私が大学1年生の頃に「転学部・転学科試験」を受けた理由とは?

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

私は大学生の頃に、転学部試験を受けたことがあります。

「どうして入学した後に転学部試験を受けるの?」

 

そう疑問に思う人は多いと思います。

実際に当時の私も、色んな人から質問されましたから笑

 

この記事では、私が転学部をした理由と、転学部試験を振り返って思うことを簡単にまとめていきますね!

 

スポンサーリンク

大学入学後に「転学部・転学科」をしたいと思った。

医療職として働く私は、かつて文系学部にいました。

わたしは現在、総合病院で臨床検査技師として働いてます。

 

しかし高校卒業して入学したのは、ある大学の「文系学部」でした!

当時の私は経済や経営に興味があって、思考回路もガチな文系です。

 

そんな私が、文系学部をやめて医療系学部へと転向することにしたんです。

 

あるきっかけが進路を変えた。

大学に入ったばかり1年生って、とにかく遊びまくりますよね笑

 

私も最初はけっこー遊びまくってて、よくいるふつーの学生でした。

そもそも大学入学した1年生が、いきなり「文系学部をやめて医療系に移りたい!」っていう風にはなりません。

 

もちろんきっかけがあって・・・私の場合は、大学入学してから父親が亡くなったんですよ。

 

医療の仕事への憧れが生まれた・・・!

当時は突然の事態にかなり衝撃を受けました。

 

父を亡くした悲しみ以上に、経済的な不安やらで頭がいっぱいでした。

「せっかく入った大学だけど、辞めて働きに出るしかないか・・・」って考えたり。

 

自分や家族の今後、さらに自分が何をしたいのかを真剣に考えました。

その過程でフッと沸き起こったのが・・・「今度また身近な人が死んだら、無力感で一生後悔するよな」ってことでした!

 

それからはもう、色んな葛藤が湧き起こるようになりました笑

「医療の勉強して、知識や技術を身に付けて病院で働きたい!」

「いや、でも俺はもう大学を辞めて働かなきゃ・・・!」

スポンサーリンク

学部を変えることを決意。

医療の仕事に就きたい気持ちが勝った!

そんな葛藤を繰り広げて、最終的には医療への気持ちが勝ったので。

 

「医療系の学校に行って、学費は奨学金とバイトでなんとかする」って考えに至りました笑

ちょうど自分の大学には、医療系の学部があったので。

 

参考までにネットで「学部学科のカリキュラム」「国家資格の種類」「学費や一般受験の難易度」なんかを調べました。

 

医療系への転学部を決意。

そして調べていた時に「転学部」っていう制度がある事に気付いたんです。

 

これは試験に合格すれば、大学内の別の学部に移れるっていうシステムです!

他の学校に1から通うのに比べれば、圧倒的に都合が良いんですよね。

 

そこで早速、家に帰って母親に「転学部の試験を受けたい」と相談しました。

「金は自分で何とかするから、受けさせて欲しい」ってね。

 

その時にわたしの母はこう言ってくれたんですよ。

・やらないと気が済まないだろうし、受けてみたら?

・まあどうせ受からないだろうしね笑

私のわがままを尊重してくれた親は、純粋にスゴいと思ってます。

 

「このまま大学に通わせてくれ!」だったら分かるけど・・・

そうじゃなくて「転学部がしたい!」っていうのは、めちゃくちゃ親不孝者ですからね笑

 

転学部試験の対策をしまくって、なんとか合格!

文系から医療系への転学部試験だったので。

 

試験科目は当然、理系のオンパレード。

「英語、数学、国語、生物・化学・物理」でした!

 

必死に勉強した甲斐も無く、筆記試験はダメダメでしたけど・・・

その後の面接試験でかなり熱意を込めて話したのもあって、なんとか合格できました。

 

転学部試験を今振り返って感じること!

転学部はあくまで自己満足の世界。

転学部試験ってホントに特殊だと思います笑

 

大前提として「やる必要性がないもの」だからです。

 

だってもう大学生として新生活がスタートしてるし。

ほとんどの学生はそのまま過ごして卒業するワケですよ。

 

転学部はあくまで自分だけが必要だと思って受ける試験なんです。

完全なる自己満足の世界ですよね笑

 

「転学部する必要ある?」って周りから疑問視されるのがツラい。

「転学部の受験生」っていう立場は、かなり特殊です。

 

大学受験生でも浪人生でもない、ごく少数の存在ですから。

知名度のない試験を受ける立場として、周りからも疑問を投げかけられますよ笑

 

一番キツいのは、せっかく出来た周りの友人から「転学部なんかしなくていいじゃん!」って言われる事です。

まあ周りがそう思うのも当然でしょうけどね笑

 

入学したのにまた受験勉強するなんて理解に苦しむはず。

そんな状況だったので、自分にしか分からない葛藤がありました。

 

ちなみに、転学部してからの人間関係もちょっと不安だったりします。

 

勉強してる間はかなり孤独です。

転学部を考えるってことは、まだ大学1年生か2年生なワケです。

 

みんな毎日バイトやサークルとかで遊びまくってる時期ですよね。

そんな中で「自分だけが勉強している」っていう不思議な感覚を味わいます。

いっくん
私は4か月間、孤独を感じつつ勉強しましたよ笑 

まあ言うまでもなく転学部に受かってからの勉強も、もちろん大変ですけど笑

 

転学部する前までの経験は、ムダじゃなかった・・・!

転学部してしばらくは、文系にいた1年間を「ムダだったな」って思っていました。

 

でも今病院で働き始めて、まったく違った感覚になりました。

医療技術職である臨床検査技師として働く私ですけど、病院経営や検査のコストに興味があるんですよ。

 

これってつまり、もともと文系だった頃の経営に関する興味や考え方が活きてるんですよ。

 

それを踏まえて私が感じているのが・・・

「人生、遠回りしてもムダなことなんてない」ってことです!

 

色んな経験をすれば、それだけ色んな場面で活きてくるんですね!

 

いっくんのまとめ

今回は、私が転学部試験を受けた理由についてお話ししました。

 

きっと私のように、大学に入学してから「やりたい事が見つかる」人はいると思います。

「あっちの学部に行っとけば良かった」「自分が本当にやりたい事が分かった」ってね。

 

そんな思いを感じている方は、転学部でも編入でも挑戦してみれば良いと思いますよ。

 

それでダメでも将来後悔し続ける事はなくなりますし。

うまくいけば新たな人生がスタートしますよ!