【カメムシの味?】「パクチー」だけはホントに食べれない!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

みなさんは「食べ物の好き嫌い」ってありますか?

私は「パクチー」だけがマジで苦手なんです!

東南アジアに行く時には、ずっと付きまとってくる存在ですが・・・

あの独特な「カメムシの臭い」は、食べ物としては認められません笑

スポンサーリンク

パクチーが苦手で仕方ない!

嫌いな食材は「パクチー」だけ!

私は何でも挑戦したい人なのでね・・・

これまでも食べた事のないモノは、どんどん挑戦してきましたよ!

カエル」や「サンショウウオ」「イナゴ」だって食べれる人です。

「いっくんは、好き嫌いないよね」って周りからも言われますし。

そんな私でもマジで苦手な食べが「パクチー」です!

「パクチー」って何なの?!

「パクチー」は、タイ料理でよく使われる野菜です。

料理には茹でたり炒めて使われたり、生のまま添えられたりしますよ!

ちなみに英語名では「コリアンダー」って呼ばれます。

バジルやパセリみたいな「香草」の1つなんですけどね。

なんといっても「香りの強さ」が特徴的です!

「葉っぱ」の部分を、料理にトッピングしただけで・・・

どんな料理でも、すべてパクチーの味に変わっちゃうぐらいの破壊力があります!

スポンサーリンク

独特な「カメムシ臭」がムリです!

「パクチー」って、めっちゃ大好きでむしゃむしゃ食べる人もいますけど・・・

どちらかというと否定的な意見が多いですよね?

私には「カメムシのにおい」にしか思えませんよ笑

これはネタじゃなく、実際に「香りの成分」はまったく同じそうです!

和名として「カメムシソウ」って言われてるぐらいだしね笑

「そんなん料理に使うなよ!」って思います。

パクチーの破壊力はヤバい!

どんな食べ物であっても、そこに1つまみのパクチーを入れた途端に・・・

すべてが「パクチーの味」になります笑

特に「スープ系」の料理は、一瞬でパクチー風味になるのでね。

マジで何でもかんでもパクチーを入れないで欲しい。

ちなみに私はこれまで、散々パクチーにチャレンジして裏切られました・・・

「ここの料理は、あんまパクチーっぽさを感じないから!」

「このパクチーは新鮮で美味しいから!」

こういう言葉に、どれだけ騙されてきたことか笑

どこで食べてもパクチーはまずかったですよ!

タイで覚えた「魔法の呪文」がある!

私はかつて「パクチー料理のメッカ」であるタイに行きました笑

「郷に入れば郷に従う!」って頑張ろうとする私ですけど・・・

パクチーだけはちょっと厳しかったですね。

「鼻呼吸を止めて、味を一切わからなくしたら食べられる」

って感じでしたけど。

スポンサーリンク

さすがに、そんな苦行みたいな事を旅の間ずっと続けたくなかったのでね笑

そこで「マイサイパクチー・ナカップ」=「パクチー抜きで」

っていう言葉を多用することにしました!

これは私が現地で生き残るために覚えた「呪文」です笑

苦手な人のために、お店側も工夫して欲しい笑

パクチーは今や、色んな国で使われている食材です。

東南アジアだけでは無く、南米の方まで浸透してきてるし・・・

広まっていくだけの魅力があるのも事実でしょうけど。

その一方で、私みたいにこれが苦手な人って世界中にめっちゃいるワケですよね。

「パクチーを入れる料理」っていうのは、存在してもいいからさ。

お願いだから、別の小皿にパクチーを用意して提供して欲しい!

そしたら苦手な人はパクチーはいれずに、おいしく食べれるしね。

少量ならイケる人は、自分に合った適量を入れられるし。

そういう感じにしてくれたら、もっとストレスなく食べれるのになって思います。

ぜひ日本のレストランではそうなっていって欲しいです!

いっくんのまとめ

今回は、私がパクチーを苦手な事についてお話ししました。

私はどうしてもあの香りが苦手なんですよね笑

でも東南アジア全土はパクチーに支配されてますので!

予想外なメニューにもパクチーが入ってるからね。

苦手な人はくれぐれも注意してくださいね笑

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】