治験のアルバイトとは?検査から入院の流れ、報酬やリスクを説明します!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

私はかつて治験バイトに参加したことがあります!

理由は単純で、大学の授業で治験について学んで興味を持ったからです笑

 

巷では「楽なバイト」として定着しつつありますけど・・・

治験が実際にはどんなものなのか、簡単に説明していきますね。

 

スポンサーリンク

治験について!

治験とは?

「治験」って言葉は、一度ぐらい聞いたことがある人も多いと思います。

 

これは薬の効果を調べるための試験のことですよ!

私たちが普段飲んでる薬って・・・・

発売前に必ず「薬の効果や安全性」を健常者で試してるんですよ。

 

製薬会社が頑張って新しい薬を開発したとしても、治験をやらない限りは国がその薬を販売する許可を与えてくれないのでね。

国内で「新薬」や「ジェネリック」の新しい薬を販売するには、必ず治験をする必要があります!

 

治験でバイト?

治験って健康な成人男性を一般から募るんですよね。

入院するのが基本で、拘束時間に対する対価としてお金が支払われます!

 

これはバイトとはちょっと意味合いが違うので・・・「治験協力費」って名目でお金がもらえます。

一般的には「治験でバイトする」って表現されますけどね。

 

この治験バイトですけど、一昔前はかなり怪しいバイトに分類されてたと思います笑

「販売直前の段階にある薬を、試しに飲まされる」っていうところに、人体実験みたいなイメージを持たれがちなんです。

いっくん
私が受けに行こうとした時も、周りからふつーに止められましたしね。

・・・まあやっちゃったけど笑

治験バイトは危なそう?

治験で薬を飲むことにリスクがあるかどうかと言われれば・・・

「リスクはもちろんあるけど、心配するほどのものではない」って私なら言いますね。

 

副作用が気になるのは当然のことだとは思いますけど・・・

いっくん
ハッキリ言えば、副作用なんて現在流通してるすべての薬にありますから笑

もしウソだと思うなら、試しに家にある風邪薬や整腸剤なんかの説明書を見てみてください。

副作用としてたくさんの項目が並んでますよ笑

でも結局みなさん、そんなこと気にも留めずに飲んでる現状がありますからね。

 

治験ってこれまで綿密に研究&実験を重ねられた薬ですから。

「最終確認のために健常者で投与する」って感じなので、比較的安全な代物です。

 

よっぽど身体に合わない限り、健常者がダウンするほどの副作用は考えにくい。

 

何より気にし始めたらキリがないしね。

「リスクをどの程度気にするのか・・・あなた次第!」

いっくん
ちなみに私はまったく心配してませんでした笑

治験バイトでいくらぐらいもらえる?

治験の内容とか、主催するところによって金額はまちまちですけど・・・

 

一日拘束につき「1万5千円~2万円ぐらい」です!

だから3泊4日だったら、低くて6万円、高ければ8万円ぐらいの相場感です。

 

でも治験バイトも年々有名になって、需要が増えてるのでね。

金額は昔に比べてどんどん低くなってるように感じますよ。

いっくん
やりたがる人が増えるほど、足下見られますからね笑

長期入院するタイプの治験なら30万円以上とかもらえるのもありますけど。

無職の方達がここぞとばかりに殺到すると思います笑

 

ちなみに私が行った時にいた人達の層としては・・・

大学生が半数。フリーターor無職っぽい人が半数、アウトローで怖い人が3人ぐらいいました笑

スポンサーリンク

治験に興味を持った理由

学校で治験についても勉強してた!

私は現在、臨床検査技師として病院で働いてます。

 

臨床検査技師の学校を卒業した学生って、私みたいに病院に就職するのが一般的なんですけど・・・

大学を卒業してから、検査の知識を活かして「治験関連企業」で働く人もいるんですよ!

 

治験を全面的にサポートする側の専門スタッフで「治験コーディネーター」っていう仕事があるんです。

それを目指してる学生もいたので、治験について授業で学ぶ機会があったんです!

