海外旅行中に起こる「盗難や詐欺」私が意識するトラブル対策とは?

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

海外旅行へ行く予定の方へ!

現地ではトラブルに遭遇するのがホントに怖いですよね?

 

私も慣れないうちはビクビク過ごしてました笑

旅行を重ねた今、トラブル対策として意識してるポイントを簡単にまとめてみますね!

 

スポンサーリンク

盗難対策のポイント!

声をかけてくる人にはマジで注意!

まず第一に海外は危険だらけだと思ってくださいね。

現地にいる間、向こうから声をかけてくる人には要注意ですよ!

 

海外に行くと必ず色んな人が声をかけてきます。

日本人的な礼節ある対応をしたら、カモにされて金や物を奪われますよ笑

 

親切そうに近づいてくる人は詐欺師だと思った方がいいぐらい!

声かけをスルーするのって最初は抵抗ありますけど・・・何度か経験するうちに慣れます。

 

でも何らかの理由で、少しの間行動を共にするケースもあります・・・

そういう時は、相手の顔をさり気なく写メに撮っておくと良いですよ!

 

海外滞在中、安心な場所はどこにもない?!

日本だと空港やホテル、飲食店などなど。

どこにいても危険を感じた事なんてまずないですよね?

 

日々安心して過ごしてる私たち日本人が海外に行くワケですけど。

海外では安心なところは存在しないと思った方がいいですよ!

 

空港やホテルみたいに比較的安心そうな場所であっても・・・

ちょっと油断するとすぐに盗難に遭います。

 

「安心なとこはどこにもない」って意識でいた方がいいですよ!

 

ホテルは初日だけは必ず予約して!設備もちゃんと確認!

旅行するときは、1日目に泊まる宿だけは最低限予約しといた方が良いですよ!

 

空港に着いてからホテルを探す感じだと・・・

たくさんの荷物を持ってあっちこっちに行かなきゃいけなくなるのでね笑

 

スムーズに過ごすためには「初日に泊まるホテルの場所と行き方」は把握しとくべきです!

 

もし現地で宿泊先を選ぶ場合には、ホテルに直接行って空き状況の確認をしましょう。

そこで料金も聞いてから、必ず先に部屋を見学させてもらいます!

 

そこで設備のチェックをしていきましょう!

「電気が付くか」「ドア・ロッカー・窓の鍵は閉まるか」「シャワーやトイレの水は出るか」「シーツ・マット・部屋は汚れ過ぎてないか」「Wi-Fiは使えるか」

って感じでね!

 

チェックインした後に気付いてキャンセルすると、スタッフともめかねないので・・・

ちゃんとチェックして平気そうだったらお金を払いましょうね!

 

盗難対策は徹底的に!

まずは貴重品管理について。

旅行中は肌身離さず、常に持ち歩きましょうね!

 

私は現地では、お風呂に行く時でも貴重品は手の届く範囲に持っていくし。

夜寝る時には腰にセキュリティーベルトを巻いたまま寝るようにしてます!

 

もう見た目とかどうでもいいんですよ笑

盗まれたら旅行の計画もすべて台無しですからね!

 

そして道を歩くときのスリ対策としては・・・

人が多いところでは鞄やリュックは前に背負いましょう!

 

あと海外では歩きスマホしてると後ろから盗まれやすいんですけど。

マップの確認とかでどうしても使わなきゃいけない場面はたくさんあります!

 

私は盗難対策としてズボンとスマホを「ウォレットチェーン」で固定してました!

これで狙われるリスクはかなり下がるので。

 

犯罪に巻き込まれた時を想定して!

私は海外に行く時には、犯罪や事故に巻き込まれることも想定してます笑

 

だから「自分の身元情報や、過去の手術歴、家族の連絡先」とかを英語で書いたメモを持って行きますよ!

 

それをセキュリティポーチに入れておけば・・・

もし現地で事故や病気になった時にも、必要な本人情報が他の人にも伝えられるし。

日本にいる家族とスムーズに連絡が取れますからね!

 

それとお金は分散して持っておくのをおすすめしますよ!

いくら気をつけても、財布は盗まれる可能性はありますからね。

 

その時のために、100ドル紙幣を財布以外にも分散しておくといいですよ!

外人はよく靴底や上着の内側に忍ばせてますね笑

 

スポンサーリンク

移動で注意すべき事!

タクシーは誰もが一度はぼったくられる!

海外ではタクシーなどの乗り物は信用性がかなり低いです。

公共性の高いバスですら、平然とボッタくろうとしてきますしね!

 

詐欺対策としては、まず口頭で金額を決めないって事!

