交通事故・手術・入院を経て、いよいよ退院したらメンタルが不安定に!

スポンサーリンク

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で手術してから、20日~退院するまでの入院生活について。

 

入院中に「松葉杖」を駆使してリハビリを進めていた私は・・・

とにかく早く退院したい一心でした!

 

まさか退院してからナーバスになるとは思いませんでしたけどね笑

では「退院前後の流れ」を書いていきますね。

スポンサーリンク

いよいよ退院が近付いてきた!

「平衡感覚」は狂ったまま、退院することに!

交通事故に遭って「急性硬膜外血腫・脳挫傷の手術」をしてから20日が経ちました。

 

中学生だった私は、入院生活にマジで嫌気がさしていたので・・・

「とにかく早く退院したい!」って毎日思ってました笑

 

当時は事故による「小脳へのダメージ」のせいで、平衡感覚は狂ったままだったけど。

松葉杖をついて歩くのには慣れてきてたのでね。

 

病院側は早く退院させたがっていた!

その頃になって担当医からも退院を勧められました!

 

ちなみに私は今病院で勤めてるんですよ。

今は病院の内情を知ってるので、当時の私の置かれてた状況もよく分かるんですよ笑

 

救急病院の目線からすると・・・

「完治してなかったとしても、患者は早く退院させたい」んですよね!

スポンサーリンク

 

それは「病院の収益」の兼ね合いもあるし。

次の入院患者が控えてるから「早く病室を空けたい」っていうのもあるしね。

 

まあ、病院にも色んな都合があるって事ですよ笑

 

私も例に漏れず、病院からすれば早く退院させたい患者の1人でしたね。

いっくん
病院で最低限やるべきことはやったから、早く退院してくれ!」って感じ笑 

既に病状は落ち着いてて、日常生活はなんとか送れるワケだし。

あとは地道なリハビリで機能回復を目指すだけなのでね。

 

退院が近付くにつれて、ちょっと不安になり始めた笑

でもあれだけ「早く退院して家に帰りたい!」って願ってた私なのに。

いざ退院するのが決まると、不安になってくるんですよね笑

 

医師から「あとは家に帰って、地道にリハビリをやるだけだよ」って言われると。

「病院では治せないから、自力で頑張って!」って言われてる気分だしね。

 

身体が完全に治ってないのに退院することに対して・・・

いっくん
「期待7:不安3」って感じでした!

ちなみに、親は「まだ退院するのは早いんじゃない?」って感じてたそうです。

 

ついに退院する日がやってきた!

ちょうど入院1カ月で退院する事に!

約30日間の入院生活を経て、私は退院する事になりました。

 

退院手続きは親がするので、私はされるがまま状態でしたけどね。

ちなみに、この時点でのコンディションは・・・

 

平衡感覚が狂ってるので、歩く時は松葉杖が必要でした。

 

首を動かすと「めまい」が起こるので、ムチウチ用のサポーターも首に巻いたままでしたね笑

 

そして退院当日には、担当医と看護師、リハビリスタッフにお礼を言って・・・

1カ月ぶりに家に帰りました!

 

家に着いてから、緊張の糸が切れた笑

ずっと家に帰るのを望んでいたのにもかかわらず。

自宅に帰ったことは、必ずしも良い方向には進みませんでした。

 

いざ家に帰ってみて、孤独に家のベッドで寝る生活がスタートすると。

いっくん
緊張の糸が切れるような感覚を味わいました。

入院中って常に色んな刺激があったんですよ。

色んな人と接したりして、毎日緊張感もあったし。

 

入院中はそれが「気疲れ」みたいにも感じてイヤだったけど・・・

結果としてはそういった刺激は必要でした笑

 

メンタルが不安定になっていった笑

簡単に言うと、精神的に不安定になっていきましたよ。

 

体調がよくなるかどうか凄く不安だったしね。

1日中あれこれ余計なことを考えて、悩み苦しんだりね笑

スポンサーリンク

いっくん
事故に遭った時に死んでおけば、こんな苦しい思いをしなくて済んだのに・・・!

こういうけっこーヤバめな負のイメージが頭を支配してきました笑

 

まだ学校にも通えない状況だったしね。

いや、別に通いたくもないんですよ笑 そのうち通い始めるのイメージするのもしんどいし。

 

「ヒマがあり過ぎる事で、メンタルは不安定になる」って事を痛感しました。

 

退院後も、リハビリには通っていた!

退院してから半年ぐらいは、月に2回ペースで病院に通ってリハビリを受けてましたよ。

 

つっても「ストレッチと歩行訓練」がメインなので・・・

今振り返ってみると、わざわざ病院に行くほどの内容じゃなかったです笑

 

時間の経過とともに、支えなしじゃまっすぐ歩けなかったモノが・・・

そのうち支えがなくても歩けるようになりました!

 

まあ身体が右側に傾くのは、その後2年間は治りませんでしたけどね笑

 

いっくんのまとめ

今回は急性硬膜外血腫・脳挫傷の手術後「20日目~」の話でした!

 

20日以降に退院が明確になってきて、ちょうど1カ月ぐらいで退院できました。

予想外だったのは、退院してからメンタルが不安定になったことですね笑

 

やっぱ人間ってある程度の緊張感はあった方がいいんでしょうね!

気持ちが色んな所に分散されて、細かいことを意識しなくて済むしね笑

 

あとは、自宅でのリハビリ生活で完治を目指しますよ!

「急性硬膜外血腫・脳挫傷」の手術から完治までの体験記【まとめ】

2017.04.25

スポンサーリンク