【車検前に確認】車の消耗部品(パーツ)の交換時期とその費用は?

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

車検って来るたびに、けっこーストレスですよね?

わたしは「今回は部品の交換はあるのかな?」っていつも悩まされてます笑

 

そこで今回はパーツの内容と、交換時期の目安をまとめてみました。

本当に交換すべきかどうか、判断がしやすくなるはずです!

 

スポンサーリンク

車検でのスタッフとのやりとり・・・けっこー難しい!

車検でのスタッフとのやりとりって、けっこーストレスになりませんか?

 

私はもともと車に詳しくないので笑

スタッフから「パーツ交換」を勧められると、知識がないから毎回困ってました。

 

「これは交換しないと車検通らないんです!」っとか言われちゃうと・・・理解もせずにお願いしてたし。

でもまあ、これぐらいハッキリ断定されてれば別にいいんですよ。

 

わたしが一番困ったのは・・・

「そろそろ交換した方がいいですよ」って提案された時です!

 

ホントにすぐやらなきゃいけないのか、それともカモにされてるのか・・・笑

その判断ってなかなか難しいんですよ。

 

スポンサーリンク

「パーツ交換の知識」が必要!

車検は2年に1回のペースでありますけど。

 

知識がないと、業者の言われるがままにパーツ交換することになります。

パーツ交換しまくると、部品代も工賃もかさんで・・・

恐ろしい金額を請求されかねません笑

 

逆にムダのない部品交換で済ませられれば安く抑えられますしね!

 

業者さんにちょろまかされないように・・・

消耗品の意味や交換時期を知っておくべきだと思いました。

 

スポンサーリンク

交換するパーツってどれぐらいあるの?!

当たり前だけど、車ってホントに色んなパーツが使われてるんですね笑

長持ちするパーツもあれば、走れば走るほど劣化して交換が必要になるものもあります!

 

今回は、定期的に交換が必要なパーツについて調べてみましたよ。

交換費用の目安として書いてるのは「部品代+工賃」の合計額です!

 

ちなみに車検ごとに交換する可能性の高いパーツは・・・

・エンジンオイル ・オイルフィルター ・エアクリーナー ・ワイパーゴム ・ラジエター液(冷却水) ・ウォッシャー液

などがあります!

 

車検ごとに交換する可能性が高いパーツ!

エンジンオイル

車に乗ってて1番身近な交換ってエンジンオイルですよね!

 

車のこと全然分かんない人でも「エンジンオイルは交換しなきゃいけないやつ!」って認識はあるはず笑

これは潤滑材としてエンジンの動作に関わるので、かなり重要な役割です!

 

交換せずに使い回してると、オイルが無くなってエンジンが焼きつくっていう最悪な事態にもなります。

エンジンがいかれたら、オイルをケチってたのがバカみたいな高額な修理費がかかります!

 

一般的にオイル交換のタイミングは「5000kmもしくは6ヶ月」で・・・

中には「超寿命タイプ」のオイルもあって、それだと1万kmか1年は持ちます!

 

マメにオイル交換しない人は、車検の時に交換してもらうパターンが多いはずです。

交換費用は4000円~って感じです。

 

オイルフィルター

エンジンオイル内の汚れを取り除くフィルターです。

コレを交換せずに使い続けると、エンジン内に汚れが増えて潤滑不良が起こっちゃいます。

 

「エンジンオイルを2回交換したら、1回フィルター交換」っていうのが一般的なのでね。

年に1度ぐらいの交換になります!

 

交換費用は2000円~って感じです。

 

クリーンフィルター(エアコンフィルター)

エンジンの吸気側にあるフィルターで、空気中のゴミからエンジンを守ってます!

 

ここが詰まり始めると、燃費が悪化したりエンジンのレスポンスが低下するので・・・

車検ごとに交換すべきって言われてます。

 

交換費用は3000円~って感じです。

 

ワイパーゴム

ワイパーにくっついてるゴムのことです!

夏は熱くて冬は凍える場所にあるので、どんどん劣化していきます。

 

ゴムは1年経つとかなり劣化して、損傷もみられるのでね。

ワイパーゴムの交換目安は2年ぐらいです。

 

交換費用は2000円~って感じです。

 

ラジエター液(冷却水)

ラジエター液はエンジンを冷やしてオーバーヒートを防いだり、エンジンが錆びないようにするモノです!

 

ラジエター液は古くなると冷却能力が落ちて、オーバーヒートを起こすリスクがあるのでね!

交換目安は2年ぐらいで、車検ごとに交換するケースも多いです。

交換費用は5000円~って感じです。

 

最近の車にはかなり長持ちする製品が使われてるケースもあって、それだと10年ぐらい使えたりします。

 

ウォッシャー液

フロントやリアウィンドウを洗浄する洗剤のことです!

