日本の昆虫食「蜂の子(ハチノコ)の甘露煮」に挑戦!味はおいしい?

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

日本では昆虫を食べるのって抵抗あるし一般的じゃないですよね?

 

でもそんな日本において、一般レベルまで昆虫食が認められてる昆虫がいます!

それが「蜂の子(はちのこ)」です。

 

今回は「蜂の子の甘露煮」に挑戦した感想を書いていきます!

 

スポンサーリンク

蜂の子(はちのこ)は日本の伝統的な昆虫食!

きっと誰もが「蜂の子」=「食べ物」だって知ってると思いますけど。

ふつーに生活してたら食べる機会ってなかなか無いですよね。

 

養蜂場のある地域だと、蜂蜜を扱うお店で「蜂の子」も売られてたりしますけど・・・

まあわざわざ買って食べる人は少ないはず笑

いっくん
私も以前、長野で見かけたけど見事にスルーしました!

スポンサーリンク

蜂の子について簡単に説明!

蜂の子って昔から日本各地の山間部で食べられてるんですよね。

 

食べ方も色んなバリエーションがあります!

「炊き込み御飯・甘露煮・佃煮・素揚げ・蒸し焼き・生食」

いっくん
揚げならふつーにイケそうだな・・・でも生食はムリ!

古くから貴重な「蛋白源」として食べられてきたワケです。

まあ今の時代に、それをあえて食べる必要は「???」って感じだけど笑

 

みんなが蜂の子って思ってるのは「クロスズメバチなどの幼虫」です。

「ミツバチ」の幼虫も食べられるけど・・・

ポピュラーなのは獰猛なスズメバチの方っていうのはけっこー意外!

 

ちなみに安価な蜂の子はミツバチが使われることが多いそうです。

 

蜂の子の缶詰を食べてみる!

缶詰は友人からの「もらいもの」です!

今回は、友人から「蜂の子の缶詰」をもらったんですよ。

外箱はけっこーオシャレなので、まさか中身が蜂の子の缶詰だとは思えませんよね・・・!

 

中に入ってるのはこんな感じです!

この缶詰は、さっき説明したクロスズメバチの幼虫だそうです。

 

調理法は「甘露煮」で、砂糖と醤油で煮てるワケですね。

それを今回、食べてみようと思います!

缶詰を開くと、中身がギッシリ!

缶詰はタブがついてるタイプなので、簡単に開封できました。

 

中をのぞくと、なにやらギッシリ詰まってます!

かつて食べたイナゴの佃煮」が目の前に来た時は、けっこー抵抗があったはずなのに・・・

 

そこで慣れたのか、あまり抵抗感がなかった自分にビックリでした笑

まあ見た目もイナゴと変わらないグロさレベルでしたね。

 

だからそんなに頑張らずとも、食べれる感覚でした。

 

でも開封して眺めてる時に、塊がごろっと崩れた瞬間は「こわーーー!!」ってなりました笑

「生きてるワケない」って頭では分かってるのに・・・動くのはやっぱりビビる。

 

あれ?成虫っぽいのもいるけど?!

開封した瞬間に、ちょっと違和感はありましたけどね。

 

てっきり蜂の子って、白い幼虫のことをイメージしてたんですけど。

中を見ると、ふつーに完全体(成虫)に近いフォルムのがいっぱいで戸惑いました笑

いっくん
蜂の子って・・・幼虫のことじゃないの?!

調べてみたら「サナギや成虫」も一緒に入れることもあるんですって。

てっきりサナギぐらいまでを想定してたので、コレには驚きました。

 

まあ提供するところのやり方次第ってことですね!

この缶詰の場合は「幼虫5:サナギ3:ほぼ成虫2」って感じの割合でしたよ笑

 

味はまったく問題ない。

幼虫も成虫も、食感はプチプチしてますよ!

嫌な感じでは全然ないですね。

 

味に関しては、前にテレビで見たときは「栗っぽい」って表現してたけど・・・

それもなんか分かる気がしましたよ。

口当たりが凄くまろやかなんです!

 

これは缶詰加工されてるから、水分量とかも変わってそうだけど。

「より生に近い状態で食べれば、きっとクリーミーなんだろうな」ってイメージできる感じです。

 

雑味は思ったほどなくて、なんか悔しいけど味にはまったく抵抗感がない笑

 

甘露煮だから調味料の味は濃いめだけど、蜂の子の風味もしますよ!

いっくん
ちょっと植物っぽい独特の香りです。 

スポンサーリンク

興味があったらトライ!

蜂の子は日本の伝統的な食文化の1つだし、食べたことある人も周りにいるからか・・・

ゲテモノって感覚はあんま抱きませんでしたね。

 

まあ、見た目はけっこーリアルでグロいかもですけど。

 

もし食べる機会があるなら、挑戦してみるのもアリだと思いますよ。

ぶっちゃけ、味見で少しだけ食べれれば十分な感じではあります!

 

コレをご飯にかけるっていうスタイルもあるみたいですけど・・・私的にそれはナシかな。

好奇心が冷めやらぬ方は、ぜひチャレンジしてみてください!

いっくんのまとめ

今回は、蜂の子を食べた感想でした。

 

すげー気になってる食べ物だったので、チャレンジしてちょっと満足でした笑

 

まあゲテモノ系って、素材や調理法で味が全然変わるっぽいのでね。

当たり外れが大きいのも覚えておくべきかも!

 

味としては「可も無く不可もなし」って感じです。

ただ経験値として、食べるのは面白いと思いますよ!