家の側溝に蓋をしたい!「グレーチング(金属製のフタ)」をセットしてみたよ!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

どの家の外にも「側溝」はあると思いますけど。

うちの場合は、ここがずっとオープン状態で気になってました!

私は側溝のスペースに「バイクやチャリ」が置きたかったので。

「グレーチング」という金属製のフタを設置してみましたよ!

スポンサーリンク

家の側溝が空いていて気になっていた!

側溝がオープン状態だった笑

これまで家の外にある側溝は、フルオープン状態でした笑

まあそれでも不便は無かったんですけどね。

バイクを購入するにあたって、ふと側溝に目がいったんですよ!

駐車場の中より、側溝のスペースにバイクが置けたら便利だなってね!

バイクはサクッと乗り降りしたいので、側溝スペースを有効活用することにしました。

側溝のスペースに「バイク」を置きたい!

いい方法を探すために検討してると・・・

近所では側溝の上に蓋をして、そこにバイクやチャリを止めてることに気付きました。

蓋は「コンクリ」や「金属」が使われてましたけど。

使い勝手が良さそうだったのは、金属でできた「金あみ状の蓋」でした!

でも最初はその名前が分からなかったので・・・笑

ネットで調べて「グレーチング」っていう商品だと分かりました。

私はグレーチングを側溝に並べて、その上にバイクを置くことに決めました!

スポンサーリンク

グレーチングを設置してみた!

「グレーチング」ってどういうもの?!

「グレーチング」って言われてもあまりイメージ湧かないですよね?

これは金属でできた側溝の蓋のことですよ!

鋼材が格子状に組まれているのでね。

側溝に完全に蓋ができるので「人や物」の落下を防げます

ちなみに「歩道用」と「車道用」で商品が分かれてますよ。

グレーチングは素材に「鉄やステンレス、アルミニウム、FRP製など」があるのでね!

それぞれ支える強度が変わるので・・・

かかる荷重によって、グレーチングの種類も意識しましょう!

人だけが歩く場所なら「歩道用」の商品にして。

自動車やトラックが通過する場所には「車道用」の商品を使いましょう!

側溝のサイズを調べてみた!

ちなみに側溝の形状もパターンがあるので、しっかり調べておきましょうね。

上の画像はうちの側溝ですけど・・・

これはU字溝(側溝にひっかけるようにするやつ)のグレーチングがハマるタイプです!

色んなサイズのグレーチングが売られてるので、側溝のサイズは間違えない様に!

メジャーを使って、まずは側溝の内側の幅(溝幅)を調べていきます。

うちの側溝は「溝幅が24cm」だと分かりました。

「購入すべきグレーチングのサイズ」はどうなるかというと・・・

「うち幅」が側溝の溝幅の1cm小さく表記された商品を買えばOKです!

スポンサーリンク

なので私は「うち幅23cm」と書かれてる、歩道用のU字型グレーチングを買いました。

実際の取り付けは3分で終了!

U字溝タイプのグレーチングは、上から溝にハメるだけなのでめっちゃ簡単です。

取り付けは一瞬で終わりますよ!

セットする時には、指をケガしない様に軍手をしましょうね。

万が一にも挟まるかもしれないし笑

ちなみにグレーチング1個当たりの長さは、約100cmでした。

それを必要な長さだけ購入すればいいってワケです!

側溝にグレーチングを設置したことで・・・

側溝のスペースも無駄なく、チャリやバイクが置けるようになりました!

125㏄のバイクもちゃんと安定して載るので使用感は良好です。

ただ家の前の通りは公共のスペースなので、はみ出ない様にだけ気を付けましょうね!

いっくんのまとめ

今回は、家の側溝にフタをしたって話でした。

側溝は開いたままでも別に支障はないんですけどね。

スペースを有効に使おうと思ったら、グレーチングを引くのをおすすめします!

たぶんみなさんの近所にも、そこにチャリとか乗っけてる人はいると思います。

ネットで注文して、届いたら側溝にハメるだけなので簡単ですよ!

興味が湧いたら試してみて下さい!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】