【クアンシー滝】エメラルドグリーンの川で遊べる場所がある?!【ラオス】

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

「日本全国一周」を経験した私が、海外の観光スポットを語ります。

 

ラオス観光するなら「クアンシー滝」がおすすめです!

エメラルドグリーンの川は神聖な雰囲気

 

ルアンパバーンに来る観光客にはかなり人気なのでね。

ここはツアーを組んででも行くべきスポットですよ!

 

スポンサーリンク

クアンシー滝ってどんなところ?!

ルアンパバーンにある絶景の滝!

ラオスの名物観光スポットに「クアンシー滝」があります!

 

この滝はルアンパバーン市街地から、30kmぐらい離れたメコン川の下流にあって・・・

エメラルドグリーン色をした水が流れるのが特徴です!      

 

上の写真みたいに、段々になった独特な形状は「石灰華」と言うんですって。

炭酸カルシウムの沈殿物が固まったそうで・・・・

似たような観光名所でトルコの「パムッカレ」が有名ですよね!

 

ちなみにここに行くなら、乾季か暑季に訪れるのがベストですよ!

雨季(5〜10月)だと雨が降った後に濁流になってる可能性があって危険です。

 

実際にクアンシー滝まで行ってきた!

入口に到着したら滝を目指す!

私は現地ツアーに参加してたのでね。

ここに行くまでに「エレファントライド」や「パークウー洞窟」にも行ってました!

スポンサーリンク

 

ツアーの行程では、お昼を食べた後にバスでクアンシー滝に向かったので・・・

クアンシー滝の駐車場に到着したのは14時過ぎでしたよ!

 

そこから滝の入口までは歩いて行きます!

途中に「ツキノワグマの保護センター」があって、ここでクマを見ることもできます

 

普通にクマが檻の中で寝てたり、ゴロゴロしてるのを見れますけど・・・

これはまあぶっちゃけ面白くはないですよ笑

 

動物園でクマ見るのと同じ距離感なので、大して感動はしません。

 

綺麗な川が見えてきた!

さらに歩いて行くと川が見えてきます。

 

ここの川は場所によって「乳白色~エメラルドグリーン」に見えます!

けっこー幻想的な雰囲気だなって思いました。

 

そのまま森の中を15分ほど歩けば、落差50mの大きな滝が現れます!

 

東南アジアの川って、濁ってる茶色の川のイメージが強いのでね。

普通に川の水が透けて見えるってだけでも感動レベルです笑

 

欧米人達は水の中で思いっきりはしゃぐ!

ここに来てる観光客は欧米人がけっこー多い印象でしたね。

みんな川のそばまで来たら水着に着替えて、思いっきり水の中に入っていきます!

 

あ、ちなみに着替えるところは一応ありますよ。

ロッカーすらないただの小屋なので、貴重品は仲間内で管理しないと盗難に遭いますよ!

スポンサーリンク

 

ちゃんとトイレもありましたよ(めっちゃ汚いけど笑)

 

みんなクアンシー滝の川に入って、水遊びに興じてました笑

ここでは滝を登ったり、深さのあるところでは泳いだりもできるのでね!

 

川のほとりに生えている蔓にしがみついて・・・

それをロープみたいにして川にダイブする人もいたし!

けっこー楽しめる場所だと思います。

 

ちなみに足場も水でぬかるんでたりするので・・・

探索するだけの人でも、短パンサンダル姿で行った方がいいですよ!

 

入場料・営業時間・休業日・アクセス情報など!

「入場料」

クアンシー滝へはツアーで行くのが一般的です。

ラオス市街地にはたくさんのツアー会社があるので、その中から安いのを選びましょう!

 

クアンシー滝へのツアーは「パークウー洞窟とのセット」が多いです。

「午前中にパークウー洞窟、午後にクアンシー滝」っていう流れですね!

 

私の場合は「MANIFA TRAVEL」で150000kip(2100円ぐらい)でした。

これがセットツアーの相場だと思って、これを基準に選んでみて下さい!

 

ツアーを使わずに自力で行った場合は、クアンシー滝の入り口で入場料金が必要で・・・

20000キープ(約280円)かかります。

 

「営業時間・休業日」

クアンシー滝の営業時間は「9:00~18:00」で「年中無休」となっています。

 

「アクセス」

クアンシー滝

<ツアーでクアンシー滝まで行く!>

ツアーの場合、当日は宿泊先のホテルまでガイドが迎えに来てくれます。

 

そして「ボート乗り場」までミニバスで移動して・・・

そこからまずは観光船で「パークウー洞窟」を観光しに行きます。

 

そして洞窟観光が終わって昼食をとったら、クアンシー滝を目指すって流れですよ!

 

ツアーで行く場合の移動時間は「行き2時間、帰り1時間」って感じです。

 

<市街地からツアーを使わずに行く場合>

ルアンパバーン市内から、「トゥクトゥク」や「タクシー」でも行けないことはないです。

 

運転手は値引き対策の価格表を持てってて・・・

1台往復で230000キープ(約3200円)が相場とされてます。

 

この時点でツアー料金よりも高いですからね笑

 

他の客との乗合なら50000キープ(約700円)で行けます。

でもぼったくられるかもしれないので、自力で行くのはおすすめしません!

 

ちなみにトゥクトゥクでの移動時間は、市内からクアンシー滝まで片道1時間です。

 

いっくんのまとめ

今回は「クアンシーの滝」にツアーで行った感想でした。

 

ここはホントに綺麗なのでね。

「東南アジアの川は汚い」っていうイメージが一新できるスポットですよ!

 

ここは市街地からタクシーとかで行くよりは・・・

セットツアーで行った方が確実に安上がりなのでオススメですよ!

 

往復の移動時間2時間を合わせて、観光には最低でも3時間は見ておいた方が良いです!

「クアンシーの滝」は絶対に行った方がいい綺麗なスポットですよ。

 


【飛行機】ラオスに行くには、海外格安航空券の「skyticket」で

 

【ホテル】ラオスの格安ホテルは、東南アジアに強い「Agoda」で

 

【ホテル】「最低価格保証サービス」が人気!「エクスペディア」で

 

【WiFiレンタル】海外旅行ではスマホが命!「イモトのWiFi」

 

スポンサーリンク