 

ウォッシャー液は界面活性剤とアルコールがメインで、凍結防止用にメタノールも入ってます。

タンクの中身が減ったら補充します!

 

交換費用は500円~って感じです。

 

3、4年おきに交換するパーツ!

ブレーキパッド

ブレーキパッドは、摩擦をかけて車を停止させるパーツですね!

新品の厚さが10mmで、ブレーキをかけるたびにすり減っていきます。

 

溝が無くなった状態で使い続けると、ブレーキが効かなくなるのでマジで危険。

1mmが使用限界です!

 

実際2mmくらいまでは乗れるけど・・・

業者からはブレーキパッドが3~4mmぐらいで交換を勧められます。

 

交換費用は、4輪すべて交換して2万円~って感じです。

 

バッテリー

バッテリーは、車に必要な電力を蓄えておくパーツです!

 

バッテリーは短いと2~3年、長持ちして4年ぐらいで交換が必要になります!

ヘタってくるとバッテリーが上がりやすくなって、エンジンがかけられなくなります。

 

もしバッテリー上がりでJAFに来てもらって、充電した後に電圧が低いと・・・・

「あ、もうバッテリーの寿命ですね」って教えてくれます笑

 

最近ではガソスタやカー用品店にバッテリーの検査ができるテスターが備えられているのでね。

これを使って交換時期を把握する方法もありますよ!

 

交換費用は1万円~って感じです。

 

ヘッドランプ

ヘッドランプは、夜間につける前方のライトです!

 

交換時期の目安は、球切れや光量が減った時です。

 

ランプにはいくつか種類がありますけど、ソケット式なら自分でも交換できちゃいますよ。

交換費用は2000円~って感じです。

 

発炎筒

発炎筒は公道で車を緊急停車した時に、後続車に警告するために使います!

 

車検のたびに有効期限もチェックされますけど・・・

3年の使用期限が切れたら交換です!

 

交換費用は500円~って感じです。

 

タイヤ

走るほどにタイヤは少しずつ摩耗して溝がなくなっていくのでね。

溝の深さが1.6mm以下になると、雨の日にスリップしやすくなります!

 

新品タイヤの溝は約8mmで、グリップ性能が落ちてくるのが溝が4mm以下の時です。

タイヤ交換は溝が1.6mmになる前にやります!

 

溝の深さは車検でもチェックされるので、交換が必要だったら教えてくれますよ。

交換費用は車種によってもホントにバラバラですけど・・・

安い海外メーカーのタイヤ4本と、工賃合わせて4万以上はします!

 

もっと長いスパンで交換するパーツ!

次に、もっと長いスパンで交換するものについて書いていきます!

ブレーキオイル(ブレーキフルード)

ブレーキペダルを踏んだ力をブレーキに伝える液体です。

 

ブレーキオイルが古くなると・・・

山の下り坂でブレーキを使いまくった時にベーパーロック現象(過熱でブレーキがきかなくなる)」が起こりやすくなります!

 

普通にちょこちょこ運転してるだけなら4年の交換でOKです。

交換費用は4000円~って感じです。

 

ATオイル(ATF)

AT内で潤滑や変速操作を行っている液体です!

 

交換のタイミングは特に定められてなくて・・・

車種によっては5年で交換すべきものもあるし。

10万km走っても大丈夫な車もあります!

 

交換費用は6000円~って感じです。

 

スパークプラグ

エンジンの中で火花を散らして、着火を行ってるパーツです!

 

古くなると火花が弱くなって、エンジンのかかりが悪くなったり、燃費が悪くなります。

交換の目安は3万kmです!

交換費用5000円~って感じです。

 

新車に多いプラチナプラグ(白金プラグ)やイリジウムプラグなら10万kmはイケますよ。

 

 

ちなみに、今回ここには書いてませんけど。

車の消耗品パーツの中には・・・

十数年乗り続けたり、10万km以上走って初めて交換するものもあります!

 

それも合わせるとパーツの種類はもっと膨れ上がります!

ここで書いたのは、あくまで普段使ってる中で遭遇しやすいパーツ交換です。

 

十数年も乗り続ける人は少ないと思うので・・・そういうレアなパーツは割愛してます笑

 

いっくんのまとめ

今回は、車のパーツ交換の頻度についてでした。

 

車にはたくさんの部品があって、それぞれ状態や経年劣化で交換するタイミングって変わるのでね!

車検で見積書をもらった時に、気になったらツッコんでみたほうがいいですよ。

 

ある程度こっちに知識があれば「それは次回の車検でもいいんじゃないですか?」っとか提案できるし。

相手に主導権を握られると、必要以上にパーツ代とかかかる可能性もあるので。

 

任せっぱなしにならないように、予習して挑みましょう!