【バンコクの交通手段】タイ市街地での移動手段をまとめてみました!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

日本全国一周」を経験した私が、タイの観光スポットをレビューします。

タイの首都バンコクに旅行する方へ!

向こうでは「バス、タクシー、地下鉄にモノレール」って感じで・・・

交通機関は想像以上に整ってますよ!

でも初めて行った時にはちょっと戸惑いそうなとこもあるので、簡単に説明しますね!

スポンサーリンク

市街地はバス移動がメインになります!

バスはとにかく安いし、安心して使える!

バンコクはバスが発達してるので、市街地の移動は問題ないですよ。

タクシーやトゥクトゥクはぼったくりがあるので・・・

バスは料金も安くてはるかに安心です笑

エアコンありは15~25B(45~75円)、エアコンなしは10Bぐらい(30円)です。

どっちがどっちかは、バスの窓が開いているかで判断できます。

乗車のポイント!

日本と違うポイントは、手を振らないと停車してくれないってこと!

あと運賃は「前払い」するシステムとなってますよ。

バスには日本みたいな整理券がないので・・・

乗車するとスタッフが集金に来て、そこで行き先を伝えると金額を教えてくれます!

意外にも英語が通じないスタッフもいるのでね。

念のためタイ語のメモか、スマホなどを使って行き先が分かるように準備しておきましょう!

スポンサーリンク

乗車中はタイ語でアナウンスされて、降りるタイミングが分からないので・・・

ちゃんと降りれるか不安なら、スタッフに頼めば声を掛けにきてくれますよ!

実際に使ってみた感想!

バスはけっこー汚いし、夕方とかは乗車率が半端ないですよ笑

バンコクでは朝と夜には渋滞が発生するんですけど。

バスがなかなか来なくてイヤな思いもしました。

近くにいたタイ人にいつ来るか尋ねても・・・

「大丈夫、待ってればいつかくるから」って言われて笑

それを信じてどんどん過ぎ去るバスの番号をずっと目で追っていたのでね!

けっこーキツかったです。

ちなみにめっちゃ混んでるバスに乗車しても・・・

スタッフは新規の乗客を漏らすことなく、必ず徴収に来ます笑

お金の入った筒みたいのをジャラジャラさせながら来て、お釣りもすぐに渡してくれますよ笑

頼んでもないのに、降りる場所になったら教えてくれて親切でした!

市内の移動はタクシーがおすすめ?!

市街地の移動はタクシーが便利です!

わたしはバンコク観光ではけっこータクシーを使いました!

「黄色と緑色したのは個人タクシー」で、それ以外の色はタクシー会社のものです。

タクシーを呼び止める時は、斜め下に腕を出せばOK。

ドアを開けてドライバーに行き先を伝えてから乗り込みます。

自分が使ったときは明瞭会計だった!

原則はメーターで料金を計算するので、料金の事前交渉は必要ないです。

もしメーターがなければ、交渉しないとダメですけどね!

スポンサーリンク

「初乗りは35B、2km以降は400~450mごとに2B加算」

って感じが相場です。

もし不安を感じる運転手だったら・・・

車内にあるドライバーのIDを、相手に分かるように写メにでも撮りましょう笑

トゥクトゥクはおすすめしない?!

タイで名物の乗り物!

トゥクトゥクはバンコクのいたるとこにある「三輪タクシー」ですよ!

荷台部分が座れる屋根付きのバイクって感じです。

街中を歩いているとよく声を掛けられますけど。

トゥクトゥクはぼったくり天国なので注意しましょう!

もし乗りたければ、腕を体の斜め下方向に出すと止まってくれますよ。

屋根はあっても窓もドアもないので、走ってると外の臨場感を感じられます笑

料金交渉のポイント!

トゥクトゥクに乗りたい時には・・・

最初に行き先を伝えて、必ず料金交渉をしましょうね!

目的地までの料金がいくらかはっきりさせて、納得できてから乗車するのが原則ですよ。

もし目的地に着いてからから高額請求されたら最悪ですからね笑

相場を知らない観光客はいいカモにされるのでね。

ちなみに本来は徒歩20分の距離なら50B(150円)ぐらいで済みます。

実際はもっと高額を要求されるので、まずは提示金額の半額から交渉しましょう!

