【東京地裁】初めて「裁判の傍聴」をしたらシステムにビックリした!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

みなさんは「裁判の傍聴」って行ったことありますか?

テレビとかでたまに話題になりますよね!

興味本位で行くのは賛否両論ありそうですが・・・

わたしは将来「もしもの事」があった時のために行ってきましたよ!

スポンサーリンク

裁判の傍聴について!

裁判の傍聴は自由に見れる?

「法廷でのやりとり」って、映画やドラマではよく見ますよね?

例えば刑事事件なら・・・

「被告人、裁判官、検察官、弁護士」が揃った上で、裁判がスタートします!

なんとなくイメージできても、実際どうやって進行するか分からないですよね?

日本の裁判は一般公開されてるので。

「裁判の傍聴」というシステムを利用すれば、裁判の様子は見学できます!

公開の法廷で行われる裁判は、誰でも見れちゃうんです。

思ってるより敷居は低い?

実際に傍聴してきてビックリしたんですけど・・・

思った以上に敷居は低かったですよ!

事前の申し込みとか一切ありませんし、当日に「免許の確認」をされることさえありません!

傍聴に必要なのは、受付での簡単な「セキュリティーチェック」だけですからね。

ちなみに裁判は平日しかやってなくて、時間は「10時〜12時、13時〜17時」までです。

スポンサーリンク

だから傍聴を希望する方は平日に裁判所に行って・・・

観たい裁判の開始時間に傍聴席に座ってればOKです。

こんな簡単なものだもは思いませんでした・・・笑

傍聴初めての人は、ここを意識して!

・「新件」の裁判を狙う!

新件は、これから新しく行なわれる裁判のことですよ。

しょっぱななので、起訴状などをしっかり説明してくれてかなり分かり易いです。

これが新件ではなくて「審判」だったりすると・・・

2回目以降の話し合いなのでね、前回の内容が分かってる前提で話が進みます。

さらに「判決」にいたっては、文字通り裁判官が最終判断をくだすだけなので・・・

流れを知らないのにそれだけ見ても意味がないです笑

初心者は「新件」を見るのがおすすめですよ!

・「地方裁判所」の案件を見るべき!

東京都の場合で話しを進めますけど・・・

入口にある開廷表には、高等裁判所(高裁)と地方裁判所(地裁)の2つが載ってます。

初心者は「地裁」を傍聴した方がいいです。

なぜかというと、高裁は「地裁で行なわれた判決を不服として控訴した案件」だからです。

流れを知ってない人が高裁から傍聴しても話についていけません笑

・「刑事事件」が分かりやすい!

ちなみに、地裁には「民事裁判」と「刑事裁判」の2つがありますよ。

ここでは刑事裁判の方が内容が分かり易いです。

民事裁判って当人どうしの争いなのでね。

内容も「慰謝料請求や損害賠償など」が多くなってきます。

スポンサーリンク

内容も書面のやり取りが多くなってくるので、そうなると理解しにくくなります。

刑事裁判は、検察官(国側の人間)と被告人のやり合いです!

状況を細かく説明した上で、やり取りが進んでいくのでね。

つまり誰が聞いても分かり易いってことですよ!

また「裁判員裁判」だとなおいいです。

裁判員は一般人から集められてるので、法律家たちが簡単な言葉で説明してくれます!

裁判傍聴、当日の流れについて!

霞が関に到着したら、A1出口を目指します!

東京地方裁判所があるのは霞ヶ関です。

駅のA1出口から出れば、裁判所のすぐ目の前に行けますよ!

ちなみに私が行った時には、A1出口に向かう途中に見覚えのある人がいました・・・

TVにも出演している「阿蘇山大噴火」さんです笑

頻繁に裁判傍聴をしてる有名なタレントさんですね!

金髪ロン毛で、ひらひらしたカラフルなシャツを着てて目立ちまくってました笑

霞が関なんていったら、平日の日中は男性はスーツの人ばかりですからね!

裁判所の中に入って、セキュリティーチェック!

A1出口を出て右側にあるビルが東京地方裁判所です!

