鯉のあらい(刺身)を食べる!コリコリした食感で味も美味しい。

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

私は「長野県」を旅行中に「鯉のアライ(刺身)」を食べました!

以前、味噌汁の「鯉こく」を食べた事はありましたが・・・

 

刺身はまた違った味わいでビックリしましたよ!

どんな感じだったか、簡単にまとめてみますね。

 

スポンサーリンク

かつて鯉こくを食べたことはあった!

「鯉こく」は食べた事があった!

私はかつて、鯉の味噌汁である「鯉こく」を山形県で食べた事があります!

 

食べてみるまでは、鯉なんてゲテモノだと思ってましたけど・・・

鯉こくが意外とおいしかったので、それからは「鯉は食べ物だ!」って認識になりました笑

 

まあ鯉こくは油ギトギトでインパクトのある一品でしたけど笑

 

鯉のあらい(刺身)はいまだ未体験だった!

鯉のあらい(刺身)はいまだ未体験だったんですよね。

 

山形でも食べるチャンスはあったんですけど・・・断念しちゃったんです。

なぜならスケジュールの都合で、万が一にもお腹を壊せなかったので笑

 

まあ鯉はちゃんとした「生食用」なら寄生虫とかの危険もないでしょうけど。

あくまで気持ちの問題でリスク回避しちゃいました。

 

それからしばらくは、鯉のあらいを食べなかったことを後悔してました笑

いっくん
ちゃんとした料理屋で鯉のあらいが食べれるチャンスだったのに・・・!

 

スポンサーリンク

「鯉のあらい」を食べてみた!

鯉のあらいは長野で購入!

山形では食べれなかった私でしたが、長野で再びチャンスが巡ってきました!

 

長野県にある地元スーパーに入って「鮮魚コーナー」を通りがかった時・・・

けっこー目立つ場所に置かれてたのが「鯉のあらい」でした!

いっくん
こ、これは俺が山形旅行であきらめたやつ・・・!

刺身が1パック500円ぐらいで売られてて、すぐに惹かれました笑

 

もちろん即決で、2パック購入してみました! 購入したら「酢味噌」も付いてきましたよ。

 

鯉のあらいはどんな味?!

ちなみに以前食べた「鯉こく」は、脂ギトギトだったのでね笑

私の中では鯉は脂がのってるイメージが強かったです。

 

宿泊先で鯉の洗いを開封して・・・どんな味なのか期待しつつ食べてみました!

 

鯉の刺身は「コリコリ」してて、ブリの刺身みたいな食感でした笑

少し脂っぽさも感じましたけど、クセの無い白身魚の味です!

 

酢味噌をつけて食べてみて思ったのは・・・これは普通にうまい。

 

「泥臭さ」もなかったのが素晴らしい!

食べる前は、そこらへんの川で泳いでる鯉を思い出しちゃって・・・

「なんか生で食べたら泥臭そう」ってマイナスイメージだったんですけど笑

いっくん
食べてみると全然臭みないし、淡水魚って感じがしない! 

やっぱり「養殖された鯉」だから、臭みが無かったんでしょうね。

 

あと、鯉のあらいは基本「酢味噌」で食べるものですけど。

もしかしたら、醤油だと臭みを感じるのかもしれませんね。

 

刺身で食べられてる淡水魚って、鯉ぐらい?

鯉は味は淡泊だけど、脂の旨味もあるから不思議な感じです!

他の川魚とは全然違いますね。

 

つっても基本は「他の淡水魚」は刺身で食べませんしね笑

そう考えると、鯉のあらいは貴重な食べ物だって思います!

 

食べたことない人は、挑戦しましょう!

鯉ってなかなか食べる機会はないですけど・・・

まだ食べたことがない人は、鯉が名産の地方で食べるのをおすすめします!

 

ちなみに、探してみたけど鯉のあらいはAmazonじゃ販売してませんでした笑

でも鯉の養殖が盛んな長野や山形でもない限り、普通のスーパーじゃまず売ってないし。

 

居酒屋のメニューで置いてるのは見たことないし・・・笑

提供してる可能性があるのは、ちょっとお高めの日本料理屋ぐらいですね。

 

こちらで近場で鯉を食べれるとこを探してみてください!

鯉のあらいが食べれるお店を探す!

 

いっくんのまとめ

今回は、「鯉のあらい」を食べた感想でした。

 

名産地じゃなければ、なかなか食べる機会のない鯉ですけど・・・

普通に酒の肴としても、イケる感じでしたよ!

 

「鯉のあらいは酢味噌で食べればうまい」っていうのは断言できますよ。

もし興味があったら是非チャレンジしましょう!

 

山形か長野に行った時には、鯉のあらいを体験してみてください笑

私がこれまで食べた「ゲテモノ料理」を紹介します!【まとめ】

2017.05.01