無宗教の私からみて、イスラム教徒の生活習慣は違和感がすごい!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

日本人って、日々の生活では宗教との繋がりは少ないですよね?

 

でも海外に行くと、宗教が日常生活に密接に絡んでてビックリします!

特に「イスラム圏」でそう感じました。

 

宗教に生活を影響されるのって、違和感だらけでしたよ!

 

スポンサーリンク

「宗教の慣習」に生活が縛られることへの違和感!

宗教に縛られない日本人!

宗教ってデリケートな内容ですよね。

一応最初に言っておくと、私は「無宗教」ですよ!

 

日本では宗教への信仰心が強い人ってあんまりいないですよね。

日本には「仏教」や「神道」がありますけど・・・生活を縛るほどの影響力はなさそうです。

 

たまにお寺や神社にお参りに行ったり、毎日お供えモノをするぐらいはしてもね。

日常生活に、これらの宗教が大きく影響してるとは言えません。

 

まあ特定の宗教では、生活にかなり影響を受けてるのもあるみたいですが・・・

 

海外では、宗教によって生活に大きな影響を受ける!

ここで海外に目を向けてみると・・・

けっこーユルい宗教もあれば、実生活に大きく影響を与えてる宗教もあります。

 

キリスト教は生活そのものへは大きな影響を感じませんでしたよ。

まあ、宗派や地域性にもよるとは思いますけどね。

 

信者の生活への影響がデカいと感じたのは「イスラム教」や「ヒンズー教」です。

 

特に「イスラム教」に関しては、今は中東だけの宗教じゃないですからね。

貧困寄りの人達の信仰心を獲得しやすいみたいで、世界各地で広がってます!

 

スポンサーリンク

イスラム教は生活への影響が凄い!

イスラム圏で感じた違和感とは!

私はかつてイスラム圏の国に行って、そこの慣習を目の当たりにしました。

 

誰もが一度は聞いた事があるでしょうけど・・・

イスラム教の人達って「1日に5回の礼拝」が定められてるんですよ。

 

最初はただただ、異文化の見慣れない光景に感動したんですけどね。

それはすぐに違和感へと変わりました笑

 

みなさんもちょっと頭の中でイメージしてみてください・・・!

いっくん
実生活の中で毎日「1日に5回の礼拝」って大変すぎるから!

宗教が生活に多大な影響を与える!

第3者として見たら、違和感があってしょうがなかったです笑

 

毎日決められた時間に礼拝があるので・・・

みんなはそれを意識して日常生活を送ることになるワケですよ!

 

イスラム教信者は「時間や空間」に常に縛り付けられているって思いましたね。

 

だから私はイスラム信者に聞いてみることにしました笑

いっくん
礼拝とか食事とか、大変じゃないの?

実際にイスラム信者に何人か話を聞いてみたら・・・

「けっこー大変だよ、でも僕らにとってこれは大事なことなんだ」って感じの返しでした笑

 

ルールに縛られて大変そうだった!

イスラム教徒から話を聞いている時に、私は心の中でこう思いました。

「大変ならやらなくていいじゃん!」

「他の作業を中断してまで礼拝しなくても・・・」

「心の中で祈ればいいんじゃないの?」

無宗教の私からすれば、こういった元も子もない意見がつい出ちゃいます笑

 

宗教上の慣習が、社会生活にかなりしわ寄せしてるなんて信じられないので。

 

私がイスラムの礼拝を見た時に感じたのは・・・

誰かが過去にそう決めてモノが「慣習」として定着してるだけだと思ったし。

いっくん
「自分達で作り上げたルール」で苦しんでるように思えました。

生活への影響も、本人がOKなら問題なし?

でもハッキリと感じられたのは・・・

イスラム教徒たちは「礼拝は必要なもの」だと認めてて、苦じゃなさそうでした。

 

「やりたくないけどやらなきゃダメ」って感じでは無くて。

ホントに「やるべきことをやってるだけ」でしたね。

 

客観的にみたら変なことでも・・・

「必要な行い」っていう認識があれば、文句なく生活できるんだと分かりました。

宗教の力は相当デカいって改めて気付かされましたよ。

 

いっくんのまとめ

今回は「宗教の生活への影響」についてお話ししました。

 

日本で暮らしてるだけでは、あまり考える機会のない宗教ですけど。

イスラム教みたいに宗教の教えが日常生活と密接なとこにだと、やっぱり違和感を感じてしまいました。

 

でも1つ言えるのは「本人達にとってそれが必要な行為なら、別に良いんだ」ってことでした笑

 

ちなみに、あるイスラム教徒から「イスラム教」について熱く語られました。