【タイ】バンコクのアユタヤ遺跡(歴史公園)は1日で観光できます!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

日本全国一周」を経験した私が、タイの観光スポットをレビューします。

 

海外旅行したことがないけど「海外の遺跡を見てみたい!」って思ってる人へ!

 

気軽に行けるタイの「アユタヤ遺跡群」がおすすめですよ。

いかにも「東南アジアの遺跡」って感じの景色が見れます!

 

アユタヤのメジャースポットをいくつか紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

アユタヤについて!

タイ観光では外せないスポット?!

アユタヤは、バンコクから北へ80kmにある世界遺産の遺跡が遺された街です!

 

海外旅行に興味がない人も「アユタヤ」って単語は聞いたことあると思います。

それだけ有名な遺跡群って事ですよ。

 

かつてはアユタヤがタイの首都だった!

今はタイの首都はバンコクですけど・・・

1351年~1767年までの約400年は、アユタヤが中心都市だったんですよね。

 

かつてはヨーロッパと東アジアを結ぶ貿易都市だったので。

その頃に日本人が移住して、日本人町を造っていたほどです!

 

まあ、最期はビルマ軍の攻撃で破壊されちゃうんですけど。

 

アユタヤには見所がたくさんある!

アユタヤの遺跡群は川で囲まれてる「4km✕3.5km」ほどのエリアです。

 

その中にはたくさんの遺跡があって・・・

しかも離れた場所に点在してるので、歩くのは体力的にも時間的にもキツいです!

お金はかかるけど、移動はトゥクトゥクに頼みましょう。

 

アユタヤは見どころが多過ぎるので、特徴だけまとめて書いていきますね笑

では、アユタヤ遺跡について実際に回った順に紹介していきます!

 

<ワット・ヤイ・チャイ・モンコン>

「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」は、72mの仏塔が有名です!

ビルマ軍との戦いに勝利した時の記念の塔なんですよね。

 

今振り返ってみても、あんまりインパクトはありませんでしたね笑

「営業時間:8:00〜17:00、年中無休、料金:20バーツ(約60円)」

 

<ワット・パナン・チューン>

「ワット・パナン・チューン」は、高さ19mの座仏像が有名です!

靴を脱いで建物の中を進んでいった先にありました。

 

他の遺跡に比べると、現地の人が多かった印象です!

 

それもそのはずで・・・

ここはアユタヤがビルマに破壊された中でも、奇跡的に残った寺院だから「縁起が良い」とされてるそうですよ!

 

現地民からしたら御利益のある場所って感じなんでしょうね。

 

「営業時間:8:00〜17:00、年中無休、料金: 20バーツ(約60円)」

 

<日本人町跡>

「日本人町跡」は、アユタヤ王朝時代にあった日本人町の跡地です。

アユタヤと日本が貿易してた頃には、人口1000人以上はいたらしいですよ!

 

かつてビルマ軍とアユタヤが戦った時に・・・

アユタヤの傭兵として日本人も戦ったっていう史実が残ってます。

 

「営業時間:8:00~17:00、年中無休、料金:50バーツ(150円)」

 

<ワット・プラ・マハタート(仏頭)>

「ワット・プラ・マハタート」は、「木の根に仏頭が埋もれてる」姿が有名です!

これは定番観光スポットだし、絶対見ておいた方が良いですね。

 

このあたりは仏像の首がたくさん切られてるんですけど、それには諸説あるそうですよ。

 

「ビルマ軍が宝物が隠されているか確認するために壊した」とか。

「勝利品として仏像を回収したいけど、重いから頭部だけ持ち帰った」とか言われています。

 

「営業時間:7:00~18:00、ライトアップは19:00~21:00

年中無休、料金:50バーツ(約150円)」

 

<ワット・ラーチャブラナ>

「ワット・ラーチャブラナ」は「王位継承で殺し合った2人」のために建立された寺院です!