それで7割ぐらいにはなるはずです。もし駄目なら他の運転手にあたりましょう。

トゥクトゥクの方がタクシーよりも高い?!

私の感想としては、バンコクではトゥクトゥクはタクシーより高い印象です!

彼らは目的地がどんなに近くても「100バーツ」って言って来るのでね笑

マジでぼったくろうとしてきますよ笑

すかさずこっちが「高すぎる!この距離なら50バーツで!」って言うと・・・

みんな首を振っていなくなりました笑

そんな中タクシーを使ってみると、同じ距離が50バーツもしないのでね笑

トゥクトゥクは外人相手にぼったくってる気がします!

BTS(スカイトレイン)

普通に都会的なモノレールです!

BTSっていうのはモノレールのことですよ!

これは日本並みに快適で安心して使えますよ。

駅構内には分かりやすい路線図はあるけど、時刻表はありません!

何故かというと・・・

日中は6分間隔で、ラッシュ時は3分間隔で運転されてるのでね!

すべて各駅電車なので、特にチェックする必要も無いってことなんでしょうね笑

しかも運行時間は6:00(始発)~24:00(終電)ぐらいまでで、マジで最高ですよ!

自動券売機も日本と同じように買えますよ。

ただし硬貨しか使えない券売機もあるので、その時は改札横のカウンターで両替しましょう!

ちなみにバンコクでは、公共交通機関では飲食禁止なので注意しましょう。

チケットの買い方!

料金は「1駅ごとの設定」ではなくてゾーンごとに料金が決まってますよ。

まずはタッチパネルで英語に切り替えましょう!

そして路線図を見ながら行きたい駅の「ゾーン番号」を調べます。

その番号に必要な料金を投入してボタンを押せば、乗車券が出てきます。

あとは日本のモノレールと同じように、ホームまで行って待つだけです!

MRT(地下鉄)

怖くないし便利な地下鉄です!

MRTは日本の地下鉄と同じ感じですよ。

さきほどのBTSと同じぐらい頻繁に運行してるので、時刻表は存在しません!

運行時間が6:00(始発)~24:00(終電)ぐらいまでなのも一緒ですね。

MRTを乗る時には知っておくべき事があって・・・

駅構内に入る途中に「金属探知機のゲート」を通らないといけないんですよ!

まあ実際使った時には、さすがにスマホとかには反応しませんでしたけど・・・笑

もし鳴っちゃったら、警備員から簡易的なセキュリティーチェックを受けることになります。

たかが地下鉄に乗るだけなのに、コレを知らなかったらマジで焦りますよね笑

チケットの買い方!

まずは券売機をタッチパネルで英語に切り替えましょう!

行きたい駅を選択すれば料金が表示されるのでね。

ここでまたちょっとビックリしそうなのが・・・

一般的な券じゃなくて、「トークン」っていう丸くて黒いコインがチケットです笑

これは磁気タイプのコインで、中にICチップが内蔵されているのでね。

入場する時は、これを改札の目印にSUICAみたいにタッチして通ればOKです!

そして改札から出る時には・・・

トークンを返さなきゃなので、改札の投入口に入れれば外に出れますよ!

いっくんのまとめ

今回はタイバンコクの交通機関についてでした。

バンコクは首都だけあってけっこー栄えてるのでね!

モノレールや地下鉄といった乗り物は安心して使えますよ。

ただぼったくりが発生する可能性のあるトゥクトゥクやタクシー・・・

この2つは注意して乗る必要があります!

私もこの2つを利用したときには、気を抜けずにかなり神経使ってましたよ


【飛行機】バンコクに行くには、海外格安航空券の「skyticket」で

【ホテル】バンコクの格安ホテルは、東南アジアに強い「Agoda」で

【ホテル】「最低価格保証サービス」が人気!「エクスペディア」で

【WiFiレンタル】海外旅行ではスマホが命!「イモトのWiFi」

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】