【採血で失敗された!】「採血のとり直し」は病院ではよくあること?

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は臨床検査技師として、病院で毎日80人位の採血をしてました。

採血の失敗って、どこの病院でも日常的にありますよ。

みなさんの中にも、かつて採血で失敗された人もいると思います!

「なんで失敗するんだよ!」って怒りたくなるでしょうけどね。

実はこれってスタッフのスキルだけの問題ではないんですよ!

スポンサーリンク

採血の失敗は珍しくない?!

出典:https://health-to-you.jp/syncope/kenketutyuunisissin2182/

採血の失敗はよくあること?!

私はかつて病院で採血業務を担当してました。

そこでは1日ずっと患者さんの採血をしてたんですけど・・・

スタッフが採血に失敗して、患者さんから怒られる光景をたくさん見ましたよ。

もちろん、私自身が失敗してめっちゃお叱りを受けたこともありますしね笑

でも正直に言うと、採血の失敗って全然珍しくないです。

どこの病院でも日常的に起こってるのでね。

めっちゃ採血がうまいベテランでも、失敗するケースはありますよ!

採血するのが困難な人って、一定数います!

採血に失敗したとして、単純にスタッフの腕がダメだとは言いきれません。

「採血するのが困難な腕を持つ患者さん」ってけっこー多いんですよ。

高齢な患者さんや、女性に多い傾向にあります!

スポンサーリンク

具体的には「血管が細い」「血管が硬くなってる」とかで・・・

針を刺しても血液が入って来ないんです。

採血困難な場合には、スタッフもあの手この手で血管を見やすくします!

「温タオルで暖める、手をグーパーさせる」みたいな感じでね。

どうやっても血管が見えにくいケースはある!

色々と工夫しても、血管が見えにくいケースはいくらでもあります。

そういう場合は採血しても失敗する可能性が高いんですよね!

ちなみに刺す前の時点で「ムリそうかも」って思った時は大抵失敗します!

これはスタッフの誰もが口を揃えて言ってますね・・・笑

ベテランのスタッフが頑張っても、採血が難しいケースはあるって覚えときましょう。

最終手段は「手の甲」から採る!

採血を受けるみなさんに覚えておいて欲しいのが。

肘の部分からの採血に失敗した時って・・・

もう一度採血するには、肘よりも採血しやすい場所を選びますよ。

それがどこかというと「手の甲の血管」なんです!

実際に見てもらうと分かるけど「手の甲」って血管が太いんですよね!

だから採血困難な方は、ここから採血するんですよ。

でもこれにはデメリットがあって、刺す時の痛みが強いんですよね。

でも肘の血管に再度挑戦して失敗するよりは・・・

患者さんの痛みを差し引いても、確実に採りたいんですよね!

申し訳ないけど、失敗は防げない!

ちなみに採血にはルールがあって。

同じ採血スタッフが、1人の患者さんの採血を2回連続で失敗した場合には・・・

スポンサーリンク

採血者を他の人と交代するっていうシステムが一般的です。

そんな中で、私はかつて「最高6回刺された患者さん」に出会ったことがあります。

80歳過ぎの車イスの女性でしたね。

この時は3人のベテラン採血者が立ち会ったのにも関わらず・・・

それでも5回は連続で失敗したんですよ!

血管が細くなり過ぎてて、静脈に針を刺しても血液がしっかり出てこなかったみたいです。

こんな感じで、採血が1発でとれずに失敗するのは十分あります

患者さんからしたら、たまったもんじゃないでしょうけどね!

スタッフ目線での「採血」について!

1011_1020

出典:http://iwaiwako.blog121.fc2.com/blog-entry-463.html

スタッフだって「絶対に失敗したくない」と思ってる!

採血をするスタッフってどこの病院にもいますよね?

「看護師や検査技師」が担当してますよ!

スタッフは採血するにあたって、1回でミスなく終わらせたいと思ってます!

少しでも採血の成功確率が上がるように、日々考えてますよ。

私も患者さんによっては・・・

採血前に腕を温めてみたり、針の太さを変えたりしてます!

スタッフは「血管の見やすさ」に注目してます!

まず採血する時の「スタッフの視点」についてお話ししますね!

前に採血の痛みを減らす方法でも詳しく説明しましたが。

採血をする時に、患者さんと向き合ったスタッフの興味は1つだけです!

目の前に来るのが誰でも、興味はその人の「血管」だけ笑

スタッフは無事に1発で採血することに全力を注いでいるのでね!

「この患者さんの血管は刺しやすいのか?」ってとこが一番気になるワケです。

できれば「両腕の血管」を確認したい!

みなさんに覚えといて欲しいのは・・・

血管の見えやすさって「左右の腕」で全然違うんですよね。

両方の腕を見て、比較検討して採血した方が成功率もアップします!

私が採血をする時も、両腕を見せてくれるように頼みますよ。

そうすれば「失敗のリスク」は大幅に減らせるのでね。

お互いにとってかなりプラスです!

いっくんのまとめ
今回は、採血の失敗についてお話ししました!

「痛い思い」をさせて、採血を嫌いにさせちゃうのはマジで申し訳ないですけど・・・!

スタッフも全力でやってるのでね、そこは許してください笑!

ただでさえ痛い採血なのに、針を刺し直されるのって最悪ですよね?

でもその背景には、こういった事情があるってことを知っておいてください!

【まとめ】検査技師が「採血を受ける患者さん」に知ってもらいたいこと!
出典: どうも!いっくんです! 私は臨床検査技師として、採血スタッフとして働いた経験があります。 こちらは「採血」についてのまとめ記事です! 採血をする時に患者さんから質問される事なども書いてますので...
スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】