誰も助けてくれないし守ってもくれない。人に期待しない方がいいよ!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

人が生きている限りは悩みは絶対につきものですよね。

どうにか苦痛から逃れようと思って、誰かに助けを求める人も多いと思います。

 

でもね、基本は誰も助けてくれないと思った方が良いですよ笑

今回はそんな話です!

 

スポンサーリンク

落ち込んでも誰も助けてくれない?!

誰だって常に悩んでる!

よく聞くセリフですけど「悩みのない人間はいない」んですよね笑

 

そして悩みの大半は人間関係だって言われてますけど・・・

ホントにその通りだと思います笑

 

先人が言うことにはほぼ間違いはないですね。

それ以外にも悩みの種としては・・・

「病気での心身の不調」「経済的な問題」「社会的な情勢」などもあるでしょうけどね。

 

生きている間ってホントに悩みは尽きません!

 

人に助けを求めたい気持ちはわかる!

人って基本的にみんなメンタル弱いですからね。

すぐに落ち込むし、ちょっとしたことでも悩むし・・・

 

メンタルのキャパは人それぞれ違うとしても。

最終的には心の中が悩みで満たされて苦しみますよね。

 

自分の中の勝手な思い込みですら、いくらでも悩めるのが人間です笑

 

そして解決できない時には・・・

「人に話を聞いて欲しい!」「助けて欲しい!」って思っちゃうんですよね。

 

周りに期待するのはおすすめしない

生活する上で、悩みを感じて苦しむのはみんな経験してます。

そして周りにそれをぶちまけたとして・・・

 

相談を受けた周りの人は、タイミングが合えば答えを出してくれるかもしれない。

でもそれは悩みの程度や、相手のコンディションに左右されます。

 

偽善的かつ独善的な人は、困っている人の力になろうするでしょうけど・・・

基本的には他人にはあんまり期待しない方がいいと私は思います。

 

なぜならみんな余裕がないから笑

落ち込んでツラい時があったとして、あなたはそれを解消するために誰かにも期待をするかもしれない。

 

でも期待とは裏腹に、誰も助けてくれなくてツラい経験をした人もいると思います。

ダイレクトに拒絶されることはないにしても・・・

 

日本人特有のやんわりとした断り文句とかで、逃げられるんですよね笑

 

期待していたよりも周りの人が冷たかったり、相手にしてくれなかったとして・・・

人間不信になりそうですけど、これは凄く単純な話ですよ。

いっくん
みんなも自分のことでいっぱいいっぱいなんです笑

自分が抱える悩みに集中してるので、他人の悩みなんかに気を遣ってられないんです。

だから人に期待するのはマジでやめた方が良いです。

 

「自分が一番」だと考えるのが人間

突き詰めて考えるとそういう残念な結論になっちゃうんだけど。

やっぱり人間は自分が一番なんですよ!

 

本能MAXの人間らしさを「汚い思考」と感じるかは人それぞれでしょうけど。

ちなみに私なんかは、それが「人間が生まれ持つ醜さ」だと解釈してるので笑

 

自分主体でいけば、自分に余力がよっぽどなければ他人にかまってられません!

理屈で考えたら当然のことかもしれませんね。

 

私は偽善的なので、本能に逆行するような言動をとっていきたいとは思いますけど笑

 

自分のことは自分で処理するのがベスト。

できることなら・・・

自分のことは自分で対処できるような精神性を持つのがベストです!

というか、最初っから誰かをメンタルの頼りにしない習慣をつけるべきかな。

 

そう頭では思っていても、自分1人じゃどうにも対処できない悩みが来ることはあります。

 

でも人って常に余裕がないのでね。

助けを求めたくてもいざという時にあてにはなりません

 

それを分かった上で親しい友人などに相談するのはOKですけど。

相手をしっかり選ばないと、余計なダメージを負いますよ笑

 

いっくんのまとめ

今回は、落ち込んだ方へのある視点についてでした。

 

自分が落ち込んだとしても、誰かが助けてくれるとは思わない方がいいですよ。

期待するだけダメージがデカいのでね。

 

人には期待しないのが一番!

だって自分も普段忙しい時とか、周囲の人に気が回ってないんですから笑

残念ながらそれがごく自然なことでもあるんですよ。

 

とはいいつつも・・・

偽善的だけど、わたしの周りの誰かが困ってたら助けたいとは思ってますよ!