「ビジネス英語の添削」をして欲しい時は「Mainichi Tensaku」で!【PR】

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私はあまり英語が得意じゃありません笑

でも年に数回、海外の人とメールでやりとりすることはあります!

そんな時「自分の英文はホントに正しいのか・・・?」って不安になるんですよね笑

今回はオンラインでの「英語の添削サービス」をご紹介します!

スポンサーリンク

英文添削サービスとは?

自分の英文に自信がない笑

今回は「Mainichi Tensaku」様のレビュー記事です!

私は年に数回、海外の人とメールでやりとりすることがあります!

でも日本に住んでるほとんどの人は、英語を使う機会が少ないのでね。

そんな中で英文を書くってなると・・・

自分の英文が正しいのか気になって仕方ないんですよね笑

Googleとかの「無料翻訳サイト」を使って、自分なりに確認はするけど。

それじゃ不安は拭い去れないし、いつも葛藤していました!

みなさんも似たような経験をしたことがある方はいると思います笑

「英文の添削」をしてくれるサービスがある!

相手が知人・友人なら、適当な英文でもOKだろうけど。

ビジネスだったら、そんなレベルの文章を送ったらホントにやばいですよね!

日本人同士のやりとりでもそうですけど・・・

スポンサーリンク

「ちょっとあの人の日本語変じゃない?」って思われると、一気に信頼がた落ちします笑

ビジネスパーソンであれば、それを海外とのやりとりで引き起こすのは避けたいですね。

英文のミスでチャンスを失うのはバカみたい・・・

不安を取るには、英語がネイティブの人に添削してもらうのが一番です!

英文添削サービスの「Mainichi Tensaku」とは?

2011年からサービスを展開している「Mainichi Tensaku」という英文添削があります!

Mainichi Tensakuでは、英語メールから英語小説までの添削してくれますよ。

オンラインなので年中いつでも頼めます!

例えば・・・

・ 英語での「ビジネスメール」「スピーチ原稿」「履歴書」を添削してほしい

・ 英語の論文を、知識の豊富なアメリカ人やイギリス人にチェックしてほしい

などなど。

こういったカッチリとした英語が必要な場面で、添削サービスは効果を発揮します。

こちらから送った英文を、よりスマートな英文に直してくれるワケです!

気になる料金は?

やっぱり一番気になるのは料金ですよね笑

「英文の添削」って多くの人は受けたことがないはずなので・・・

未知の領域だと思います。

「利用料金:(税込み)」

・1から100単語まで → 一律 1500円
(101単語以降は、1単語につき10円が加算される)
・200単語 なら 2500円
・300単語 なら 3500円
・400単語 なら 4500円
・500単語 なら 5500円
・1000単語 なら 10500円

1000単語以内の英文であれば、24時間以内に納品してくれるみたいです!

納期もお願いすれば、ある程度は融通してくれると思いますよ。

スポンサーリンク

見積りは無料なので、気になった方は連絡をすればOKです!

「英文の内容と単語数」を確認して、料金と納期を知らせてくれるのでね。

それでOKなら依頼をして、ビミョーなら遠慮すればいいだけです!

Mainichi Tensaku

いっくんのまとめ

今回は、英語の添削サービスについてお話ししました!

自分の英語力に不安な時って、無料サイトでなんとか対応しようとは思うけど・・・

それだとやっぱり限界があるんですよね笑

外人との普段付き合いでは、中途半端な英文でもOKですけど。

仕事なら費用はかかっても、ネイティブの方に添削してもらうのがおすすめですよ!

気になる方は、Mainichi Tensakuを使ってみて下さい。

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】