の計画」が超大事?!

予防接種は計画的にやるべき!

海外旅行に行く際には、予防接種が超大事なのでね。

「食べ物で感染するA型肝炎」や「蚊で感染する日本脳炎」といった・・・

意識だけでは防ぎきれないものをしっかり把握して、絶対やっておくべきです!

「じゃあ自分には何の予防接種が必要だろう?」っいうのをしっかり考えておきましょう。

それを決めるのは・・・

「渡航先、渡航期間、渡航形態、年齢、健康状態、過去の予防接種歴」

といった要素が不可欠です!

予防接種はけっこー「複雑な仕組み」ですよ!

予防接種は突き詰めて考えると、思っている以上に複雑です笑

種類によっては「黄熱病」みたいに1回だけで免疫がつくものもあれば・・・

「狂犬病」みたいに数回にわたって、決められた間隔を空けて接種するものもある。

これを1つ1つ考えていくと・・・

それを効率よく組み合わせる事の難しさに気付くはずです笑

「過去の予防接種歴」が大事!

予防接種には「過去の予防接種歴」が重要なんですよね!

例えば・・・

「日本脳炎」って初めて接種する人は、2回予防接種しないといけないんですけど。

過去に1回でも予防接種を受けた事があれば・・・

もう1回接種するだけで、死ぬまで免疫を獲得できるんです。

こんな感じで、これから予防接種をする時は「過去の予防接種歴」が大事ですよ!

スポンサーリンク

過去の予防接種は忘れがち笑

私は自分が「過去に何の予防接種を受けたのか分からない」事態に直面しました!

私のケースでは「日本脳炎」の予防接種を受けるつもりだったんですけど。

実際に受ける前にこう思いました。

「あれ?そういえば小さい頃に一度受けた事あったかも・・・?」ってね笑

「過去の予防接種歴」なんてちゃんと把握してないので、困りましたよ

もし受けてれば、あと1回だけやればOKだし。

もしやってないなら、期間をおいて2回接種しないといけないしね。

「母子手帳」を引っ張り出して確認した!

確認しようと思って母親に電話してみました!

でも覚えていないとの事・・・笑

悩んだ結果、実家にある「母子手帳」を引っ張り出してもらいました。

母子手帳を見ると「5歳の頃に日本脳炎を1回接種」してたのが分かりました。

それで「じゃあ、あと1回接種すれば大丈夫だ!」って安心して受けられたワケです。

こんな感じで、母子手帳で幼少期に受けた「予防接種の種類と回数」を把握できます。

まずは自分の接種歴を知るところからスタートした方が良いですよ!

医者に丸投げしてみるのもOK!

「予防接種のスケジュールを計画するのとか自分じゃムリ、考えるのもめんどくさい!」

って方は笑

出発の半年前くらいになったら・・・

近くの「医療機関や検疫所」に母子手帳を持って、話を聞いてみましょう!

そこで「行く予定の国と旅行期間」だけ医師に伝えれば。

ワクチンの種類やスケジュールを向こうが決めてくれますよ!

それが一番手っ取り早いし簡単ですからね笑

いっくんのまとめ

今回は、海外渡航における予防接種の考え方についてでした!

世界一周のように長期旅行をするなら、流行地に入る前に「予防接種」が必要です。

いくつか自分が必要な予防接種を絞れたとしても・・・

その組み合わせのパターンを考えるのはけっこー大変なので、計画性が大事です!

「幼少期の予防接種歴」も把握した上で、間違えないようにしていきましょうね!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】