自動車保険の更新が近い!「インズウェブ」の一括見積もりサービスの使い方とは?

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

自動車保険の乗り換え」を考えてる方へ!

保険の更新時期が近づくと、「乗り換え」を検討される方も多いと思います!

 

うちも更新が近づいたので「今より安くなるかも?」と期待して、保険の比較サイトで一括見積もりしてみました!

今回はその流れを書いていきますね。


自動車保険の見直しをしてみた!

自動車保険の満期日が近い・・・!

gahag-0037375422-1-1

みなさんは「自動車保険」って定期的に見直してますか?

私は保険の更新時期が近づくと、いつも「乗り換え」を検討しますよ!

 

今回、自動車保険の乗り換えをテーマにしたのは、ちょうど保険の更新時期が迫ってきたからです笑

いっくん
実はあとわずか10日で、今加入してる自動車保険の満期日なんです笑 

 

更新時期になると「保険の見直し」をしてます。

今は「チューリッヒ」に入ってて、年間保険料は34000円です。

 

これでもコンパクトカーの自動車保険としては、けっこー安い方だと思います。

ちなみに、私はここ4年ぐらいで自動車保険を3社変えてるんですけど・・・

 

ぶっちゃけ変えるごとに安くなってるんですよね笑

 

今回はチューリッヒと同条件の補償内容で、もっと安いところを探そうと思ったワケです!

 

自動車保険の見積もりサイトを利用する!

ネットで自動車保険のプランを調べる時って、やり方は2通りありますよね。

①各保険会社にアクセスして、条件を入力していく

②一括見積もりサイトで、複数の保険を同時に調べる

 

でも個別に複数の自動車保険会社のホームページに尋ねて、条件を毎回入力するのってめっちゃ手間ですからね笑

私はそんなことに時間を割きたくはないので・・・

 

できるだけまとめて評価できるように、一括見積もりを利用しましたよ!

今回はその流れを書いていきますね。

 

一括見積もりサイトの「インズウェブ」を使う!


比較サイトはいくつかある

自動車保険の一括見積もりって、いくつかサイトがあるんですよね。

 

確か、前回やった時は「価格ドットコム」でした。

価格ドットコムは知名度も高いからもともと知ってたし、検索してすぐ目に付いたから利用した感じ!

 

でも今回は価格ドットコムでは無く・・・

一括見積もりサイトの「インズウェブ」を利用しましたよ!

 

インズウェブを使った理由は?

価格ドットコムのサイトでは、見積もりに参加してる会社は次の6個です。

「チューリッヒ、アクサダイレクト、イーデザイン損保、三井ダイレクト損保、SBI損保、セゾン自動車火災保険」
つまり、この中で比較検討する感じです。

 

それに対してインズウェブは、見積もりに参加してる会社は「9社」あります!

上の6つの自動車保険に加えて「セコム損保、ソニー損保、そんぽ24」がプラスされてます。

 

どうせならすべて一括でやった方が手間がかからないし・・・

これまでインズウェブは使ったこと無かったので、どんなんか試してみたくなったんですよ笑

 

今回、試しに「インズウェブ」で見積もりをとってみました!

インズウェブのトップページに入ってみる!

トップページの印象・・・!

インズウェブのトップページに入ってみます!

私はけっこートップページの作りを見て、違和感があったら使わない人です。

 

正直な感想として、パッと見はちょっとイケてない笑

でも使う上では問題はなさそうですね。

 

私的には「利用者900万人突破!」ってとこが大きな安心ポイントでした。

 

まあこの会社の存在はけっこー前から知ってたし・・・

いっくん
実際に利用してる人もたくさんいるって事ですからね!

情報をどんどん入力していく!

ここからは、順を追ってザックリした流れをみていきましょう。

 

トップページから「一括見積もりスタート」のボタンをクリックしてからは・・・

ひたすら情報を入力していきます!

 

準備するのは「今使ってる自動車保険の保険証券」と「免許証」ぐらいですね。

 

必ず車の「型式」「初年度登録月」や「保険の満期日」「等級」などの情報は必要になってくるのでね。

今まで加入してた自動車保険の証券を見つつ入力するスタイルになります。

 

入力する内容は、どこの見積もりサービスでも一緒ですね笑

 

確認しながら入力するのってけっこーめんどくさいけど・・・

こればっかりは必要なので、頑張りましょう!

 

個人情報の入力もしていきましょうね!

 

希望の補償内容や金額を決めていく!

「補償される運転者」

補償内容を選ぶときに、みんなが関わってくる内容の1つ。

 

「補償される運転者」の項目がありますよね?

ここでは「家族以外も補償」「家族全員を補償」「本人のみを補償」って感じで、大きく3つに分かれます。

 

私のおすすめは家族以外も補償です!

みなさんにも、試しにそれぞれのパターンで見積もりしてみて欲しいんですけど・・・

 

「本人のみ補償」と「家族以外も補償」の場合で、たかだか数百円~千円ぐらいしか変わらない笑

 

それなら友達と車で遊びに出かけたりして運転を代わってもらうことも考えれば、家族以外も補償範囲にした方がいいですよね!

 

「運転条件」

それに対して、金額が大きく変わるのが「運転者年齢条件」の項目です。

コレはよく考えて決めた方がいいですよ。

 

運転者の年齢は、若いほどリスクだと捉えられるので・・・

対象範囲を20歳~とかにすると、かなり高くなりますよ!

 

「25歳以上」と「30歳以上」とで、数千円以上値段には開きが出てきます。

 

自分の年齢が基準になるのはもちろんですけど、他に運転する人の年齢もしっかり考慮しましょうね!

