海外旅行中に健康でいるために気を付けてる事まとめ!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

海外旅行へ行く予定の方へ!

旅行中に怖いのが体調を崩すことですよね?

私は病院で働いているので、ムダに知識がある分なおさら怖いです笑

今回は、私が海外で健康のために意識してることをまとめました!

スポンサーリンク

旅行中のスタイルについて!

旅行中は食中毒だけは避けたい!

海外旅行中は、食事の管理はかなり重要です。

食中毒になんてなったら、トイレから離れられなくなりますからね!

私は旅行の計画が崩れるのが本気でイヤなので、食中毒だけは避けたいと思ってます。

そんなにおいしくもない現地のご飯を食べて・・・

お腹を下して観光もできず、旅行費用もムダになるとか愚の骨頂です笑

現地では少しでも疑わしい物は食べないスタイルでいくのをおすすめしますよ!

飛行機やバスで長時間の移動がある時は、もはや食べるのも飲むのもセーブするのが大事!

そうすれば排泄自体がないのでね。

食べたいものも我慢する!

海外ではどんなに食べたいものがあったとしても・・・

安全そうな料理しか食べないスタイルが一番です。

わたしは現地のローカルフードも基本的に食べませんしね。

スポンサーリンク

完全に火が通ってる料理だけを選んで「生の魚介類や赤みの残る肉」は一切食べません!

飲み水はもちろんミネラルウォーター!

なければコーラとかのジュースにして、徹底して細菌汚染には気をつけます。

腹を下さないためなら食べたいものは我慢して、食べたくないものを食べる生活になります笑

(例外としてラオスで腹下しましたけど)

仮にもし怪しいものを食べてしまったら、一食抜くくらいの覚悟が必要ですよ!

ちなみに私はやったことないけど・・・

水道水が飲めない地域で飲みたくなったら、最低でも1分沸騰させればOKとのことです。

ファーストフードが一番安心?!

海外では「マック」や「ケンタッキー」とかのファーストフードは安心感が凄いですよ!

世界的なファーストフードで、よく品質の悪さを指摘されますけど・・・

調理に関してはどこよりもマニュアルが徹底されてますからね。

一度加工済みの食材を、毎回同じ機器と温度で調理する。

だからそこらへんのレストランや屋台で提供される物より、よっぽど衛生的なんですよね!

しっかり加熱調理されたこういった物を、腹八分で食べるようにすれば・・・

お腹を壊すことなく過ごせます!

整腸剤とサプリメントは毎日飲むべき!

私は海外滞在中、食後は必ず「ビオフェルミン」と「サプリメント」を飲みます。

ビオフェルミンっていうのは昔からある整腸剤のことですね。

下痢止めとは違って、腸内細菌のバランスを整えてくれるやつです。

スポンサーリンク

悪玉菌をやっつけて善玉菌の代表である「ビフィズス菌」を増やしてくれるっていうね。

国ごとに食習慣が違うこともあって・・・

そこに住む人達の「腸内細菌のバランス」も違うんですよね!

日本人が海外でよく下痢をするのはコレが関係してます。

日本にいた時と腸内環境がガラッと変わることで、下痢が起こりやすくなる仕組みなんです!

だから腸内細菌を整えるために、善玉菌を乾燥させたコレを飲むって事です!

そしてサプリでは、不足しがちなビタミン類などを摂取するためのものです!

これで健康維持と下痢対策が出来るわけです。

後で困らないように、先回りして対策すべきってことですよ。

使いそうな薬は日本から持って行きましょう!

海外は日本とは風土が全然違うのでね。

滞在中に体調を崩すことがあるのは容易に想像できますよね?

おなか壊す人は多いし、もともと疾患がある人はそれが悪化するかもしれないし。

もしものために日本から薬を持って行くべきですよ!

気をつけなきゃいけないのが、世界の多くの地域で「ニセ薬」が出回ってるっていう事実です・・・

日本じゃ考えられないことですけどね!

現地で薬を入手するのは、けっこーリスキーなので出来るだけ避けましょう。

日本から持ち込むときにポイントとなるのが・・・

空港で入国する時に、持ってる薬の内容をチェックされる場合があるんですよ。

自分で内容が即答できないと怪しい薬だと思われかねないのでね笑

ピルケースとかには入れずに「元のパッケージ」のまま持っていった方が良いです!

せめて日本語で「Cold medicine(風邪薬)」「Antidiarrheal(下痢止め)」とか英語で言えるようにしときましょう。

病院で処方された薬だったら、薬剤名が記載された「処方箋のコピー」があればOKです。

感染症が怖い!

蚊の対策は大切です!

海外では、様々な細菌やウイルスを媒介する「蚊」の存在は脅威です。

日本では蚊に刺されてもその後の痒みを心配するだけだけど・・・

東南アジアやアフリカでは蚊に刺されると、マラリアとか変な病気の心配をすることになるのでね!

気付いてない間に刺されてたりするともう不安でいっぱい笑

対策としては、現地で販売されている高濃度の蚊よけ成分が配合された「蚊よけスプレー」を使うのをおすすめしますよ!

日本のよりも強力だからね。

ホテルでは「トコジラミ」が恐怖!

海外ではトコジラミ(南京虫)も怖いんですよね。

ホテルで寝てる時に刺される恐れがあるんですよ!

体長は10mmぐらいでけっこー大きいし、夜中の2時ぐらいに活発に動きます!

「人の血」を求めて、体のやわらかい露出部分に刺してきますよ。

噛まれた後すぐに症状はでなくて・・・

2日目以降に強いかゆみが出てきて、蕁麻疹や熱が出ることもあります。

こいつには病原体がいるリスクがあるので、手では潰さない方がいいです。

もし噛まれたら「毛抜き」で口の部分を壊さないように除去しましょう。

咬まれた傷は「水洗いして消毒」をしましょう!

痒みや発疹は1週間過ぎると自然治癒しますけど、酷いと「抗ヒスタミン薬」や「ステロイド」を使うこともあります。

トコジラミはベッドや家具、建物の隙間に潜んでいるのでね。

チェックインしたら部屋を確認して、もし黒い点の様な「血糞」が見つかったら・・・

部屋を変えてもらうのが一番ですよ!

いっくんのまとめ

今回は、海外旅行の健康についてでした。

誰だって現地で体調不良になって観光できなくなるイヤなのでね・・・

一番身近な問題の「下痢」を避けるには、食を犠牲にすべきです!

マラリアや日本脳炎などの感染症に関しては・・・

予防接種するのも大事ですよ!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】