【転学部・転学科】大学の転部試験は難しいの?【経験者が説明】

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

大学には「転学部・転学科」という試験があります!

私は文系学部のある大学に入学しましたが、途中で転学部試験を受けて「医療系学部」へと移りました。

 

同じ大学の中で学部を変えたワケですけど、その試験は決して簡単ではありませんでしたよ。

この記事では、私が転学部試験を受けて合格するまでの流れを説明しますね!

 

スポンサーリンク

大学の「転学部・転学科試験」とは?

大学1年生の時に転学部試験を受けました。

私は今、総合病院で臨床検査技師として働いてます。

 

でも高校を卒業して入学したのは、ある大学の文系学部だったんですよね。

もちろん文系学部で、医療系の資格を取得できるはずがない。

 

文系から臨床検査技師になれた理由は、大学1年生の頃に転学部をしたからです!

 

大学には「転学部・転学科」というシステムがある

どこの大学でも「転学部や転学科」という制度があるんですよ。

 

うちの場合は、大学1年生と2年生の希望者を対象として転学部試験が行われてました。

転学部の試験に受かることができれば、学部や学科を途中から変更できるんです。

いっくん
ぶっちゃけ、ほとんどの学生はその試験の存在すら知りません笑

ちなみに転学部などの細かいルールは、学校によっても違うので一概には言えません。

 

試験の難易度は学校によって様々。

大学のレベルや、対象となる学部によって、転学部試験のシステムは様々です。

 

試験形式は「記述式の専門試験、小論文、面接試験」が一般的です!

専門試験に関しては、行きたい学部学科の専門的な内容です。

 

転学部をしたものの、行った先で授業について行けなかったら話になりませんからね笑

 

一般的に「文系から文系へ」「理系から文系へ」移行する場合のハードルは低いですけど・・・

文系から理系に移る場合には、難易度が上がります!

 

進級するタイミングで、学部や学科を変えられる。

転学部や転学科試験に合格後、実際に移動するのは進級するタイミングです!

 

1年生の終わりに転学部試験を受けたとしたら・・・

2年生に進級するタイミングで、新たな学部に移ることが出来る感じです。

 

専門性が高い学部学科の場合は、学年は上がらずに1年生から1年生へとスライドするパターンもあります!

ここは大学によって違うところなので、調べておいた方がいいですね。

 

スポンサーリンク

大学の転学部・転学科試験は難しい?入試センターで情報収集!

文系から医療系学部に移ることを決意。

大学1年当時の私は、知識や思考回路もガチな文系でした。

 

しかし入学後に父が亡くなった事をきっかけとして、医療への憧れが湧いてきて・・・

大学1年の終わり頃に転学部試験を受けて、医療系学部へと転向することに決めました!

 

医療系って思いっきり「理系」なので。

「化学・生物・物理・数学」といった内容が必要になるのは明らかです。

 

転学部試験も理系科目が出ることは容易に想像できたので、調べ始めました!

 

ある程度調べたところで思ったのは・・・自分一人で悩んでても仕方ないって事です笑

そこで私は「大学の入試センター」に行って、スタッフに転学部試験について話を聞く事にしました!

 

大学職員の方にいくつか質問をしてみた内容をまとめますね。

 

(1)文系から医療系への転学部は可能?

<スタッフ>

文系同士の転学部だと、スムーズに受かる場合が多いけど・・・

「文系から医療系(理系)」の学部に移るのは、ハッキリ言って難しい!

 

システム上は一応できる事にはなってるけど。

理系への転学部試験では文系の知識は活かしにくいから難しいよ。

いやもう、説明聞いててその通りだなとしか思いませんでしたね笑

 

(2)毎年どれぐらいの人が転学部・転学科試験で合格してる?