 

ちなみに今現在治験コーディネーターとして働いてるスタッフの割合を見ると・・・

「臨床検査技師」と「看護師」の資格保有者がメインで、次いで無資格者が占めてます。

 

治験に興味を持った

私は臨床検査技師として病院で働く気満々だったので、治験コーディネーターになるつもりはゼロだったんですけど。

 

せっかく知識として学んだからには、実際どういうものなのか知りたくなったんですよね笑

同級生の中には「自分は将来、治験コーディネーターになる!」って公言してる人もいたし。

 

私から見ても「治験業務」に対して魅力に感じるポイントはあったので。

 

いったいどんな環境で、新薬の試験が行われてるのか・・・

実際に自分が被験者となって、リアルな現場を体感してみようと思ったワケですよ笑

 

人生経験になるし、バイト代も稼げる。絶対ムダにならないって分かってたのでね!

 

治験のサイトで申し込んで、検査を受ける!

治験を受けるには?

治験を受けるにはどうするかというと・・・

日本にはいくつかの治験専用のサイトがあるので、そこで申込むことになります!

 

「 JCVN」とか「VOB」が有名ですね。

申し込む時に個人情報や健康に関する情報を書いていきますよ!

治験サイトで募集してる治験がたくさんあるので、その中から気になったのを電話やネットで申し込めばOK。

 

入院の日数とかは最重要事項なのでちゃんと確認して、予定が合うかチェックしましょうね!

 

健康な人が対象です!

治験は最初にも書いたとおり、健康な人しか受けられません!

 

受けようと思ってる時に通院中だったり、既に病気にかかってたりしたらアウトです。

 

中には特定の疾患を持った人を対象としたものもありますよ。

例えば、「糖尿病」とか「うつ病」の方を対象にした治験とかね!

 

治験によって条件はちょっと変わったりしますけど、基本条件はこんな感じのところが多いです!

・成人男性(女性募集の治験もあるけど、基本は男性メイン)

・年齢:20歳〜(対象年齢は治験によって違う)

・休薬期間:4ヶ月(前回の治験から、4ヶ月は期間を空けてくださいね!ってこと。)

・重篤な疾患にかかってない

・BMI値は、 18.5 ~ 24.9(痩せすぎ、太りすぎはダメ!ここはけっこーシビアで、基準外だと身体は健康でもNGです。)

 

事前検診に参加する

治験に参加する間に、事前検診に参加しないといけないので。

 

事前検診では「身長、体重、血圧、採血、検尿、心電図」などを測定して、治験に相応しい状態か調べられます。

これに合格しないと治験に参加できないのでね。

 

時間は説明も合わせて2時間前後が一般的です。

ちなみに事前検診に参加すると、手渡しで3000円ぐらいもらえます。

まあコレは交通費プラスちょっとの手当って感じですね笑

 

事前検診の合格確認

合格通知は検診から数日後です。

向こうから電話がかかってくるパターンか、こっちから指定の日時に電話するパターンです!

 

ここで改めて言いますけど・・・

治験は薬を認可するための重要な試験なのでね。

治験する側からすれば「よりベストな健康状態の人を使って、良好な成績を出したい」ワケですよ。

 

だから事前検査でちょっとでも肝臓や腎臓の機能が悪かったり、心電図に異常があったら・・・

「この人は良い結果が得られなそうだから却下!」ってことになります。

 

やっとの思いで作った薬が認可されるか、それともボツになるかの重要な試験ですからね。

1つの新薬が販売されるまでの過程で、投資金額は数十億円~数百億円にも上りますし笑

 

バイト代目当てで集まった、不健康そうな人にはやらせたくないと思うのは当然ですよね笑

 

ちなみに倍率はその時々でマチマチなので、一概には言えません。

いっくん
私が受けた時で、6割ぐらいの人が合格したみたい!

事前検診に合格したら治験に参加できますけど・・・

もし不合格だったら、せっかくの事前検診は徒労に終わっちゃいます笑

 

諦めずに他の治験に申し込むか、治験バイトはあきらめるかのどっちかですね!

 

スポンサーリンク

入院生活がスタート!

決められた日数入院していきます!

事前検査でOKだった人は、病院で何泊か入院することになりますけど・・・

入院期間は短いもので2泊3日からあって、長いと3週間以上も入院します!

 

治験は3泊4日を2回のスタイルが基本みたいですね。

ちなみに私がやったのもこのパターンです。詳しくは別記事で書きますね!

 

入院中はできるだけ静かに過ごすように指示されます笑

だからほとんどはベッドで過ごす感じですよ。

 

入院中に「投薬日」といって、薬を飲む日が設けられてるんですけど・・・

その当日は、1日に何回も採血をされます笑

 

しかも薬を投与してから数時間はベッドの上から降りちゃダメです。

だからトイレにも行けないし、15~30分おきに採血を繰り返されます。

 

薬の効果や副作用を確認するために、これは徹底されてますよ。

なによりも採血の多さがけっこーな苦行です!

