「楽して稼げるバイト」って本当か?治験バイトのデメリットをまとめてみた!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

私はかつて治験バイトに参加したことがあります!

巷では治験について「楽して稼げるバイト」って感じで紹介してる人も多いので・・・

 

そんなに良いモノだとは思えないので、今回はあえてデメリットをまとめてみました笑

治験に興味がある方は、参考までに読んでみて下さい!

 

スポンサーリンク

治験はおいしいバイトなのか・・・?

かつて治験を受けたことがあります。

私はかつて治験を受けたことがありますよ!

 

巷では「楽なバイト」として噂が広がってますけど・・・

入院して投薬日に採血しまくった経験を振り返ってみても。

 

そんなにいいもんでもなかったですよ笑

ちなみに治験中に友達ができましたけど、みんな「治験はもういいや」って感じでした。

 

治験が実際にはどんなものなのか、簡単に説明していきますね。

 

治験でバイトって?

治験は薬の効果を調べるための試験のことですよ!

 

私たちが普段飲んでる薬って・・・・

発売前に必ず「薬の効果や安全性」を健常者で試してるんですよ。

 

製薬会社が新しい薬を開発したら、治験をやって国に認可してもらわないといけないので

それで治験には健康な成人男性を募って、拘束時間に対する対価としてお金が支払われます!

 

入院するのが基本で、入院中は身体を動かさないように指示されて・・・

マンガを読んだりパソコンをいじったりできるので。

 

そこだけ聞くと楽なバイトって認識を持っちゃうと思います。

スポンサーリンク

治験バイトのデメリットとは?

副作用は否定できない

治験で薬を飲むことには多少のリスクはあります。

まあどんな薬でもリスクはあるので、程度の話ですけどね。

 

ぶっちゃけ私は治験を受けるにあたって、あんまり副作用は気にかけてませんでしたけど・・・

それはあくまで、自己責任だからです。

 

健康上のリスクの可能性を理解しつつ、人に対して「超オススメ!」っとは言えませんね笑

 

治験ボランティアを希望しても断られるかも?

治験は健康な人しか受けられません!

 

希望しても既に病気にかかってたりしたらアウトです。

病気じゃなかったとしても、色々と条件があるのが普通なので・・・

 

例えば、基本条件はこんな感じのところが多いです!

治験に参加する間に、事前検診で相応しい状態かどうかチェックされますよ。

 

検診では「身長、体重、血圧、採血、検尿、心電図」などを測定します。

検診は説明も合わせて2時間ぐらい。これに合格しないと治験に参加できませんので!

・成人男性(女性募集の治験もあるけど、基本は男性メイン)

・年齢:20歳〜(対象年齢は治験によって違う)

・休薬期間:4ヶ月(前回の治験から、4ヶ月は期間を空けてくださいね!ってこと。)

・重篤な疾患にかかってない

・BMI値は、 18.5 ~ 24.9(痩せすぎ、太りすぎはダメ!ここはけっこーシビアで、基準外だと身体は健康でもNGです。)

検診の結果、条件に合わないと判断されたらその時点で計画はパーです笑

もし不合格だったら、せっかくの事前検診は徒労に終わっちゃいます。それってリスキーじゃない?

 

 

入院してから断られることもある!

事前検診を受かったとしても気は抜けません!

入院して投薬するまでにも検査があって、結果次第では治験を受けられないんですよ。

 

つまり「事前検診は大丈夫だったけど、入院時の検査結果がよくないから今回は治験できません」ってケースがあります。

 

投薬日の朝になってから、帰らされる人もいました。

 

せっかく治験のために予定を空けておいても、そこで断られたらマジで最悪。

その期間、普通にバイトをやってれば良かったって思いますよ笑

 

参加できるかどうかも不確かなのに、その期間のスケジュールを空けなきゃいけないのもビミョーでしょ?

確実にお金が必要な人は、普通にバイトをやったほうが堅実です!

 

途中でリタイヤしたら、バイト代ゼロの恐怖。

治験バイトは、お金を目的として受ける人が多いと思いますけど。

 

最大のデメリットは、報酬がもらえるかどうか最終日まで不確かなところです!

治験の途中で自己都合でリタイアしたり、何か不都合が見つかった時にはバイト代はゼロだしね笑

 

「最終日まで無事にやり遂げて初めてもらえる報酬」だってことを、今一度頭に入れておいた方がいいです。

失業中の人とかにはリスクがデカすぎるかな?