 

メインとなる「補償内容」や「保険金額」を選ぶ!

はい、ついにここまできました。

保険の乗り換えで最も重要な「見積もり希望の補償内容および保険金額」を決めていく作業ですね。

 

こういうのって、ヒジョーに分かりにくいですよね。

説明文を読んだだけでは、どれだけの金額をかけるべきなのか自分では判断しにくい。

 

そこで私なりの簡単な指標は・・・大多数が選んでるプランを選択すること。

いっくん
これが最も分かりやすいし、実は凄く合理的です。

 

簡単にまとめていきますね。(参考:インズウェブのご利用者の動向データ)

対人賠償責任保険金額:98.8%の人が「無制限」を選択

対物賠償責任保険金額:94.2%の人が「無制限」を選択

人身傷害補償金額:73.8%の人が「3000万円」、16%が「5000万円」を選択

搭乗者傷害保険金額:80.6%の人が「1000万円」、12.9%が「なし」を選択

ザッとこんな感じになります。

もちろん、それぞれの項目に対して保険金額はいくつかの選択肢があります!

 

でもこうやって統計的にまとめられたデータを見ても分かる通り・・・

ほとんどの項目にめっちゃ偏りがありますよね?

 

人身傷害は3000万円、搭乗者傷害は1000万円が主流だし。

 

それぞれ意味を紐解けば「ああー、なるほどね。その補償内容なら、確かに自分もこうするわ」ってなります笑

実際に調べてもらったら納得するハズ。

 

補償内容と金額を、簡単に選ぶには統計的に多い選択肢を参考にするのはアリだと思いますよ!

まあ、しっかり理解して選ぶのがベストなのは言うまでもないことですね笑

 

見積もり結果が出るので、比較します!

試算した見積もり結果はすぐみれる!

すべて入力し終えたら、こんな画面になるのでね!

見積もりをクリックしましょう。

 

これめっちゃ比較しやすくないですか?

インズウェブのサイトだけで、おおよその比較がちゃんとできました!

 

私はてっきりインズウェブって仲介だけの役割で・・・

後で各社から送られたデータを自分で比較しなきゃいけないと思ってたので笑

 

これは嬉しい誤算でした!

1つのページにズラッとまとめてあるので、かなり見やすかったです!

 

各社から見積もり結果がメールで来る!

これは私の「Gmail」の画面です。

インズウェブの一括見積もりをしてから、当日中に見積もり結果が送られてきました!(一部の会社は後日)

 

登録してから、30分以内でSBI損保とチューリッヒの2社ぐらいから来ましたね。

それ以外は時間差で1時間とか2時間後に、メールが送られてきました!

 

良いと思った会社があれば、URLから契約画面へ進む!

見積もり結果のメールURLにアクセス!

そして気になった見積もり結果があれば、その保険会社のメールURLにアクセスすればOKです。

 

私はこれまで「チューリッヒ」に入ってたんですけど・・・

なにやら「SBI損保」が安いことに気付いたので、乗り換えてみることにしました!

 

入力条件はちゃんと反映されてた。

ちなみに、これはSBI損保の申し込み画面ですけど・・・

さっき頑張って入力した情報は、そのまま引き継がれてましたよ!

 

また「入力し直し」とかだったら、一括見積もりサイトを使うメリットがないからね!

いっくん
ちょっと安心しました笑

ここではさっき入力した内容をチェックしていく感じですね。

 

ちなみに、会社ごとで独自の入力すべき項目もあったりするのでね。

そういった細かい条件は空白になってるので、穴埋めしていきましょう!

 

SBI損保に乗り換えた!

 

私は今回、SBIが気に入ったので乗り換えました!

これまで34000円だったのが、今回の乗り換えで保険料は27000円になりましたよ。

いっくん
一括見積もりしたおかげで、年間7000円の節約効果・・・!

こういったひと手間を加えるだけで、節約できるのはめっちゃメリットだと思います!

 

見積もりサイトの使用感はけっこー良い!

インズウェブは今回初めて使ったサービスでしたけど・・・

 

ふつーに操作もスムーズだし、使っててまったく違和感なかったですね。

入力しにくいとか、画面が見にくいとかもないし。

 

あ、ちなみに私は営業マンの電話が死ぬほどキライなんですよ。

以前、保険じゃなくて「引っ越しの一括見積もり」をしたことがあって・・・

 

しばらく怒濤の電話がかかってきて超ウザかったのを経験してるので。

今回も実は、ちょっと心配してたんです笑

 

でもインズウェブでは入力画面の途中に「専門スタッフからのアドバイスは受けますか?」って感じで選択できます。

私はもちろん「NO」にしました笑

 

その結果・・・営業マンからの電話もまったくこなかったので好印象です!

メールで見積もり結果が、各社から1~2回ずつ送られてきて終了ですから。

 

めっちゃあっさりしてるし、営業嫌いな人にとっては凄く嬉しいですよね?

「営業されるとウザいな・・・」って思ってる人にはおすすめですよ!

 

いっくんのまとめ

今回は「自動車保険の一括見積もり」の使用感についてでした。

 

初めて使うサービスなので、少し不安感はあったけど。

実際使ってみたら、かなりスムーズに見積もりできました!

 

定期的に乗り換えを検討すれば、安いところが見つかるはずですよ!

そうじゃなくても、生活スタイルの変化があれば見直すと安くなるかもしれません。


保険の更新時期が近付いてる時とか、試しにやってってみましょう!