喫煙者の気持ちが理解できないので、タバコ嫌いな私が喫煙にチャレンジしてみた。

スポンサーリンク

​      

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

私は昔からタバコが嫌いなんですよね。

小児喘息だったのもあって、子供の時からずっと嫌いでした!

 

タバコは一切吸うことなく、アラサーになりましたが・・・

喫煙者の気持ちを知るために、あえて期間限定で喫煙してみました!

 

スポンサーリンク

子供の頃から嫌いなタバコ!

私はタバコが嫌いです。

私はタバコが嫌いです。

そんな私が、タバコを期間限定で吸ってみたのが今回の話です。

 

思いつきから実験的に試したワケですけど・・・

まず本題に入る前に、私がどれだけタバコにネガティブな印象を持ってたかお話しします笑

 

小さい頃からタバコが嫌いだった。

私がタバコを嫌いになったのは、間違いなくうちの父親が原因です笑

 

父はかなりヘビースモーカーで、いつも家の中でも車の中でもところ構わず吸ってたんですよね。

銘柄は忘れもしない「LARK」でした笑

 

幼稚園の時に私がタバコの「副流煙」で小児喘息になっても、父は吸うのをやめなかったので・・・笑

子供ながらに嫌悪感MAXで過ごしてました!

 

「タバコ=身体に悪い」っていうのを、幼い頃から理解してました。

 

ずっと嫌いなまま大人になった!

小学生の頃には小児喘息は治りましたけど・・・それでもずっとタバコは嫌いなままでしたね。

スポンサーリンク

 

あの臭いもムリだし、身体に悪いのは明確だし。

「タバコはみんなを不幸にする!」って子供ながらに思ってましたよ。

 

まあ成長していく中で、周りの仲いい友達はタバコを吸い始めましたけど・・・

私はいくら周りから誘われても、絶対に吸いませんでした。

いっくん
強めな先輩に吸わされそうになった時でさえ、頑なに拒絶してたやつです。 

むしろ必ず一度は「タバコはやめた方がいい」って注意するので、喫煙者にとってウザい存在だったはず笑

 

病院で働き始めてなおさら嫌悪感が!

そんな感じでタバコは一切吸うことなく大人になりました。

 

私は社会人になってからは病院で働いてるのでね。

仕事を通してもタバコの有害性は実感してますよ!

 

遺体の解剖とかもするような仕事なので・・・

真っ黒に変色して原型をとどめない肺を目の当たりにしてるのでね。

 

タバコによる肺がんや咽頭がんの怖さなんかは普通の人より理解してるつもりです。

 

喫煙者の気持ちを知るために、自分の身体で実験してみた

タバコを3日間だけ吸ってみることを決意

私はこれまでずっと禁煙派として生きてきましたけど・・・

 

そんな私が今回、期間限定で3日間だけタバコを吸うことにしました。

それにはもちろん理由がありますよ。

 

タバコにハマる人の気持ちが分からない

昔っから私はタバコが嫌いなので、喫煙者には注意する側でした。

 

でも喫煙してる人っていくら注意してもやめてくれないんですよね笑

いっくん
こっちがホントに相手のためを思って注意してるのに!

私にはどうしてそんなにタバコにハマるのかが理解できませんでした。

 

でも喫煙してる人に言わせれば「1回吸っちゃうとやめられないんだよ」って感じで・・・

もはや「当たり前のこと」みたいな口ぶりだし笑

 

私は未経験なので、もちろん気持ちは分からないんですけど。

「タバコがやめられない」っていうのは、心の甘えだと思ってます笑

 

自分ならもしタバコを吸いたい衝動に駆られても、絶対吸わないように自制できると思ったのでね。

 

気持ちを理解するためには、自分も吸うしかない笑

私はこれまで散々色んな人に禁煙を勧めてきて・・・

言葉が届いた人も少しはいるけど、ほとんどの人はその後も変わらず吸い続けてます。

 

タバコには、それだけ人を夢中にさせる「力」があるってことですよね。

でも私は一度も吸ったことないのでそれが分かりません。

 

やっぱり吸ったことがないのに、色々と説教しても説得力はゼロなんですよね。

 

「タバコ未経験の私の言葉には、友達を説得するだけの力が無い」・・・私はそう思いました。

じゃあいっそ自分の身体でタバコを試してみようと思ったワケです。

スポンサーリンク

 

私は病院で働いてるので、医療に関する知識や感覚は最低限持ち合わせてるしね。

タバコの害を知り尽くしてるから、自分は誘惑なんかに負けないと信じてるし。

はたして本当にタバコを吸いたくなるのか?

いったい自分の身体にどんな反応が起こるのか?

そういったところを見極めて、今後の自分の経験値として活かそうと思いました。

 

実際に吸ってみた

3日間だけ吸ってみた

吸いたくなる衝動を理解するために、3日間だけトライしてみました。

 

思い立った時にいた友達が、タールが1mg、5mg、10mgのタバコをそれぞれ持ってたのでね。

それぞれの人から3本ずつもらって、日を分けて吸ってみることにしました。

 

まずは1mgから段階的に試していきます!

いきなり10mgとか吸うのは怖いしね笑

 

味や感覚はどうだった?

