採血のやり方(方法)は技師や病院によって違う?ガイドラインに沿ってやるべき!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

私は病院で毎日80人位の「採血」をしていました。

臨床検査技師は病院やクリニックで採血をする機会も多いです!

 

実は採血の仕方や運用って、技師や施設でけっこー違うんですよ笑

私は「ガイドライン」を意識してやるのをおすすめしますよ!

 

スポンサーリンク

採血を担当することになった方へ!

臨床検査技師は、病院やクリニックで採血を担当します。

昔と比べると、検査技師が採血する機会ってどんどん増えてきてますね。

 

入職や異動で新しく採血を担当することになったとして・・・

最初ビックリすると思いますけど、採血のやり方って人によってけっこー違うんですよ笑

 

誰もが最初はテキスト通りにやってたはずなのに、いつの間にか我流っぽくなるんですよね。

同じ職場でも、先輩によって教え方が違って困惑するし。

 

ちなみに病院によっても全然違いますよ笑

そんな中で頼りになってくるのが「採血法ガイドライン」の存在です!

 

スポンサーリンク

採血にも「ガイドライン」がある!

ガイドラインは参考になる

「標準採血法ガイドライン」というのがあって、私はそれを全面的に参考にしてます!

 

ここには採血に関して様々な視点で方法やルールをまとめてます。

採血をやることになった新人は、絶対に読んでおいた方が良いですよ。

 

コンパクトにまとまってて超分かりやすいし、文字数も少ないからサクッと読めます!

 

採血の不安は、知識を補うことで克服できる

新人の中には、採血にやたら苦手意識がある人がたまにいますけど・・・

見てるとほとんどが「経験不足&知識のなさ」からくるものです!

 

経験が足りなくても、勉強すれば採血は怖くなくなります。

よく分からないから怖いだけなんですよ!

 

ちゃんと理解できると「あー、なるほどね」って感じで恐怖は薄れていく。

 

本の中では、採血トラブルとして恐れられてる「神経損傷」や「迷走神経反射」とかも説明してますよ。

それが起こる確率や対処法さえ分かってれば、ビビるようなものでは決してないので!

 

スポンサーリンク

採血にはルールがある!

基本はガイドラインがルール

ガイドラインの中で書かれてることが、採血における基本ルールですよ。

とりわけ「採血管のとる順番」とか、運用面に関してはコレを守るべき。

 

採血手技に関しては、患者さんによっても血管のコンディションはバラバラなのでね・・・・

狙う血管や針の角度などは、正攻法でクリアできない場合も多々あるし。

これを統一するのって現実には難しいところです。

 

あくまでルールとして意識的に守れるところは、ガイドラインに準拠して実践するべきです。

採血担当になった方は最低限、運用面だけは頭に入れましょうね!

 

「採血管のとる順番」は厳守です!

採血管の取る順番も決まってますよ!

真空採血管で採血する順番は「生化学⇒凝固⇒血沈⇒ヘパリン⇒血算⇒血糖⇒外注」って感じです。

 

とりわけみんなが意識してるのは、最初に生化学を持ってくるってところですね。

それがどうしてかというと・・・

 

穿刺した直後の血液には組織液が混ざるので凝固しやすくなるんですよね!

生化学ならどうせ凝固させてから遠心機にかけて処理していくので、最初の1本目はコレが基本になります。

 

凝固の採血管は固まったらアウトだから、生化学を最初にして次に凝固の採血管をとるわけですね。

 

厳守しなくていいルールもある?!

必ずしも守らなくてもOKなものもある

どの検査でも言えることですけど・・・

絶対に守るべきルールと、どっちでもいいルールってものがあるのでね。

 

ガイドラインの内容が基本ルールなのは間違いないですけど。

それを否定するだけの根拠が言えるなら、状況に応じてルールを変更するのもアリだと思います。

 

何の考えもなく手を抜くためにルールを守らないのはもちろんダメ笑

 

「消毒の仕方」はガイドラインに従ってない人が多い笑

医療って基本マニュアル通りの動き方が求められる仕事だけど・・・

採血する時の「消毒の仕方」ってガイドライン通りにやってない人が多いですね。

 

標準採血法ガイドライン⇒「穿刺部位を中心から外側に渦巻き状に消毒する」

現場のスタッフ⇒「前後にゴシゴシ拭くだけ」

 

これまで色んな施設の採血手技を見ましたけど・・・まあほとんどの人が前者ですよね笑

実際にわたしも前後に拭くだけにしてますし。

 

オペ前にやるようなガチな消毒とは違うしね。

無菌操作みたいに渦巻き状に拭く必要性はないってことです。

 

厳守すべきもの、そうじゃないものは自分である程度判断する能力も大事です。

 

ガイドラインと違うやり方に遭遇した時は・・・?

施設やスタッフによって、やり方が違うこともある!

さっき説明した採血管の順番ですけど・・・

施設によってマチマチなんですよね。それが不思議でなりません!

 

検査技師と看護師でも順番が違ったりするしね。

まあこれに関しては知識もしくは意識の問題ですけど。

 

検査技師ってやたらとガイドラインとか、マニュアルを遵守したがる性質だけど・・・

看護師さんはけっこー大雑把なので。「血液量さえ足りてれば別にいいでしょ?」って感覚の人が多い。

 

採血管の順番みたいなミクロなことは意識せず、早く仕事を回すことに意識が傾いてるんですよね。

ケースバイケースで採取する順番が変わるのは良いとして・・・

採血者の無知や間違った認識でやってる場合は、こっちもそれを正していかないといけません。

 

けっこー適当&ずさんな施設も存在します笑

施設によっては、めちゃくちゃなやり方なところもあります。

 

何の根拠もなくて感覚でやってる医療従事者も中にはいます。

そういうのは大体が小さい病院、クリニックに多い傾向ですね。

 

ちなみに大きな施設になるほど、マニュアル化が当然のごとく進められているのでね。

適当なことはできないシステムが構築されてます笑

 

ガイドラインは大きな盾となる!

もしかしたら、明らかに間違ったやり方をしてる先輩に教わることがあるかもしれません。

 

そして理不尽にも「やり方が違う!」って注意を受ける可能性だってあります笑

注意された時の返しが「前の職場の先輩にそう教えてもらったから」ではダメですよ笑

 

ちゃんと明確な言葉で説明できるようにしましょうね。

「ガイドラインにこういう記載があるので、自分はこのやり方でやってます。」ってね。

 

基本スタンスは、情報の出所をしっかり明らかにしつつ・・・

自分だけはちゃんと正しい方法を理解して実践することです。

 

中には施設の方針として、独自のルールが決まってるところもあるのでね。

そういった時には、周りとの軋轢を生まないためにもそれに従いましょう。

 

何にでも根拠が求められる医療において、採血もちゃんと理屈で考えてやるのが大事ですよ!

 

いっくんのまとめ

今回は、採血はガイドラインを参考にすべきだという話でした。

 

検査関連の数あるガイドラインの中でも、採血ガイドラインはホントにサクッと読めちゃいます。

人や施設によって採血はやり方が色々で混乱すると思いますけど。

 

これを覚えて実践すれば、誰からも責められることはないしおすすめですよ。

一度覚えれば自信をもってできるようになるし、採血への恐怖感もなくなるはずですよ!

臨床検査技師が採血を受ける患者さんに知って欲しいこと【まとめ】

2017.09.17