 

「最初にこの寺を訪れた王は死ぬ」っていう預言があって・・・

歴代のアユタヤ王たちは、誰もこの寺院を訪れることはなかったそうです笑

 

「営業時間:8:00〜18:00、ライトアップ19:00〜21:00

年中無休、料金:50バーツ(150円)」

 

<ワット・プラ・シー・サンペット>

「ワット・プラ・シー・サンペット」は、アユタヤの中で最も重要な寺院です!

なぜならこの「3つの仏塔には、歴代の王様3人の遺灰」が納められてるからです。

 

かつてここには「171kgもの黄金に覆われた仏像」があったそうですけど。

ビルマに侵略された時に破壊されちゃったそうです。

 

「営業時間:7:00~18:00、ライトアップは19:00~21:00

年中無休、料金:50バーツ(150円)」

 

<ワット・プララーム>

ワット・プララームは、王の葬儀のために建立されたアユタヤ王朝初期の寺院です!

仏塔前に祀られている仏像は首が切り取られてますよ。

 

「営業時間:8:00~18:00、ライトアップは19:00~21:00

年中無休、料金:50バーツ(約150円)」

 

<ワット・チャイワッタナーラーム>

「ワット・チャイワッタナーラーム」も、アユタヤの代表的なスポットです。

中央にある仏頭を、小さな仏頭が囲むように並んでます!

 

「営業時間: 8:00~17:00、年中無休、料金:50バーツ(約150円)」

 

<ワット・ローカヤースッター>

 

「ワット・ローカヤースッター」は、屋外に置かれた寝釈迦物が特徴です!

 

「ただのデカイ大仏だなー」ってくらいに感じる人もいるでしょうけど・・・

ここは「ストリートファイター」のサガットのステージっぽいって言われてます!

 

言われてみればそんな風に見えてきますよね?

公式ではないけど、日本人旅行者の間ではそう親しまれてます!

ここは私も印象深いです笑

 

「営業時間:8:00〜17:00、年中無休、料金:20バーツ(約60円)」

 

実際に行ってみた感想!

アユタヤ観光はけっこー刺激的でしたよ!

バンコクから鉄道で移動して・・・

そこから遺跡群がある街へと入っていくわけですからね。

 

辿り着くまでがちょっと大変だったりするから、そこで見た遺跡はより感動的でした!

 

でも正直な話をすると・・・

最初の遺跡をみてから、次の遺跡、また次って感じで。

短時間でどんどん回っていくのでね。

 

後半にいくにつれて感激が薄れていくのを感じました笑

 

「あれ?ここさっきの寺と似てない?」って絶対なると思います!

 

一番感動したのはあそこです!

意外に思われるでしょうけど・・・

わたしは「日本人街跡」に行った時に一番感動しましたね。

 

ぶっちゃけクオリティは全然なんですよ、サイズも小さいし笑

ガイドブックには載ってるけど、扱いも他に比べて軽かったりするし。

 

今はミュージアムになってるので、歴史とかを学べるんですけど。

アユタヤ王朝時代に「日本人がここに住んでた」って事実に惹かれましたね。

 

そこに住んでた日本人は、故郷を懐かしむために・・・

「川が見える場所に、東屋や日本庭園を再現した」そうなんですよね。

 

そういった当時の状況を想像しつつ景色を眺めると、すげー切ないし感慨深すぎました。

 

スポンサーリンク

「入場料・営業時間・休業日について!」

「入場料」

ほとんどの遺跡では50バーツ前後の拝観料を取ると思ってください。

 

「営業時間・休業日」

無休のところがほとんどで、営業時間も通常の寺院と変わらない感じです!

※遺跡ごとの詳細は、上記した内容を参照してください。

 

いっくんのまとめ

今回は「アユタヤ遺跡」に行った感想でした。

 

ここに行って感じたことがあって・・・

感動っていうのは、建造物の大きさや物質的な価値だけで決まる物じゃないって事です。

 

ショボい景色でも、歴史的な背景とかを知れば感動できますしね!

見たいスポットを決める時とか、建造物の華やかさに囚われてたらダメだなって思いました笑

 

観光で受ける刺激は人それぞれなので、是非行って体感してみてください!

「タイ:バンコク旅行」観光スポットや知るべき情報【まとめ】

2017.04.20