必ずメモに金額を書いて、それを互いに確認してから出発するのが超大事

 

そこまで念入りにやっても、平気で嘘ついてくるような相手ですからね笑

抑止力的な意味では、車内に貼ってあるナンバーを控えるのも効果的ですよ。

 

現地人としては「クソ、こいつ厄介な外人だな!」って感じで、なめられなくなります!

 

あと、東南アジアのトゥクトゥクみたいにオープンな乗り物の場合は・・・

横から荷物を盗まれるリスクがあるから、手から話さずにしっかり持ってましょうね!

 

長距離バスは手荷物に注意すべき!

現地では中・長距離バスを使う機会もあると思います。

そういったバスでも盗難が多発してますからね!

 

特に乗車時間が長くなりがちな夜行バスとかね。

乗車時に疑うこともなく、スタッフにバッグを渡してトランクルームに入れてたら・・・

 

トランクに潜んでた人に鍵を開けられて、高価な物を盗まれてたとかね笑

もちろん車内に持ち込む手荷物だって、鍵をかけてても中身だけ盗まれるケースがあります。

 

南京錠とかでロックしますけど、あれって技術があれば簡単に開くんですよ笑

嘘だと思う方は、YouTubeとかでも動画があるので検索してみてください!

 

とにかくバスに乗り込むときは、貴重品だけは肌身離さず持ってましょうね。

 

スマホを盗まれた時を想定しておく!

スマホなどの貴重品を盗まれた時の対策と、その流れをイメージしておくのも大事ですよ。

 

まず最初にすべきことは・・・

自分が利用する「海外旅行保険会社」への電話です!

 

私みたいに「クレジットカード付帯の海外旅行保険」を使う人は、そこの保険窓口に電話することになりますよ!

 

盗まれた時って絶対パニックになりますけど・・・

日本語が話せるスタッフと電話でやりとりするからクールダウンできます。

 

ちゃんと段取りも教えてくれるので、あとはそれに従って動くだけです!

 

そして次にすべきなのは、現地の警察に行って・・・

「紛失・盗難届出証明書(ポリスレポート)」を発行してもらうことですよ。

 

「いつ」「どこで」「どうやって」盗られたかを英語で説明するのが面倒だけど。

現地警察からサイン入りの書類を受け取れればノルマ達成です!

 

あとは保険会社が補償の手続きを始めてくれますよ!

 

iPhoneユーザーが事前に設定すべき事がある?!

iPhoneは世界中で人気だし、転売したときの価格も高いので盗難が多いです。

 

iPhoneの盗難対策として事前に設定すべき事がありますよ!

「iPhoneを探す」機能をONにしておけば、無くした端末の現在位置が分かるんです。

 

パソコンなどの端末からiCloudにログインすれば、地図上にiPhoneの位置が表示されます。

 

それでも見つからなかった場合には・・・

もう諦めて通信回線の休止手続きを行ないましょう!

 

携帯紛失したソフトバンクやauユーザーは、日本で「157」に電話をすることになりますが。

海外から停止の手続きをしたい場合は「+81-92-687-0025」にかければOKですよ!

 

もしパスポートが盗まれたら・・・?!

最も厄介なのが、パスポートが無くなったときですね!

 

悪用されたりしても最悪なのでね。

すぐ現地の「日本大使館や領事館」に行って、パスポートの再発行手続きをします!

 

ちなみに大使館って土日祝日が休みで、平日しかパスポートの再発行はできません笑

 

そこではやるべき手続きは・・・

「旅券の失効手続き」「新規旅券の発給」または「帰国のための渡航書の発給」です!

 

これらを申請するには必要書類がありますよ。

大使館でもらう「紛失一般旅券等届出書」「一般旅券発給申請書または渡航書発給申請書」

現地の警察でもらう「紛失・盗難届出証明書」って感じです。

 

実はこれ以外にも適宜必要なものがあるんですよ・・・!

「証明写真(縦45mm×横35mm)」

「戸籍謄本または抄本(身分の証明できるもの)」

「航空券のチケットor予約表のコピー」

再発行する時は、パスポートの顔写真ページのコピーがあるとスムーズに進むんです。

 

現地で規格にあった証明写真を手に入れるのもちょっと面倒だし・・・

こういったものは最初から日本で準備して行くのがベストですよ!

 

私はセキュリティーポーチに証明写真やパスポートのコピーを入れておきましたよ。

 

いっくんのまとめ

今回は、海外旅行のトラブル対策についてでした。

 

海外旅行中は危険は常に身近にあると思っていた方がいいですよ!

何を信じればいいか分かんなくなると思いますが・・・何も信じないのが正解です笑

 

トラブル対策をキッチリやるほど、おしゃれな旅行スタイルからは遠ざかりますけど。

それで安全に過ごせるなら絶対その方がいいですよ!