車のエンジンがかからない?!JAFに「プラグかぶり」を直してもらった!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

つい最近、車のエンジンがかからなくなってJAFを呼びました笑

「エンジンがかからない=バッテリー上がり」かと思っていたら・・・

バッテリーが原因ではなかったんですよ!

「プラグかぶり」という現象で、初めて体験しましたよ!

スポンサーリンク

自宅の車庫でトラブル発生?!

エンジンがかからなくなった!

みなさんは車のエンジンがかからなくなったことってありますか?

私はつい最近、自宅の車庫でまさかのエンジントラブルを起こしました笑

その時は洗車のために、車庫からほんの少し前に車を移動させたんですよ。

しばらくして洗車が終わったので・・・

車を元の位置に戻そうと思ったら、エンジンがかからなかったんです!

バッテリーが原因だと思い込んでた!

私はその瞬間に「うわーバッテリー上がっちゃった」って思いました笑

エンジンがかからない時の原因って、ほとんどはバッテリーなのでね。

でもその時は、それとはまったく別の理由でした!

バッテリーは3カ月前に交換したばかりだったし。

実際にライトとかもついてなかったから、変だなとは思ったんですけど・・・

それでも私は「バッテリーだな」って決めつけてました笑

スポンサーリンク

そっこーでJAFを呼んだ笑

私は「JAF」を呼ぶことにしました!

JAFは全国的に有名な、自動車トラブルのためのサービスですね。

かつて道路の側溝にハマった時にも使ったこともあったので・・・

JAFの流れは分かってるので、迷わず電話しました笑

状況を説明する時には自信満々で・・・

「自宅の車庫でバッテリーが上がっちゃいました」って伝えました笑

スタッフから「40分ぐらいで到着できます」って言われたけど、実際はもっと早くに着きましたよ!

原因はまさかの「スパークプラグ」?!

バッテリーが原因じゃなかった?!

到着したJAFのスタッフは、頼もしい感じのおっちゃんでした。

家の前にトラックを止めて、車庫の中で作業してもらいましたよ!

スタッフは「じゃあ早速バッテリーの電圧を調べてみますねー」って作業に入ります。

そしてスタッフからまさかの一言が・・・

「あ、バッテリーは大丈夫そうですね!」

原因は「スパークプラグの濡れ」?!

ちょっと意外な答えにびっくりしていると・・・

「もしかして、少しだけ車を移動させたりしました?」って聞かれました。

そこで洗車のためにほんのちょっとだけ移動させたことを伝えると・・・

「あー、それですね!たぶん中のプラグがかぶってる(濡れてる)んだと思います!」

って言われました。

どうやら車をちょっとだけ動かして、すぐエンジンを切ったのがダメだったみたい!

スポンサーリンク

エンジンが始動する仕組みとは・・・

通常なら車ってエンジンをかけた時に・・・

「スパークプラグ」が火花を飛ばして、霧状にしたガソリンに引火して動いてるんです。

プラグの発火部分が何かの原因で濡れると、火花が散らなくなるワケです。

だからエンジンをかけても始動しなかったんですね!

これが「プラグかぶり」って呼ばれる現象なんですって。

JAFのスタッフいわく、自動車トラブルの原因としてはけっこー多いらしいです笑

プラグかぶりの一番の原因は?

プラグかぶりが起こる一番の原因は・・・

短時間でエンジンを止めることだそうです!

私みたいに車を「1mだけ」移動するためにエンジンをかけて、すぐに止めた場合がそれです。

こうするとプラグが燃料で濡れたままになって、点火しにくくなるんですって!

ちなみに運転する時って、普通はしばらくエンジンをかけたままにするのでね・・・

プラグに付着した混合気も、その間に気化するから問題ないんですよ。

でもそっこーでエンジンを切る場合は、「プラグかぶり」が起こる可能性があるんです!

プラグを取り出して、水分を拭き取ってもらった!

今回は、プラグがかぶってたからエンジンが始動しなかったワケです。

検討がついたので、あとはプラグが本当に濡れてるか取り出してみることになりました!

スタッフは4本あったプラグをすべて引っ張り出しましたよ。

その様子を後ろから眺めてたんですけど、さすがは専門のスタッフ。

迷いなくテキパキと作業は進んでいきました!

そして湿りを確認したところ・・・

プラグはけっこー湿ってたみたいで、先端部分を布で拭き取っていきました。

なんとかエンジンがかかった!

それからエンジンをかけてみたけど、まだエンジンはかかりませんでした!

スタッフは「普通はこれでかかるはずなんですけど・・・けっこーしつこいですね」

って言ってました笑

スタッフは何度もしつこく挑戦しました笑

「きゅるる・・!きゅるるるる・・・!」って感じでね。

「ダメそうかな?」って思い始めた頃に、なんとかエンジンがかかりました!

いやー、マジで安心しましたよ!

ちなみにしつこくエンジンをかけようとしたのにも意味があるそうで・・・

そうすることで「気化を促してた」そうです。

「わずかな距離&短時間」の車の移動は危険!

今回は「スパークプラグのかぶり」が原因でした。

いつでも起こり得るものだけど、特に「冬場」に増えるらしいですよ!

プラグがかぶらないための対策としては・・・

少しだけ車を動かした後は、エンジンをしばらくかけ続けてエンジン音が馴染んだらストップすればいいみたいです!

これまで知らなかったのでいい勉強になりました笑

あんま意識せずに車に乗ってる方は気を付けてくださいね!

ちなみに「バッテリー上がり」との見分け方は・・・

「セルモーターが回る音はするのに、エンジンがかからない」ところです。

いっくんのまとめ

今回は、エンジンがかからなくなってJAFを呼んだ話を書いてみました。

てっきりバッテリーが原因かと思っていたら、まさかの「プラグかぶり」だっていうね。

でもスタッフは相変わらずスピーディーに作業してくれましたよ。

あ、ちなみに私は「JAF会員」になってるので、作業費はもちろんタダでした。

みなさんも車をちょびっとだけ移動する時は注意しましょう!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】