ヒップホップのマイナスをプラスに変える発想は、ブログにも通じる?

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

みなさんはヒップホップ(ラップ)って聴いたりしますか?

自分のネガティブな部分も強みに変えて、発信するヒップホップですけど。

 

ふと気付いたのが、ブログとヒップホップって似てません?

今回は、私がそう感じる理由を話していきますね!

 

スポンサーリンク

短所を強みに変えるヒップホップが人気!

みなさんはヒップホップって聴くことありますか?

もともとアメリカ発祥の音楽で、貧困に苦しむアフリカ系アメリカ人が作りだしたものです。

 

最近ヒップホップの人気がまた復活してきてるんですよね!

テレビ番組の「フリースタイルダンジョン」の影響もあって再燃してるみたいですね。

 

自分の不遇を正直に話した上で「それでも俺は負けねえ、のし上がってやる」って感じの・・・

ストレートな表現スタイルが特徴的ですね!

 

ヒップホップの基本スタイルって、短所を強みに変えるところなんですよね。

 

スポンサーリンク

ヒップホップは「マイナスをプラス」に変えるもの!

ヒップホップは、マイナスをプラスに変える!

ヒップホップはマイナスをプラスに変える強さがあります。

今人気の「ラップバトル」なんかでも、みんな自分のマイナス面を武器にしてます。

 

自分自身の暗い過去を、あえて自分から曝け出していくワケです。

「恵まれずに、不遇な環境だったけど、こうやって今ここに立ってる!」って感じでね。

 

それが観てて気持ちいいんですよね。

初めて見た時には斬新な発想だと思いました・・・!

いっくん
隠したいハズのマイナス要素を、自ら言っちゃうのは凄い!

表現のためならどんな言葉でも使う。

ヒップホップは、ストレートな言葉遣いをするのも特徴的ですね。

 

もはやタブーとされるものが無いぐらいな印象です笑

どんな言葉でも必要なら盛り込みますからね。

「貧困」「経済格差」「犯罪」「いじめ」「社会風刺」などなど。
いっくん
アーティストの「般若」や「アナーキー」の曲を聴けば分かりやすい。

みんなが言えないことを言える。そこに価値がある。

日本では「本音と建前」で形骸化したやりとりが多いし。

心の中で思ってても、本音はなかなか言えない事がありますよね。

 

でも周りからどう思われようが、自分の感情や思想を発信するんですよ。

「心の闇」「恨み」「孤独」「怒り」みたいなリアルな内面も歌詞に乗せるし・・・

 

意外にもヒップホップって全体に向けてのメッセージ性が強いです!

先ほどのマイナスをプラスに変えるって話もそうだけどね。

 

ほとんどの人が言えない言葉をだからこそ、聞く人が同じ思いをしてたら共感レベルが高いワケです!

 

ブログとヒップホップは似てる!

ブログと似てるところがある

ブログもヒップホップと似てると思うんですよね!

 

自分自身の過去のネガティブな体験さえも武器にして発信していく。

 

失敗って個人レベルだとマイナスでしかないものだけど・・・

それを経験論として人に伝えれば「プラス」に転換できるんですよね!

 

むしろ失敗例こそが、他の人にとって有益だし。

 

ブロガーはヒップホップにハマるかも。

ブロガーはヒップホップにハマると思う。

 

プロブロガーの「宮森はやと」さんも。

今はもう辞めちゃったみたいですけど、一時期ラッパーに転向してましたよね。

 

私はブロガーがヒップホップに興味を持つのは自然なことだと思ってます!

 

ブログとヒップホップの共通性!

自分の意見を自分の言葉で発信して・・・

そこにネガティブな経験も遠慮なく盛り込んでいく。

 

ブログもヒップホップも、共通性はかなり高いですよね!

 

ちなみに私で例えるなら、中学時代に経験した交通事故手術後の苦痛がそれです!

自分の中では100%マイナスの体験を発信して、その事実にプラスの価値を持たせられる。

 

それが出来るブログやヒップホップには、同じぐらい価値を感じてますよ!

 

いっくんのまとめ

今回は、ブログとヒップホップが似てるというお話しでした。

 

どちらにも共通していることは自分のマイナスの経験をプラスに変える事ですね!

アプローチの仕方は違うとはいっても・・・

 

やってる事の考え方は凄く似てるなーって思います!

ラップを食わず嫌いしてるブロガーさんでも、しっかり観てみたらハマる気がしますよ笑