 

途中でイヤになる可能性がある

伝えておきたいのが、途中で治験がイヤになる人もいると思うんですよ。

 

かつての私みたいに・・・

「え?採血って留置針は使わないの?じゃあ20回も針を刺すってこと!?」ってなったりね笑

 

最初にスタッフから「治験はいつでもリタイヤできますよ」って説明はされたけど。

自分都合で途中でやめた場合には、それも手当はゼロです!

 

入院して苦行を味わってバイト代ゼロって・・・ちょっとシビア過ぎるでしょ笑

 

 

最後まで油断できないストレス

さらには入院期間を2回に分けてやる時とか・・・

長期のスパンになればなるほど、大事な用事が入ってくるリスクがあります。

 

3泊4日の入院を2回やるとして、前半はちゃんと出てたとして。後半が予定ができてどうしても行けなかった場合もアウト!

途中で脱落したら、それまでの苦行が水の泡になるのでね笑

 

何日も入院して20回以上も採血をされてたとしても・・・バイト代はゼロ。

やったらやっただけの対価が保障されてるバイトとは違います。

 

一度治験を始めたら「意地でも最後までやり遂げなきゃ!」って感覚に陥ります。

 

治験バイトを始めたら、最後まで体調管理と生活管理をしないとダメなのはストレスです。

 

 

治験バイトの金額は、実はそんなに高くない笑

治験の内容とか、主催するところによって金額はまちまちですけど・・・

 

一日拘束につき「1万5千円~2万円ぐらい」です!

だから3泊4日だったら、低くて6万円、高ければ8万円ぐらいの相場感です。

 

 

入院を2回以上に分けるタイプの治験とか・・・

1回目の入院と2回目の入院の間は、身体に気をつかわなきゃだから不自由な生活をするハメになります笑

 

 

わたしの場合は、検査に引っかかるのを恐れて結局何もしない期間でした。

その期間もひっくるめて治験バイトだと考えると、日当はけっこー低いですよ笑

 

集団生活のしんどさ。

治験中は、病院で何泊か入院することになりますけど・・・

入院期間は短いもので2泊3日からあって、長いと3週間以上も入院します!

 

ふつーの入院生活ぐらいのプライバシーや住環境が整えられてるとは思わないほうがいいです。

まったく知らない人達と、同じシャワー室やトイレを使うワケです。

 

今は私もそういうの気にしないですけど、治験をやった当時はまだ気にするタイプでした笑

そういう人は治験には向いてませんよ!

 

他の人が使ったものを共有してOK、24時間知らない人と一緒でもOKって人が受けるべきです。

 

 

投薬日は「採血地獄」だった!

入院中に「投薬日」といって、薬を飲む日が設けられてるんですけど・・・

その当日は、1日に何回も採血をされます笑

 

しかも薬を投与してから数時間はベッドの上から降りちゃダメです。

だからトイレにも行けないし、15~30分おきに採血を繰り返されます。

 

薬の効果や副作用を確認するために、これは徹底されてますよ。

なによりも採血の多さがけっこーな苦行です!

いっくん
数時間のうちに15回ぐらい採血されたので、私はもう2度とやらないと誓いました笑

 

食べ物は提供されたモノしか食べれない笑

治験中の食事は、出されたもの以外食べちゃダメです。

 

病院によって量が足りなかったりまずかったりします。

私は普段からコーヒーが好きだし、甘いもの好きで間食もしまくる人なので。

 

入院2日目にして治験バイトのしんどさを実感しました・・・

治験中は嗜好品もまったく断たれるのでね笑 食に対する葛藤が生まれますよ。

 

 

 

いっくんのまとめ

今回は、治験バイトは積極的に勧められるものじゃないという話でした!

 

ブロガーさんの中には「楽して儲けられるからおすすめ!」的な事を書いてる人も多いですけど。

お金を欲しくて治験をやるのは、けっこー危険な賭けだと思いますよ。

 

入院生活はなかなかしんどかったし・・・

非常に不安定なバイトなので、他の方みたいに積極的におすすめしません笑

 

生活が困窮していて必ず収入が必要な人はやめた方がいい笑

治験を検討してる方は、報酬がもらえない可能性も想定した上で参加しましょうね。

治験ボランティア「JCVN」