臨床検査技師にとって「採血」は重要なスキル!転職にも有効です!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

私は病院で毎日80人位の「採血」をしていました。

 

採血はかつて「看護師の仕事」ってイメージが強かったですけど。

近年では臨床検査技師が採血をする機会が増えてます!

 

そうなった理由と、採血が出来ることのメリットを説明します。

 

スポンサーリンク

採血は検査技師がやるのが主流?!

採血は検査技師が担当する流れが進む。

私は病院で働く臨床検査技師です。

一昔前まで、採血って看護師がメインで担当する仕事でした。

 

それが近年では、臨床検査技師が担当する施設が増えてきてるんです!

理由はいくつかあるんですけど、メインは「精度管理」ですね。

 

精度管理が何かというと・・・

例えば、血液検査の結果を正確に出すために「血液の採取・前処理・測定機器の調整・結果のチェック」まで管理することです。

 

採血は検査技師がやるべき業務!

採血してとれた血液を、実際に検査するのは臨床検査技師ですからね。

 

血液検査を行って管理するスタッフが、採血(血液の採取)から携わるべきなんです。

 

検査技師が採血した方が、採血に関連するミスやトラブルも減らせるし。

スタッフもマジで細かいところまでこだわる気質の人ばっかりなので・・・笑

 

採血して検査をするまでの流れを検査技師が担当するのは理にかなってるんですよね!

 

看護師さんはけっこー適当です笑

看護師さんと一緒に働いてて実感させられるけど・・・

みなさん採血の手技に関しては検査技師よりもうまいです。

 

でも血液検査については把握してないので、採血前後の処理がけっこー適当なんですよね。

 

例えば、採血管をとる順番を守らなかったり。

採取してすぐに処理しなきゃいけない血液を、そのまま室温に放置しちゃったりね笑

 

それで検査技師が採血取り直しの電話をすると・・・

キレぎみで「は?!何でダメなの!?」ってなって、その度にいちいち説明するのも手間だし。

 

看護師と検査技師でモメるぐらいなら、最初から検査技師が採血をやるべきなのは明らかです!

 

大きな病院ではローテーションで採血は必ず経験する!

小さな病院だと臨床検査技師が数名しかいないところもあるのでね。

採血まで手が回らなくて、看護師がメインで採血してるとこもあります。

 

でもある程度の病床規模でスタッフ数も多いと、検査技師がメインで採血をやってますよ!

そういった施設では、入職してから各検査をローテーションする中で必ず採血室を経験します。

 

専属で採血担当スタッフがいても、それにプラスαとして交代制で「外来採血」や「朝の病棟採血」の当番があったりします。

だからみんな採血を行う機会があるんですよね!

 

若いスタッフは、採血に携わった経験がある人がほとんどで・・・

ベテラン層には採血をまったくやる機会がないまま50歳ぐらいになっちゃった人もいます笑

 

やっぱり若いうちに採血はできるようになっといた方がいいですよ!

 

スポンサーリンク

採血ができるのは強み!

採血スキルは転職でも有効です!

採血ってぶっちゃけ誰でもできる簡単な手技だけど。

 

採血ってどこの医療施設でも必ずある業務だし・・・

転職では採血ができるのは強みになりますよ!

 

採血ができる医療スタッフって「医師・看護師・臨床検査技師」だけなんですよね。

ポイントは、この中で一番人件費が安いのが臨床検査技師なんです笑

 

看護師を1人雇うよりも、検査技師を使った方が経営的には儲かりますからね笑

だから病院やクリニックは、採血スタッフが足りなくなった時には検査技師を雇いたがるんです。

 

そういった背景もあって、採血スタッフに検査技師を起用する施設は増える一方です。

 

中途採用で求める経験が「採血のみの経験でOK」のケースもある

臨床検査技師の求人情報を見てると・・・

施設によっては「採血のみの経験でOK」って書いてあるところもありますよ!

 

これは文字通り「採血専従のスタッフ」として求めてるケースもありますけど。

実際にここから読み取れる意味合いはちょっと違いますよ。

 

「仕事ができなかったとしても、最低限の希望として採血だけは出来て欲しい」って感じです笑

採用してからは採血をやらせつつ、少しずつ検査業務を教えて業務範囲を広げていくっていう狙いですね。

 

病院としても、すぐに検査業務は任せられないですからね。

施設が変われば、運用やルールが全然違うのは周知の事実だし。

 

どこの施設でも応用が利きやすい「採血」さえ即戦力でできれば、病院にとって損はないんですよ。

 

採血で最低限の実務遂行能力を証明できる!

先輩に聞くと、一昔前は「検査業務ができない技師は、辞めさせることもできないし。誰にでもできる採血をやらせてればいい」って感じだったみたいだし。

 

私の中での認識としても・・・

「採血ができる」=「最低限、仕事を回す能力がある証明」って感じです笑

 

今後の時代を生きる検査技師にとって、採血はできるようになるべきスキルだし。

どこの施設に行ってもやらされる可能性は高いのでね。

 

積極的に習得して、場慣れしておくのが良いと思いますよ!

 

いっくんのまとめ

今回は、臨床検査技師の採血についてお話ししました。

 

採血って、ぶっちゃけ検査技師の中では軽く見られる仕事ですけど・・・

採血は「法律で業務が確率されてる検査技師の数少ない仕事の1つ」ですよ!

 

検体検査全般は、無資格者でもできちゃうのが現状なんですから笑

今後も他の人に仕事を奪われることのない、検査技師を生きながらえさせてくれる仕事だと思った方が良いですよ。

 

採血はできるにこしたことはないので・・・しっかり経験を積んで、どこでも通用するレベルまで持って行きましょう!

臨床検査技師が採血を受ける患者さんに知って欲しいこと【まとめ】

2017.09.17