一年中「なまはげ」が観れるスポット?!なまはげ館に行ってきた【秋田県】

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

「日本全国一周」した私が観光地をレビューします。

今回は秋田県を旅行中に訪れた「なまはげ館」について。

この博物館では、実際に使われた「なまはげ」がたくさん飾られてます。

併設された建物では「なまはげの実演」などを観れますよ!

スポンサーリンク

「なまはげ館」ってどんなところ?!

「なまはげ」とは?!

秋田県の「なまはげ」って全国的に有名ですよね。

男鹿半島で発祥した民俗行事で、毎年「大晦日の晩」に行われてます!

なまはげは「神々の使者」と信じられてるんですって笑

彼らが年に1度すべての家庭を巡って、悪事を戒めて、厄災を祓うっていう・・・

良い事ばかりもたらしてくれる「来訪神」なんです。

騒ぎまくってるだけの風習かと思いきや、そうじゃないんです笑

なまはげの文化は、しっかり「国の重要無形民俗文化財」に指定されてますよ。

なまはげ館に行った感想とは?!

なまはげ館に向かいます!

「なまはげ館」には6月頃に行ってきましたよ!

私はこれまで「なまはげ」なんて、もちろん生で見たことはないですし・・・

小さい頃に絵本を呼んだことあるぐらいです!

前からどんなのか興味はあったので、男鹿半島に行った時についでに寄ってきました。

スポンサーリンク

博物館の中には大量のなまはげが!

ここには「色んな種類のなまはげ」が実際に飾られているミュージアムがあるのでね。

けっこー期待して行きました!

ミュージアムの中に入っていくと・・・

実際に使われた「110体のなまはげ」が飾られてました!

色んな顔つきで色もバリエーション豊富でしたよ。

かなり「コミカル」な感じの造りで、全然怖くなかったです笑

さらには「なまはげの一夜」っていうタイトルの「映画」までありました。

映画は30分おきに上映されるので・・・

これを観れば、なまはげの伝統について詳しくなれますよ!

まあ楽しくはなかったですが笑

なまはげの実演も観れちゃう?!

私がここで特に楽しみにしていたのは・・・

別館の「男鹿真山伝承館」で観れる、なまはげの「実演」です!

開催時間はキッチリ決まってるので、それに合わせて行ってみました。

「秋田の古民家」風な場所で行われましたよ。

実演の流れはこんな感じです!

なまはげの実演は、年配の男性が囲炉裏を囲んで話をしているところからスタートです!

しばらくたわいもない話をしていると・・・

外からドアを「ドンドンドンドン!ドンドンドンドン!」って叩く音がします。

この音がけっこー激しくて、周りで見ている子供や女性は「キャーキャー」騒ぎます笑

スポンサーリンク

そして2匹の鬼たちが家の中に入ってきます!

主人は入口でなまはげと軽く会話して、中へ案内して食事やお酒をふるまいます。

あとは、鬼たちの気分を満足させて帰ってもらう感じですね笑

ちょっと拍子抜けしちゃった笑

なまはげを家に入れるかどうかの「主導権」って、あくまでその家の主人にあるんです!

だから主人が許可してから、家の中に入るっていう礼儀正しいスタイルです笑

鬼が威勢よく部屋に入ってきた時に・・・

「お爺さんがどんなリアクションするか?」って私はすげー気になってたんですけど。

実際にはこんな感じでした。

なまはげ

「ヴォオオオオ―!怠け者はいねえがー!泣く子はいねえがー!!!」

お爺さん

「あーはいはい。いいから早くこちらへどうぞ」

って感じで「なまはげのテンション100に対して、お爺さんは0」でしたね笑

お爺さんのめっちゃ「冷静で丁寧な対応」に拍子抜けしちゃいましたね。

楽しかったのは「鬼の登場シーン」だけ笑

正直言って一番楽しかったのは、スタートして鬼が入ってくる瞬間だけです。

その後の「鬼と人間のやり取り」は盛り上がりどころはなかったです笑

行く前はもっとこう、全体的に迫力があるイメージだったのでね・・・

終わった時に感じたのは「なんか思ってたのと違う」でした笑

まあでも、貴重な経験ができましたよ!

観光時間としてはなまはげ館30分、なまはげ実演30分でみとけば良いと思います。

なまはげ館の情報まとめ!

<営業時間・入場料など>

<営業時間>

なまはげ館は開館時間 「8:30~17:00」で、年中無休です。

<入場料>

なまはげ館だけの入場料は「一般500円、小中高生250円」です。

なまはげの実演が観たいなら「男鹿真山伝承館との共通券」が必要です。

シーズンによって「開講時間と料金」が2パターンに分かれますよ!

開講期間:「4月~11月」

開講時間:「9:00・9:30・10:00・10:30・11:00・11:30・13:30・14:00・14:30・15:00・15:30・16:00・16:30」

料金:一般800円、小中高生500円

開講期間:「12月~3月の土日・祝日、12月31日」

開講時間:「9:30・10:30・11:30・13:30・14:30・15:30」

※1/1、1/2は「9:00・9:30・10:00・10:30・11:00・11:30・13:30・14:00・14:30・15:00・15:30・16:00」

料金:一般1000円、小中高生700円

<アクセス>

なまはげ館

住所は「男鹿市北浦真山字水喰沢」です。

なまはげ館まで行く方法は「車」だけです!

・「昭和男鹿半島IC」からは40分ぐらい。

・「JR男鹿線羽立駅」からは20分ぐらいです。

<近くのおすすめ宿>

男鹿半島は自然がキレイな場所なので、あちこち散策してると疲れます。

なまはげ館から4kmぐらいの、丘の上にあるホテルをおすすめしますよ。

日本海が眺められる露天風呂に入って夕日を眺めるのもいいですよ!

いっくんのまとめ

今回は秋田県の「なまはげ館」に行ってきた感想でした。

男鹿半島では、なまはげは大事な存在として扱われてるのがよく分かりました。

それにしてもなまはげは思ってたより平和的でした笑

秋田以外に住んでいる人は、生で見聞きする機会ってないのでね!

ここに寄った時にはぜひ実演も観るべきですよ。

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】