いっくん
数時間のうちに15回ぐらい採血されたので、私はもう2度とやらないと誓いました笑

治験は入院してからの検査で断られることもある!

ちなみに・・・入院してからもまだ気は抜けません!

 

入院して薬を投与するまでにも検査があるんですけど。

その時の結果次第では、治験を受けられないかもしれないんですよ!

 

「事前検査は大丈夫だったけど、入院時の検査結果がよくないから今回は治験できません」ってケースがあります。

例えば、入院前にお酒を飲んだり脂っこいものを食べたり、激しい運動した人とかは検査で分かっちゃうのでね。

 

実際に投薬日の朝になってから、帰らされてる人もふつーにいました。

私が前日の夜に仲良くなった人も帰らされてたし笑

 

そういった可能性があるってことも覚えておきましょうね!

 

病院から断られて帰る場合には、1泊の拘束費としてだいたい1万円ぐらいが支払われます。

いっくん
治験のために予定を空けてるのに、入院する気満々で中止になったらキツいと思う。

バイト代について!

治験のバイト代は、飲み薬が一番報酬は高いですね。

 

中には貼り薬や健康食品の治験もあるんですけど、そっちは少し安い傾向にあります。

まあふつーに考えて飲み薬が一番リスクは高いし、当然ですよね。

 

バイト代はいつ手に入るのかというと・・・

基本は治験が終わってから、後日銀行振り込みになりますよ!

 

施設によっては手渡しのところもあるし、それぞれやり方が違うみたいです!

いっくん
私は治験が終わって帰る前に手渡しでもらいました笑

治験を甘く見ないように!

バイト代目当てで受ける側にとっては最悪なこととしては・・・

治験の途中でイヤになったり、予定ができてリタイアした場合はバイト代はゼロです笑

 

それまで何日も入院して20回以上も採血をされてたとしても・・・バイト代はゼロ。

「途中でリタイヤすることはいつでもできます」って最初に説明はされるけど。

 

入院して苦行を味わってバイト代ゼロって、シビア過ぎるでしょ笑

私は治験バイトって、積極的におすすめできるものじゃないと思ってます。

 

ブロガーさんの中には「楽して儲けられるからおすすめ!」的な事を書いてる人も多いですけど。

お金を欲しくて治験をやるのは、けっこー危険な賭けだと思いますよ。

いっくん
バイト代を満額もらえるかどうか、入院最終日の最後の最後まで分からないですからね?

入院2日目に帰らされた人達だって、バイト代が満額もらえる前提で来てたワケだからね。

断られるなんて想定外の出来事だったはず!

 

最後まで油断は禁物です

さらには入院期間を2回に分けてやる時とか・・・

長期のスパンになればなるほど、大事な用事が入ってくるリスクがあります。

 

でも途中で脱落したら、それまでの苦行が水の泡になるのでね笑

一度治験を始めたら「意地でも最後までやり遂げなきゃ!」って感覚に陥ります。

 

ちなみに、治験中に自分に過失なく体調を崩した場合には・・・

それまでの入院に見合った報酬は払ってもらえるそうですよ。

 

でもこれは「薬の副作用でアレルギーが出た」とか、そういったかなりレアケースになるのでね。

まず該当することはないと思います。

 

治験バイトを始めたら、最後まで体調管理と生活管理をしないとダメです。

風邪ひいたりお酒を飲んだりして、治験ができなくなったら即アウトですからね!油断は禁物ですよ!

 

いっくんのまとめ

今回は、治験についてお話ししました!

 

私は病院勤務の臨床検査技師なので、ある程度治験に関しては予備知識や理解はあって参加したつもりですが・・・

また別記事でお話ししますが、入院生活はなかなかしんどかったですよ笑

 

バイトとしては非常に不安定なので、私は他の方みたいに積極的におすすめはしません笑

 

それでも興味があって一度はやってみたいと思うなら、健康体な人は参加しても良いと思いますよ!

しっかり自分の身体や予定と相談した上で、治験に参加してくださいね。

治験ボランティア「JCVN」

治験サイトに登録して、事前検診を受けてきた話はこちらですよ!