裁判所の前には門があって、けっこー人の出入りが多いビルなので分かり易いですね。

入口は「一般」と「社員用」で分かれてます。

一般から入るとセキュリティーチェックが待ってます!

そこでは空港などにある「金属探知機」があるのでね。

手荷物やポケットの中の金属はすべてカゴに出して、手荷物検査をします。

ゲートをくぐった後は、まったく誰からも干渉されませんでした。

裁判の内容は当日チェック!

裁判所の中に入れたとして・・・

当日に「どんな事件が、どの法廷で、何時から始るのか」知りたいのでね。

東京高等裁判所では・・・

入口を入って受付横に、裁判の開廷表(その日の事件の一覧表)があるので見ていきます。

開廷表は事前に知れたらいいんですけど、それはできません!

「傍聴券」が必要なもの以外は、どんな裁判があるか当日になるまで何もわからないんです。

開廷表は昔はファイルタイプだったそうですけど・・・

今では「タッチパネル」の画面がブースに8つぐらい用意されてるのでね。

そこで自分が興味のあるもの裁判を見つけて、メモをしていきます!

傍聴する時は「段取り」がめっちゃ大事!

私は当日朝9時30分頃には裁判所に着くようにいきましたよ!

そして受付にある開廷表に目を通しました。

傍聴できる裁判の中から「地裁・刑事・新件」を探す事にしました。

いくつかある裁判を、時間がかぶらないように予定を組んでいきます!

傍聴したい裁判の部屋まで行って、「傍聴人入口」から入って傍聴席に座ります!

時間になると被告人や裁判官が集まってスタートしました。

「あ・・・思ってたのと違う!」ってなった時は、静かに途中退席もしましたよ!

ちなみに傍聴人入口のドアには、中の様子を覗ける小窓があるので・・・

裁判の途中から入る時には、そこから中をのぞいてました笑

人気のある裁判は「傍聴券」が必要な場合も!

傍聴の希望者が多い時には・・・

「傍聴券」というのが交付される場合もありますよ!

希望者が多い場合は傍聴券が必要なので、集合時間までに指定された場所に行きましょう。

私が行った日には、抽選になる事案が1件だけありました!

地裁で「原発に関連した案件」でしたね。

10時30に抽選開始で、希望者はいったん建物の外に集まりました。

外に出てからは列に並ばされて、番号の書かれた紙を配られました。

その時点でパッと見かなりの人が集まってましたよ!

抽選はコンピュータで公正に行われるそうでしたが・・・

結局この日は会場に収まるぐらいの人数だけだったらしく。

抽選は中止になって全員入れてもらえました笑

まさかこういうパターンがあるとはね!

抽選結果のドキドキ感は一気に消え失せました笑

この案件は大部屋でやるので、1階にある法廷で傍聴しましたよ!

傍聴には学生さんもたくさんきてた!

傍聴には学生や一般人など、色んな人が来てましたね。

興味本位で来てそうな大人もいましたし・・・

学校の課題で傍聴に来ている人もいました!

レポートで「裁判傍聴についての感想を書け」的なのがチラッと見えたし笑

おそらくは法学部の学生さんでしょうね。

ちなみに私が行った日でも地裁の刑事事件は数十件、民事は100件以上あったのでね。

初めて傍聴に来た方は、その中から選ぶだけでもけっこー悩ましいハズ!

イメージしてるよりも、スムーズに回れないと思います笑

ポイントとしては・・・

どういった内容の案件を傍聴するのか、事前に大枠を固めておくといですよ!

興味の対象が固まっていれば、当日に焦ることはないはずです笑

いっくんのまとめ

今回は、初めて裁判の傍聴をしてきた話でした。

私は将来何かあった時のためにと思って傍聴に行きましたけど・・・

「いつ、どこで、どんな事件」に巻き込まれるかも分かりませんからね!

車の運転とかで突然「加害者」になる可能性は十分あるし。

長い人生「絶対に裁判には関わらない!」ってのは言いきれません。

だから何事も起きてないうちに、裁判を一度身近に体感するのは勉強になると思います。

まあ胸糞悪い内容の案件もありましたけどね・・・(別記事で書きます)

傍聴に行けばリアルな法廷を感じられるので、興味があれば一度行くと良いですよ!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】