【治験バイトは危険?】採血が多くてリスクもある。誰にでもおすすめできるワケじゃない!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

私はかつて治験バイトに参加したことがあります!

巷では治験について「楽して稼げるバイト」って感じで紹介してる人も多いですけど・・・

 

実際に体験してみてそんな素晴らしいバイトだとは思えないので、今回はあえてデメリットをまとめてみました笑

治験に興味がある方は、参考までに読んでみて下さい!

 

スポンサーリンク

治験ボランティアは、本当にお勧めできるバイトなの?

治験とは?

「治験」って言葉は、一度ぐらい聞いたことがある人も多いと思います。

 

治験というのは、薬の効果を調べるための試験のことです!

私たちが普段飲んでる薬って、発売前に必ず「薬の効果や安全性」を健常者で試してるんですよ。

 

製薬会社が新しい薬を開発した際には、治験を実施しないと国がその薬を販売する許可を与えてくれないのでね。

国内で「新薬」や「ジェネリック」の新しい薬を販売するには、必ず治験をする必要があります!

 

治験バイトは楽して稼げる?

治験は健康な成人を一般から公募して行われます。

一昔前は「販売前の段階にある薬を、試しに飲まされる」っていう点で、人体実験みたいな怪しいイメージを持たれがちでした笑。

 

治験希望者に対しては、拘束時間に対する見返りとしてお金が支払われるんですよね!

バイトとは少し意味合いが違うので「治験協力費」って名目でもらえます。

 

一般的には治験バイトって表現されますけ、巷では「楽でおいしいバイト」として噂が広がってます。

治験は入院するのが基本ですけど、入院中は身体を動かさず、マンガを読んだりパソコンをいじって生活する事になります。

いっくん
そこだけ聞くと楽なバイトだと思うはず笑

でも実際に入院した経験を振り返ってみても、そんないいもんでもなかったです。

治験中に友達ができましたけど、みんな「治験はもういいや」って感じですよ笑

公式サイト

スポンサーリンク

治験には危険(リスク)を伴う?

治験が実際にはどんな危険やデメリットがあるものなのか、簡単に説明していきますね。

 

治験薬の副作用は否定できない!

治験で薬を飲むことには多少のリスクはあります。

 

副作用が気になるのは当然のことだとは思いますけど、まあどんな薬でもリスクはあります。

いっくん
ハッキリ言えば、副作用なんて現在流通してるすべての薬にありますから笑 

もしウソだと思うなら、試しに家にある風邪薬や整腸剤なんかの説明書を見てみてください。

副作用としてたくさんの項目が並んでますよ笑

 

でも結局みなさん、そんなこと気にも留めずに飲んでる現状がありますからね。

「リスクはもちろんあるけど、そんなに心配するほどのものではない」という表現が適切かと思います。

 

治験ってこれまで綿密に研究&実験を重ねられた薬ですから。

「最終確認のために健常者で投与する」って感じなので、比較的安全な代物です。

 

しかしながら健康上のリスクは可能性として絶対あるので、「治験バイトは超オススメだよ!」っとは言えません笑

身体に合わなければ強い副作用が出る可能性はあるので、私は自己責任を貫ける人にしか勧められません。

 

私が治験バイトを受けに行こうとした時も、周りから止められました。・・・まあやっちゃったけど笑

 

治験ボランティアは入院途中でも断られるリスクがある?

みなさんご存知だと思いますが、治験は大前提として健康な人しか受けられません。

既に病気にかかってれば拒否されるリスクは高まりますし、治験に参加するにあたっては事前検診で相応しい状態かどうかチェックされますよ。

 

検診では「身長、体重、血圧、採血、検尿、心電図」などを測定して、これに合格しないと治験に参加できませんので!

 

検診の結果、条件に合わないと判断されたらその時点で計画はパーです笑

もし不合格だったら、せっかくの事前検診は徒労に終わっちゃうのは相当なリスクだと思います。

 

事前検診を受かって入院してからも気は抜けません。

入院して投薬開始するまでにも検査があるんですけど、その結果次第では治験を受けられない事もあるんですよ!

