【失敗談】臨床検査技師として採血をやり始めた頃は失敗しまくりだった!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

私は臨床検査技師で、病院で毎日80人位の「採血」をしていました。

 

病院では「採血の失敗」って普通に起こります。

私もそうだったけど、不慣れなうちはけっこー失敗します。

 

患者さんの中には血管が細くて採血困難な人もいるし、クセのある患者さんもいたりするのでね!

今回は採血の失敗例なんかをまとめましたよ!

 

スポンサーリンク

採血の失敗は普通にある!

採血をやり始めた頃は、失敗しまくる!

臨床検査技師として医療現場に出ると、いつか採血をやらされますよ。

 

でも国家資格を取得してるからといって・・・

すぐに実務ができるワケじゃないのでね!

採血なんて、みんな学生の時にちょっとだけ学生同士で練習しただけだし!

 

だから採血を担当するようになって、最初のうちは失敗しまくるわけですよ笑

私も最初の頃は何度も失敗しましたよ。

 

患者さんから部屋に響くぐらい大声で怒鳴られたりもしたし笑

まあ現場に出てから失敗を重ねつつ、経験値を積んでうまくなっていくものです。

 

患者さんの中には、色んな理由で採血困難な人がいる

採血がどんどんうまくなっても、それでもやっぱり失敗することはありますよ。

 

患者さんの中には、色んな理由で採血困難な人がいるんです!

腕の血管が細すぎて見えない人もいるしね。高齢者や、女性や子供に多い傾向ですけど。

 

血管がない人なんて存在しないんだけど・・・どう見てもないことがあります笑

「あの患者さんの血管はマジで見えない!」って、採血スタッフ同士で話すことはよくあるし。

 

しかも中には、採血への恐怖心から抵抗したり、採血中に意識を失っちゃうような人もいあるのでね。

色んな理由で採血を失敗することがあるんですよ。

 

ここからは、印象に残っている採血の失敗例をあげていきますね!

 

スポンサーリンク

印象に残っている採血の失敗例!

何をどうやっても血管が見えない人!

血管が細くて、分かりにくい人ってけっこーいます。

 

そういった時は・・・

・「手の甲の血管」を探してみたり

・腕を温めて血管を浮き上がらせたり

・腕を下にして「グーパー」させたり

・血管を軽くパチパチ叩いてみたり

 

色んなことをやって、少しでも血管を浮き上がらせて穿刺しやすくしていきます。

でもどうやっても出ない人が存在するワケですよ。

 

車いすに乗ったガリガリの高齢者とかに多いですけどね。

そういった方は「私の血管は見つけにくいみたいで、いつも何回も刺されるの・・・」っとか教えてくれます笑

 

一発でとるつもりで頑張るんですけど、うまくいかないことも多いです。

でも変な話、みなさん失敗されるのに慣れちゃってるのでね・・・!

 

失敗してもけっこー寛容でいてくれます。

自分が2回連続でやってもしダメだったら、他の人にバトンタッチしてなんとかとりますよ!

 

「ここから取ってくれ!」って採血困難な場所を指定する人

取りにくい場所の血管を指定されるケースもありました。

 

しかも採血が明らかに難しそうな場所なんですよ!

他にはとりやすい血管がいくつも見えてるから「失敗するかもしれないので、別の血管で取らせてください」って頼んでもダメ。

 

ミスを覚悟で採血したら見事に失敗するわ、キレ始めるわでけっこー最悪な展開になりました。

「だから最初からこっちがとりやすいところでやらせてよ!」って思いましたけどね。

 

これを機に、採血の主導権は自分が持つことを意識するようになりました笑

 

「先端恐怖症」の採血はかなりリスキーだった!

先端恐怖症の人が来ることもあります。

 

もう採血前の待合室にいるときから、恐怖でガクガクブルブルしてるんですよ。

採血台の前に座ってもらって、こっちが針の準備とかをし始めると・・・

 

もう顔を思いっきり横に向けて、針を見ないように必死です!

針を刺す前にアルコール消毒をする時点で、「痛い!痛いよーー!」って叫んだり。・・・イヤまだ刺してねーから!

 

針を刺した瞬間に絶対に動きそうなので、他のスタッフに頼んで身体を抑えてもらいます!

