マスコミ(メディア)が扱う医療ニュースにも偏向報道はある?

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

メディアの偏向報道って色んな所で叩かれてますよね?

まあ実際に情報に偏りがあるから仕方ないとは思います笑

 

私は病院で働いてるので、医療系ニュースに関して違和感があります!

毎年違う感染症を取り上げて、必要以上に騒ぎ立ててる感があります。

 

 

スポンサーリンク

「メディアの伝え方」はかなり偏っている!

メディアはやり過ぎ感が強い

私は現在、総合病院で臨床検査技師として働いています。

病院内で感染症の検査とかをする仕事ですね。

 

毎年何かしらの「医療ネタ」ってありますよね?

メディアがそればっかり報道する医療関連情報ってことですけど。

 

例えば・・・「狂牛病」「高病原性鳥インフルエンザ」「SARS」「新型インフルエンザ」「人食いバクテリア」などなど。

いっくん
メディアはいつもしつこいぐらい取り上げて、煽ってきます! 

分かりやすい例えとして「人食いバクテリア」で説明します。

分かりやすい例えとして、「人食いバクテリア」をあげますね。

 

これは私の個人的な見解ですけど。

メディアにおいては、2016年の医療ネタが「人食いバクテリア」でしたよ。

 

連日のように「人食いバクテリア」を脅威的な存在みたいに扱ってました。

まあ取り上げてる情報事態にウソはなかったですけど・・・必要以上に不安感を煽ってましたね!

 

メディアを通して多くの人に感染症を気を付けるように啓発するのは大事だけど。

そもそも論として・・・

発症率も死亡率も低い疾患を、あれだけ連日取り上げてたのには違和感しかないです。

 

メディアは「人食いバクテリアの脅威」を必要以上にアピールし過ぎでした。

 

そこまでヤバい感染症じゃない?

SANYO DIGITAL CAMERA

出典:http://hp.amakusa-web.jp/a0655/Oshirase/Pub/Shosai.aspx?AUNo=5696&Pg=1&OsNo=60

あれが報道されてた当時でも、正直言ってみなさんが思ってるほどヤバい状況ではなかったです。

 

メディアでは連日騒がれてましたけどね。

「患者数が増えてて過去最高に危険!致死率30%、手足を切断するかもしれない恐怖の菌です!」って感じで。

 

こんな表現をされたら多くの人は不安になりますよね?

いっくん
目を背けたくなるほどの恐ろしい写真まで載せてね・・・!

でも統計で調べてみたところ。

2016年の1年間で人食いバクテリアとして診断された患者は「450名ぐらい」です。

(データは報道されてた当時にあえて合わせてます。2017年は500名以上)

 

あれだけメディアで騒いでて、発症した人が「たったの450人」なんですよ?

病院で働いている立場としては疑問が湧きます。

 

毎年どれだけの人が感染症にかかって亡くなってると思ってるんですか!

そこを追っていくとメディアのやり過ぎ感が分かるはずです笑

 

スポンサーリンク

「感染症全体の死亡者数」と比較してみる!

gahag-0046645017-1-2

「1年間の感染症での死亡者数」を参考に!

ちょっと参考までに・・国が統計している2015年で亡くなった人の「死因と人数」を並べてみます。

それを見ればハッとするはずです。

 

イメージが湧きやすいように、あえてメジャーなものを挙げていきますね。

<2015:感染症での死亡者数>

・敗血症:約11300人

・ウイルス性肝炎:約4500人

・腸管感染症:約2300人

・インフルエンザ:約2200人

・結核:約2000人

このうち「人食いバクテリア」にかかって、敗血症で亡くなった方は・・・

「およそ130人です!(※推計値:発症者数約450名×致死率30%から)」

 

これを見てどう感じたでしょうか・・・?

敗血症で亡くなった人数は「約11300人」もいるんですよ。 そのうちの130人ってめっちゃ割合低くないですか?

 

メディアでの偏りが伝わるはず・・・!

発症者も死亡者数も少ない

連日メディアで放送してた時には・・・

他の医療関連のニュースはほとんど流さずに、こればっかり取り扱ってましたよね?

いっくん
人食いバクテリアにかかったら、 たった数十時間で敗血症になって死んじゃう!

人食いバクテリアの発症者数が増えてたのは事実です。

でもこれはウイルスみたいに感染が伝播していくワケでもないしね。

 

そもそも敗血症で他に1万人以上も亡くなってますけど・・・

いっくん
死亡者数130人にとどまる「人食いバクテリア」だけで、残りの1万人は無視ですか?

残りの死因となった感染症だって、メディアで情報を流すことで死亡率を減らせるならそっちを流すべきじゃないの?

 

他の感染症でも多くの人が亡くなってる現状を差し置いて・・・

「人喰いバクテリアが今年の医療情報のトレンドです」みたいなのはおかしいでしょ!

 

当時はもっと他にも取り扱うべき医療情報があったはず。

 

人食いバクテリアの情報は流してたのは正しいことです。

ただしメディアを占拠するほどのモノではなかったと言いたい。

 

1億人以上が暮らす日本で、もっと全体に関わる情報を等しく流すべき。

「腕や足のエグい写真を見せれば視聴者からのレスポンスが良い」ってメディアが判断しただけにしか思えませんでした。

 

メディアは偏りがハンパない、話半分に聞いてた方が良い

ここまで読んだ人には分かると思いますけど。

 

メディアではあれほど「怖い菌」って感じで騒いでても・・・

実際にはかなり偏った情報を流してるだけで、内容はけっこー疑わしいんですよね。

 

むしろ思うのはメディア受けしそうな「人食いバクテリア」みたいなモノをしつこく報道するより・・・

もっと幅広く色んな医療情報を取り上げて欲しいですよ!

 

その方がよっぽど、みんなのためになる。

「発症者数と死亡者数」が増えているのは事実だから、それを伝える事は大事だけどさ。

 

実物以上に恐怖を煽る報道には、違和感がありまくりです。

みなさんには、メディアの医療情報を鵜呑みにしない習慣を身に付けて欲しいです!

 

いっくんのまとめ

今回は、メディアの医療ニュースについてお話ししました。

 

メディアって偏った報道が大好きですよね。

視聴者からの反応が得られそうなネタに走って放送してます。

 

そんなのやり始めたらYouTuberと変わらないし!ニュースにエンタメ性とか求めてないから笑

 

各界における不祥事の報道もそうだけど・・・

そんなの事実として一瞬放送されればよくて、根掘り葉掘り1か月もかけて議論する内容じゃない。

国民の必要度と放送の密度がまったく比例しないんですよね。

 

もっと新鮮かつ有益な情報を流してほしいと願うばかりです!