最初の1mgは友達がいるところで、吸い方を教わりながら吸ってみました。

 

ホントに初体験だったから、タバコってどこまで吸うべきものなのかも知りませんでした笑

友人からは「いきなり肺に入れるとむせるから、とにかくゆっくり吸い込んでみな」って言われながらトライ。

 

実際に吸ってみると・・・1mgでもけっこーむせる!

そしてまずいし後味が悪い。

 

服にも臭いつきまくるし、タバコの良さはまったく分からず。

さらにはタバコを吸ってしまったことに対する「背徳感と不快感」に苛まれました笑

 

その日は間隔を空けて予定通り3本吸ってみたけど、身体に悪い感じがハンパなかったです。

 

翌日は5mgに挑戦。

そして翌日には5mgにステップアップしましたよ!

 

私的にかなりビックリしたのが・・・

ほとんど1mgのタバコと変化を感じなかったっていうね笑

 

味に違いはあるものの、特にむせたりすることもなくイケました。

私がそうだっただけなのかはよく分かりませんけどね!

 

あ、この時点ではまったくタバコには惹かれてませんよ笑

 

そのまた翌日は10mg!

そのまた翌日にとどめの10mgチャレンジです!

 

最初は「10mgとか吸ったらどうにかなっちゃいそう・・・」ってイメージでしたけど笑

段階的に増やしてるおかげか、思ったほどの差は感じず!

 

てか正直言って、意外と平気だったことにビックリしましたよ笑

まあでも、吸った後に呼吸器に残るような感じはありました。

 

問題はその日の夜でした!

10mgを吸い終えた時点で、特に自覚できるような大きな変化はなかったです。

だから正直こんなもんかと思いました笑

 

おいしいとも感じないし、煙はウザいし服やカバンのタバコ臭さは気になるし。

「実験しても何も変化は無かったな」って思ってました。

 

そう思って油断していたら・・・

10mgを吸った当日の夜に異変が起こったんです!

 

24時ぐらいになって眠くなったのでもう寝ようと思ってベッドに横になったら・・・頭にタバコが散らつくんですよ!

目を閉じると日中に吸ってたタバコが浮かんでくる。

 

もし手元にタバコがあったら、絶対吸いたくなっちゃうぐらいの衝動です。

 

これはマジで今まで感じたことない感覚でした。

例えるなら・・・忘れ物をしたのをパッと思い出す瞬間みたいに、タバコの存在が頭に浮かぶんですよ!

 

気になって気になって仕方ない!

たぶんそれが「脳が発出してるニコチン&タールを摂取しろ」って信号なんでしょうね笑

 

その日はなんとかスマホをいじって気を紛らわせて・・・なんとか寝ました。

 

しばらくタバコが気になって仕方なかった!

翌日になっても、ふとした時に頭に散らつきます!

「これがタバコの力か・・・!って実感しましたよ。

 

吸わなくなってから3日間ぐらいはタバコがチラつきましたよ。

そこを自我で制御してたら、途中からぱったりタバコを思い出さなくなりました!

 

頭に浮かばなくなった時は本気で安心したし・・・

身体から毒気が抜けたのを実感できたような気分でしたよ。

 

 

 

やっぱりタバコは中毒性あるので、最初から吸わない方がいい!

自分が試してみて、タバコを吸いたくなる人の気持ちが分かりましたよ。

 

コーヒーが好きな人って「食後にコーヒーを飲みたくなる感覚」ってありますよね?

控えめに見ても、アレの数倍以上のパワーはありますよ。

 

まったく予期しないタイミングで、突然タバコの存在を脳が思い出させてくるんですよ。

考えてもないのにイメージとして浮かび上がってくる。

 

私は今回の実験で、脳がニコチンとタールを欲する感覚(中毒性)を実感できました笑

たったの3日間のチャレンジだけでもこういった衝動が湧き起こったのでね。

 

長期にわたって喫煙習慣がある人が、やめるのが容易じゃないことは納得できるようになりました。

やめるのは葛藤が起こってしんどいのは事実だったし。

でも精神力でなんとか抑え込むことが可能だってことも分かりました。

 

タバコって一時期でも続けると、泥沼のように引きずり込まれるのでね・・・

みなさんやっぱりタバコは危険ですよ!

 

きっかけとなる最初の1本は、絶対に吸うべきではないですね。

 

いっくんのまとめ

今回は、非喫煙者だった私がタバコにチャレンジしてみた話です。

 

ちなみに私はそれから一切吸ってません!あくまでタバコは嫌いな人間なので。

「百害あって一利なし」だとマジで思ってますから。

 

実際に吸ってみて分かったのは、吸うことによって間違いなく中毒性が発揮されるってことでした。

ずっとタバコ嫌いだった私でさえ「タバコが欲しい」って本能的に感じたワケですから。

 

禁煙しようとしてる人達が「やめたくてもやめられない」って言ってる理由も、感覚的に分かりました。

タバコは最初から吸わないのがベストですね笑

 

 

ヘビースモーカーの人でも、並々ならぬ気合いと理性があれば抑え込むことは可能だと思いますよ!

スポンサーリンク