それでも刺した瞬間に腕を引っ込めたので、針先が動いてかなり危険でした。

 

結局は駆血帯をした状態で針が抜けたので、血がぼたぼたと垂れる事態に笑

日を改めて採血することになりましたよ。

 

刺青が入ってる人は、血管が分かりにくい・・・!

病院には来る患者さんの中には、もちろんアウトローな感じの人もいるワケですよ!

 

色んな両腕にがっつり刺青を入れてる人もいます。

最初に遭遇した時はけっこー緊張しました笑

 

ちなみに、入れ墨があると血管はマジで見えにくいです!

 

通常採血の時って、皮膚表面を指でなぞって血管の位置や弾力を確かめますけど・・・

入れ墨が施された皮膚って、感触も普通と違うんですよね。

 

もはや皮膚じゃないみたいで・・・「すべすべで無機質なナニカ」って感じです。

 

あと、入れ墨が入ってる人に多いパターンとして。

やたらと「俺は針刺し慣れてるから大丈夫」ってアピールしてきます。

 

でも採血したらふつーに痛がるし、ミスったらふつーにキレます笑

 

子分を連れてくるヤクザが怖かった・・・

採血を受けに、〇〇組系のヤクザが来ることがありました。

 

その地域では有名だったので、そっち系の人はスタッフもすぐ分かるんです。

採血を受けに来た本人は60歳過ぎの貫禄のある風貌で、話すとけっこー気さくないい人でしたけど・・・

 

マジでやめて欲しいのが、威圧感が抜群の子分がついてきてたこと笑

見た目からして明らかにそっち系で、他の患者さんもビビってるし・・・!

 

「アニキはここの病院を気に入っちまってるんで、兄ちゃんどうかよろしく頼むよ」って感じでさり気なく私にプレスをかけてくる。

 

脳内変換すると「今後も来るからな、失敗したらタダじゃおかねーぞ」的なニュアンスなんですよね笑

 

後ろからずっと睨んでて緊張するし。この時は私も平常心を失いました笑

アニキは入れ墨がガッツリ入ってたので、緊張も相まって失敗しちゃいました・・・!

 

まあ本人は怒らなかったし、子分もさすがにキレなかったので。

再採血で事なきを得ましたけど、あれは印象に残ってる失敗例でしたね!

 

ムリそうなら交代するのがベスト!

自信がない時はだいたいミスる

私は採血を始めた時に「ムリそうだな」って直感が働くときがあります。

 

そういう時って、トライしてもけっこーな確率で失敗しますよ。

いきなり難しいのにチャレンジして、大きな成功体験を積もうとすると痛い目をみます笑

 

まずはスライムを倒しまくって、レベルが上がってからメタルスライムを倒せばいいんですよ!

 

採血で慣れてないうちにありがちですけど・・・

ムリして失敗した時とかって、その失敗を引きずってその後の採血の成功率も下がるんですよね。

 

負の連鎖に入ってしまって、それで採血ができなくなるならムリしない方がいい。

患者さんに負荷を少なくするのを第一に考えて、無謀な賭けに出るのはやめましょうね!

 

毎日やってりゃイヤでもうまくなるから、少しずつ成功体験を積み重ねて精度を上げていくのが大事。

 

厄介な患者さんの時は、挑まないのもアリ!

私がホントに入職して間もない頃の話ですけど。

 

入れ墨びっしりのヤクザっぽい患者さんが来たことがあったんですけど・・・

その時は敵前逃亡して先輩に代わってもらいましたよ!

 

採血失敗して、採血室で怒鳴られたら二次被害が生まれかねないし。

賢明な判断だったと思ってます。

 

まあその先輩には軽く睨まれましたけど笑 誰だってヤクザの採血なんかしたくないもんねw

 

ムリに挑むよりも、自分より上手な人にバトンタッチするのも大切ですよ!

そういう判断も大事です!

 

いっくんのまとめ

今回は、採血の失敗例についてお話ししました。

 

採血はある程度の範囲であれば誰もが同じようにできるものだけど・・・

採血困難な腕を持つ人とか、クセがある人が来ると急激に難しくなるんですよね!

 

失敗することは何も珍しくない。全国の病院で日々失敗が繰り返されてますよ笑

でも色んな血管のパターンにかち合って、数をこなしていく中で成功率はアップします!

臨床検査技師が採血を受ける患者さんに知って欲しいこと【まとめ】

2017.09.17