エンジンがかからない原因は「プラグかぶり」だった!【JAFで修理】

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

つい最近、車のエンジンがかからなくなってJAFを呼びました笑

「エンジンがかからない=バッテリー上がり」かと思っていたら・・・

 

バッテリーが原因ではなかったんですよ!

「プラグかぶり」という現象で、今回初めて体験しました。

 

スポンサーリンク

車のエンジンがかからない!

自宅の車庫でエンジンがかからなくなった!

みなさんは車のエンジンがかからなくなったことってありますか?

 

私は先日、自宅の車庫でまさかのエンジントラブルを起こしましたよ笑

その時は洗車をするために、車庫からほんの少し手前に車を移動させたんです。

 

そして洗車が終わって車を元の位置に戻そうと思ったら・・・

その時にはエンジンがかからなくなってました!

 

バッテリーが原因だと思い込んでた!

エンジンがかからない原因って、ほとんどはバッテリーなのでね。

 

私はその瞬間「原因はバッテリー上がりだ!」って自信満々に決めつけてました笑

でもその反面、違和感もあったんですよね。

 

だってその時はヘッドライトとかもつけてないし、バッテリーは3カ月前に交換したばかりだったので!

 

スポンサーリンク

JAFを呼ぶことにした。

私はすぐに「JAF」を呼ぶことにしました!

 

JAFは全国的に有名な、自動車トラブルのためのサービスですね。

私はかつて車のタイヤが道路の側溝にハマった時に使ったことがありました笑

 

状況を説明する時には「自宅の車庫でバッテリーが上がっちゃいました」って伝えましたよ。

 

スタッフから「40分ぐらいで到着できます」って言われたけど、たったの25分で到着しました!

JAF申し込み

「プラグかぶり」が原因だった!

「スパークプラグ」が濡れたことが原因だった!

JAFのスタッフは、家の前にトラックを止めてすぐに作業を始めました。

 

「じゃあ早速バッテリーの電圧を調べてみますねー」って感じで。

テスターの機械をバッテリーにセットしていきます。

 

そして「あ、バッテリーは大丈夫そうですね!」っていうまさかの一言が!

いっくん
バッテリーが上がったワケじゃなかったらしい!

「もしかして、少しだけ車を移動させたりしました?」って聞かれたので。

洗車のためにほんの少し移動させたことを伝えます。

 

「あー、じゃあそれですね!中のプラグがかぶってる(濡れてる)んだと思います!」って言われました。

 

プラグが濡れるとエンジンがかからなくなる?

エンジンがかからない理由が、プラグが濡れてるせいって言われてもピンと来ないですよね笑?

 

エンジンが始動する仕組みを説明すると・・・

通常はエンジンをかけた時に「スパークプラグ」が火花を飛ばして、霧状にしたガソリンに引火するんですよ。

 

もしプラグの発火部分が濡れた状態だと、火花が散らなくなるワケです。

だからいくらエンジンをかけても始動しなかったんですね!

 

これが「プラグかぶり」って呼ばれる現象なんですって。

いっくん
JAFいわく、自動車トラブルの原因としてはけっこー多いそう笑 

プラグかぶりの一番の原因は?

プラグかぶりが起こる原因ですけど。

 

一番の原因は、短時間でエンジンを止めることだそうです!

今回は車を1mだけ移動させて、すぐにエンジンを切ったのでまさしくそれ笑

 

こういった運転をすると、プラグが燃料で濡れたままになっちゃうんですって。

 

ちなみに普通に運転してれば、こういったトラブルは起きません。

車を移動して多少でもエンジンかけたままにしておけば、プラグに付着した混合気も気化するから問題ないんですよ。

 

今回はホントに一瞬でエンジン切ってしまったのでね笑

あまりにも短時間過ぎて、気化せずに燃料が残ったままになったんです。

 

スポンサーリンク

JAFに修理してもらった!

プラグを取り出して、水分を拭き取ってもらった!

今回は、プラグかぶりが原因だって検討がついたのでね!

 

まずプラグを取り出して、本当に濡れてるか確認する作業に入ります。

スタッフは4本あったプラグをすべて引っ張り出しましたよ。

 

その様子を後ろから眺めてたんですけど、さすがは専門のスタッフですね笑

迷いなくテキパキと作業は進んでいきました!

 

そしてプラグの湿り具合を確認してみると・・・

やっぱり湿ってたみたいで、先端を布で拭き取っていきました。

 

なんとかエンジンがかかった?!

それからエンジンをかけてみたけど、まだエンジンはかかりませんでした!

 

スタッフは「あれー?普通はこれでかかるはずなんだけど・・・しつこい感じですねー」って言ってて。

ちょっと雲行きが怪しくなってきました笑

いっくん
まさかJAFでもダメなパターンか?

スタッフはそれから何度も何度もエンジンをかけようと挑戦しました!

「きゅるる・・!きゅるるるる!」ってね。

 

これダメっぽいなって諦め始めた頃になって・・・なんとかエンジンがかかりました!

いやー、マジで良かったです。

 

ちなみにしつこくエンジンをかけようとしたのは、気化を促してたそうですよ。

JAF申し込み

プラグかぶりを起こさないために!

今回は「スパークプラグのかぶり」が原因でした。

 

プラグかぶりは、わずかな距離や超短時間の車移動がきっかけとなります。

いつでも起こり得るけど、特に冬場に増えますよ。

 

プラグがかぶらないための対策としては・・・

車を少しだけ動かす時は、エンジンをしばらくかけ続けてエンジン音が馴染んだらストップすればいいそうですよ。

 

そっこーでエンジンを切ると「プラグかぶり」が起こる可能性があるって覚えておきましょう。

 

ちなみにバッテリー上がりとの見分け方もあって・・・

「セルモーターが回る音はするのに、エンジンがかからない」時は、プラグが原因の可能性が高いです!

 

いっくんのまとめ

今回は、エンジンがかからなくなってJAFを呼んだ話でした。

 

てっきりバッテリーが原因かと思っていたら、まさかの「プラグかぶり」っていうね笑

でもスタッフは相変わらずスピーディーに作業してくれましたよ。

 

私はこれまでプラグかぶりを知らなかったので、いい勉強になりました笑

みなさんの周りにも、意識せずに車に乗ってそうな方がいたら教えてあげましょう!

 

ちなみに私はJAFの会員なので、作業費はもちろんタダでした。

こんなケースもあるので、もしものために入っておくと安心ですよ!

JAF申し込み