 

「事前検診は大丈夫だったけど、入院時の検査結果が悪くて今回は治験できませんってケースは実際にあります。

例えば、入院前にお酒を飲んだり、脂っこいものを食べたり、激しい運動した人とかは検査で異常値が出る可能性がある。

 

それで入院2日目の朝になって帰らされる人もふつーにいました。

2日目に帰らされた人達は断られるなんて想定外の出来事で、バイト代が満額もらえる前提で来てたワケだからね。

 

治験のために予定を空けてるのに、入院する気満々で中止になったらマジでキツい。

「普通にその期間バイトやってれば良かったわー」ってなりますよね笑

 

最後までやり遂げられるかどうかも不確かなのに、その期間のスケジュールを空けなきゃいけないのはリスキーです!

 

自己都合でリタイヤしたら、バイト代がゼロになる。

治験バイトってお金を目的としてやるものですけど。

治験の最大のデメリットは、報酬がもらえるかどうかは最終日まで不確かなところです!

 

ちなみにスタッフから最初に「治験はいつでもリタイヤできますよ」ってアナウンスをされるはずです。

しかし自分都合で途中でリタイアした場合には、バイト代はゼロです!

 

治験の途中でイヤになったり、予定ができてリタイアする人は一定数存在します。

何日も入院して20回以上も採血をされてたとしても・・・バイト代はゼロ。

 

「最終日まで無事にやり遂げて初めてもらえる報酬」だってことを、今一度頭に入れておいた方がいいです。

だから失業中の人とかにはリスクがデカすぎるので、確実にお金が必要な人は普通にバイトした方が堅実です!

 

入院して苦行を味わってバイト代ゼロって・・・ちょっとシビア過ぎる笑

ちなみに病院から断られて帰る場合には、1泊の拘束費としてだいたい1万円ぐらいが支払われます。

 

投薬日は採血地獄になるので、採血が苦手な方は要注意!

入院中に「投薬日」といって、薬を飲む日が設けられてるんですけど・・・

その当日は、1日に何回も採血をされます笑

 

薬を投与してから数時間はベッドの上から降りちゃダメです。

だからトイレにも行けないし、15~30分おきに採血を繰り返されます。

 

「採血するとは聞いてたけど、1日に20回も針を刺されるの・・・?!」ってなります笑

 

薬の効果や副作用を確認するために、これは徹底されてますよ。

なによりも採血の多さがけっこーな苦行です!

いっくん
数時間のうちに15回ぐらい採血された私は、もうやらないと誓いました笑

他に治験で感じたデメリットとは?

食べ物は提供されたモノしか食べれない笑

治験中の食事は、出されたもの以外食べちゃダメです。

 

病院によって量が足りなかったりまずかったりします。

私は普段からコーヒーが好きだし、甘いもの好きで間食もしまくる人なので。

 

入院2日目にして治験バイトのしんどさを実感しました・・・

治験中は嗜好品もまったく断たれるのでね笑 食に対する葛藤が生まれますよ。

 

拘束されることの不便さを感じる。

治験においては決められた日数、病院で入院することになります。

 

入院期間は短いもので2泊3日から、長いものだと3週間以上入院しますよ!

ちなみに私がやったのは3泊4日を2回のパターンです。

 

入院中はできるだけ静かに過ごすように指示されるので、活動的な人には苦行だと思います。

自分のベッドで過ごしたり、共有スペースのソファーや椅子に座ってひたすら時間を潰します。

 

投薬日には1日に何回も採血されますが、薬を投与してから数時間は身体を動かすことができません。

トイレにも行けないし、15~30分おきに採血を繰り返されます。

 

薬の効果や副作用を確認するために徹底されてるんですが、自分の意志で自由に動けないのは思った以上にストレスに感じますよ!

