【Googleアドセンス】プログラムポリシーの違反通知がきた時の対応。

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

ブログでGoogleアドセンスを利用してる方へ!

実は先日、Googleアドセンスのプログラムポリシーから違反通知がきました笑

 

心当たりがなかったので、かなりビックリしました笑

この記事で通知がきた違反内容と、それに対する私の対処を簡単にまとめていきますね!

 

スポンサーリンク

AdSenseポリシーの違反通知が来た。

ブロガーにとって、Googleアドセンスは欠かすことの出来ない重要なツールの1つです。

アドセンスの広告収益目当てにブログ運営してる人もいて、大事な収益源ですからね。

 

しかしその一方で、Googleアドセンスは利用する上で厳しい利用規約が定められてます!

Googleは広告を仲介する立場として、モラル上問題のあるコンテンツに企業の広告は載せられませんしね。

 

スポンサーリンク

アドセンスプログラムポリシーから違反通知がきた!

アドセンスプログラムポリシーとは?

Googleアドセンスを利用する際、私のようなサイト運営者はプログラムポリシーを遵守しないといけません。

 

アドセンスのプログラムポリシーでは、規約に反する事項が細かく定められてます。

  • アダルト
  • 出会い系
  • 暴力、武器および兵器
  • お酒やタバコの販売
  • 危険ドラッグや薬物
  • ハッキング、クラッキング

こういったコンテンツに対して、アドセンス広告を貼るのはタブーとなっています。

 

規約に違反した際のペナルティがかなりキツいので・・・

ブロガーやアフィリエイターは、ルールに違反しないように意識して記事を投稿してますよ!

 

規約にはハッキリこう明記されてます。

Googleの許可のないポリシー違反があった場合、Googleはいつでもサイトへの広告配信を停止したり、AdSenseアカウントを無効にしたりする権利を行使できます。

いつでもアカウントを無効にできる」ってとこが恐ろしすぎますね笑

アカウントを無効にされたら、もう自分名義のアドセンスは利用できませんし!

 

Googleからメールで通達が来て発覚した。

今回、アドセンスのプログラムポリシーから違反通知が来たワケですけど・・・

 

Gmailをチェックしてた時に気付きました。

Googleから「AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポート」っていうタイトルでメールが届いてたんです。

 

もうタイトルからしてイヤな予感しかしない笑

一体何が引っかかったのかすぐ確認しました!

 

まさかの記事が「性的コンテンツ」扱い?!

内容を確認してビックリしたんですけど。

2年ほど前に書いた記事が、まさかの「性的コンテンツ」として扱われたようです。

 

知的障害者施設の利用者さんの同性愛」と「入院中の看護師による入浴介助」の記事です。

かなりの時間差で違反通知をくらいました笑

 

ちなみにダイレクトに卑猥な内容でなかったとしても・・・

間接的にそう捉えられるコンテンツは違反となります。

 

特定の記事に対して、広告配信が制限されていた。

違反通知を受けた段階で、通常はGoogle側から何らかの違反措置が発生してます。

 

今回は幸いなことに、ペナルティは該当2ページ単位での「広告配信の制限」でした

あとは違反とみなされた記事から、性的な内容だけ消去すればOKってことです。

 

基本的にペナルティを改善するまでの猶予は、3営業日以内といわれています。

これ以上もたつくと、さらなるペナルティが課せられる可能性がありますからね!

 

Google側は取るべき対応を示してくれる

Google側は親切にも、対策すべき方針も教えてくれます!

 

Google側から提示される方法は以下の2つです。

1.違反内容を修正して、広告コードを残した状態で審査をリクエストする

2.広告配信リクエストを停止する

ちなみに具体的にどの部分がペナルティーかは指摘してはくれませんので。

あくまで自己判断で修正することになります!

 

特定の記事から広告を除去する!

違反通知は以前も受けたことがあった。

実は私、違反通知が来るのは今回が初めてではありません。

今はブログ運営して3年目ですが、1年目にも1件違反通知が来たことがあります!

 

その時は対象の内容と思われる部分をゴッソリ削除した経験があります。

書き直してからGoogleに審査を要求したら、すぐに認められましたよ!

 

もしそこで再びアウトをくらったら、また書き直しになります。

 

広告配信リクエストを停止することにした。

記事内容を訂正するか、もしくはそのページからGoogleアドセンスを除去すればいいという事ですけど。

 

記事内容を変更する場合、コンテンツそのものが消えることになりそうだったので。

それならばPVを稼ぐためにコンテンツは残しておいて・・・

 

2つの記事だけアドセンスを外した方が賢明だと思いました。

なので今回は、特定記事から広告配信リクエストを停止することにした。

 

プラグインで特定記事からアドセンスを除去する!

アドセンスを挿入する仕方は、人によって色々だと思います。

 

・最近流行ってる「自動広告」で表示する

・プラグインを使って挿入する

・手入力で挿入する

手入力で挿入するのは、よっぽどこだわりのある人ですよね。

多くの人はプラグインを利用してアドセンスを挿入してると思います。

 

私は定番の「Quick Adsense」というプラグインで、ブログにアドセンスを挿入してます。

ここではQuick Adsenseを利用してる人が、手っ取り早くAdSenseをページから除去する方法を書いていきます!

 

ちなみに、自動広告の場合はGoogleアドセンス側で非表示設定ができるようになってますよ。

 

「Widget Logic」で、特定ページからアドセンスを除外する!

特定ページからアドセンスを除去するのに、私はプラグインの「Widget Logic」をおすすめします!

 

まずプラグイン検索で「Widget Logic」をインストールして有効化します。

 

Quick Adsenseでは、通常はウィジェット画面にある「AdsWidget」でアドセンスを挿入しますけど。

 

「Widget Logic」のインストール後は、各ウィジェットの一番上にこんな表示が出てきます。

「ウィジェットのロジック」と書かれた空欄に、アドセンスを除外したい記事のID番号を入力すればOKです。

 

以下の記事IDと書かれた部分に、該当する数字を入力すればいいんです。

「!is_single( array( 記事ID,記事ID ) )」

 

ちなみに記事IDはどうやって調べるかというと・・・

各記事の「投稿の編集」画面を開いた時に、上のURLに表示されますよ。

 

私はこうやって2件のページから広告をすべて指定除去しました。

広告を除去した場合は特に申請リクエストをする必要もないので、そのまま放置でOKです。

 

これでGoogleからのポリシー違反も解決です。

この方法ならPHPとか細かい設定をいじらずに済むのでおすすめですよ!

 

いっくんのまとめ

今回は、Googleアドセンスの「プログラムポリシー」の違反通知についてでした。

 

一番ダメなのはポリシー違反とされてるにもかかわらず、それに対して明確かつ適切な対応を取らないことです。

Google先生を怒らせるとコンテンツ単位での広告制限どころか・・・

サイト全体の広告停止やアカウントの剥奪にも繋がりかねませんので。

 

絶対起こしたくない状況を避けるためには、特定ページから広告を除外する方法は比較的リスクも少ないですしね。

コンテンツの内容もそのまま生かせるのでありだと思います。

 

私みたいにこれまで大丈夫だった記事が突然アウトになる場合もあるので、他人事とは思わずに注意しましょうね!