 

集団生活のしんどさ。

治験中は、病院で何泊か入院することになりますけど・・・

入院期間は短いもので2泊3日、長いと3週間以上も入院します!

 

ふつーの入院生活ぐらいのプライバシーや住環境が整えられてるとは思わないほうがいいです。

まったく知らない人達と、同じシャワー室やトイレを使うワケです。

いっくん
潔癖な人には治験は向いてませんよ!

ちなみに私が行った時は大学生が半数を占めていて。フリーターor無職っぽい人が半数、アウトローで怖い人が3人いました笑

24時間知らない人と一緒でもOK、他の人が使ったものを共有してOKって人が受けるべきです。

 

最後まで油断できないストレス

治験で入院期間を2回に分けてやる時とか、長期のスパンになればなるほど油断はできなくなります。

 

1か月の間に3泊4日の入院を2回やる時とか、どうしても外せない大事な用事が入ってくるリスクがあります。

前半はちゃんと出れても、後半が不参加だったらそれまでの苦行が水の泡になるのでね笑

 

治験薬などの影響による体調不良でリタイヤする場合には、途中までの金額が支給される場合がありますけど。

自己都合で途中からリタイヤした場合には、当たり前だけど一銭も出ません。

 

だから一度治験を始めたら「意地でも最後までやり遂げなきゃ!」って感覚に陥ります。

治験バイト中は、最後まで体調管理と生活管理にも気を付けなきゃいけないのでストレスです。

いっくん
やったらやっただけの対価が保障されてるバイトとは違います。

ちなみに治験中に過失なく体調を崩した場合には、それまでの入院に見合った報酬は払ってもらえるそうですよ。

でもこれは「薬の副作用でアレルギーが出た」とか、そういったかなりレアケースになので、まず該当することはないと思います。

 

治験バイトを始めたら、最後まで体調管理と生活管理をしないとダメです。

風邪ひいたりお酒を飲んだりして、治験ができなくなったら即アウトですからね!油断は禁物ですよ!

 

治験バイトの金額は、実はそんなに高くない笑

治験のバイト代は、治験の内容とか主催団体によって金額はまちまちです。

 

薬としては飲み薬が一番報酬は高いです。貼り薬や健康食品の治験もあるにはありますけど、そっちは少し安い傾向。

まあ普通に考えて飲み薬が一番リスクが高いので当然の結果ですね。

 

相場感としては一日拘束につき、1万5千円~2万円ぐらいです!3泊4日だったら低くて6万円、高ければ8万円ぐらい。

 

治験バイトも有名になって需要が増えてるので、金額は昔に比べてどんどん低くなってるように感じますよ。

やりたがる人が増えるほど、足下見られますからね笑

 

長期入院する治験なら30万円以上とかもらえるのもありますけど、ここぞとばかりに応募が殺到します。

 

そしてバイト代はいつ手に入るのかというと、基本は治験が終わってから後日銀行振り込みになります!

施設によっては手渡しのところもあるし、それぞれやり方が違います。

 

ちなみに入院を2回以上に分けるタイプの治験だと、1回目と2回目の入院の間は身体に気を遣いながら不自由な生活をするハメになります笑

 

私は検査に引っかかるのを恐れて何もできない期間だったし、その期間もひっくるめて治験バイトだと考えれば日当は決して高くありません。

公式サイト
いっくんのまとめ

今回は、治験バイトは積極的に勧められるものじゃないという話でした!

 

ブロガーさんの中には「楽して儲けられるからおすすめ!」的な事を書いてる人も多いですけど。

お金を欲しくて治験をやるのは、けっこー危険な賭けだと思いますよ。

 

治験の報酬を満額もらえるかどうか、入院最終日の最後の最後まで分からないですからね?

治験での入院生活はなかなかしんどいし、不安定なバイトなので積極的におすすめできるものじゃないと思ってます。

 

生活が困窮していて、必ず収入が必要な人はやめた方がいい。

治験を検討してる方は危険性やリスクもしっかり把握した上で参加しましょうね!

公式サイト