<スタッフ>

うちの大学の場合は、他学部から医療系に転学部を希望するのが20~30人。

その中で合格している人は「毎年数名」だけ。

 

合格した数名が、それぞれ志望する学科に入っていくから・・・

結果としては「それぞれの学科には、毎年1人ずつ入れるかどうか」

転学部は一般入試とは違って、一定数の学生を受からせる必要もないし・・・

受けても基準に達しなかったら落とされるってことでした。

 

合格するだけの明確な理由がないのに、とりあえず入れさせるってことはあり得ないそうです笑

 

転学部の試験勉強をスタートする!

gahag-0093274470-1

転学部の試験科目は?

入試センターでは、転学部用の資料を貰いました。

あとは試験科目の勉強をしていくだけです!

 

試験科目は「英語、数学、国語、生物・化学・物理」でした!

英数国の3つは必須で、残りの理科3科目の中から1つを選択する形式です。

 

理科においては、一番簡単そうな「生物」にしました笑

もともと勉強はしてないけど、科目として生物は好きだったので。

 

しかし4科目が転学部の試験って事なので、明らかに時間が足りませんでした笑

ちょっとした「ムリゲー」だと自覚しつつもチャレンジする感じでしたね!

 

とにかく過去問を解くスタンス!

大学職員と話してる時に、転学部試験においても過去問が存在することを知りました。

 

そこで私は職員にお願いして直近の問題を全てコピーさせてもらったんです。

いっくん
お願い!過去問コピーさせてください!

私の勉強スタイルははっきりしてて、とにかく過去問をやりまくりました。

試験までは4カ月あったので、朝から晩までひたすら勉強です!

 

スポンサーリンク

転学部試験当日の流れはこんな感じでした。

朝から下痢で、午前は筆記試験です笑

試験当日の朝になってみて、緊張で下痢しました。

 

私はもともと緊張するとお腹が緩くなりやすいんですよね笑

試験中に漏れないようにと、下痢止めをしっかり飲んで家を出ます!

 

そしていよいよ転学部試験。試験会場は大学の講義棟を使ってやりました。

いくつもの学部学科があるので、全体の受験者数は思ったより多くてびっくりしましたね笑

いっくん
一般入試みたいな雰囲気でした。

試験は予想通りの出来でした。

肝心の試験は思っていた通りの出来でした。!

 

「英数国理」の4科目でしたけど、英語と国語は文系の知識でカバーできたんですよ。

でも圧倒的に数学と生物が分からない!

いっくん
ウソだろおい・・・この4カ月の勉強、ほとんど意味ないんじゃない?

まあでも、勉強したこと自体はムダではなかったですよ。

英語と国語は「あ、これは復習してたからなんとか解けた問題だ」って感じるのも多かったので。

 

午後は面接試験です。

筆記試験が終わったら、次は休憩を挟んでからの「面接」です!

 

面接の内容は形式的な質問ばかりでした。

・志望動機は?

・何で転学部しようと思ったの?

・親は転学部について賛成してる?

普通に答えられる内容ばかりでしたが、中にはこういった質問もありました・・・

「今日の試験はどうだった?」「学部が変わってから勉強についていけると思う?」ってね。

 

私は筆記試験ができなかった事を正直に伝えました笑

 

面接でなんとかやる気を見せる!

<面接官>

・今日の試験はどうだった?

・学部が変わってから勉強についていけると思う?

 

<わたし>

今日まで4カ月間勉強してきましたが、数学と生物はほとんど出来ませんでした。

でもこの試験が終わってからも、このまま勉強は続けます。

 

そして4月までには、数学も生物も分かるようになる自信があります。

周りからの「転学部して勉強についていけないんじゃないか?」という不安も払拭できるように。

 

転学部してからも努力し続けて、学科で上位の成績を取れるぐらいの存在になります!

こんな感じでやる気をアピールして面接は終わりました笑

 

筆記試験の方ができなかったので、なんとか面接で熱意だけでも伝えようと必死でしたね。

やっぱり転学部試験は付け焼き刃の知識では通用しないと痛感しながら帰りました。

 

そして転学部試験の合格発表!

合格発表当日・・・!

合否発表は、転学部先の掲示板に貼り出される事になっていました。

数日前からそわそわして仕方ありません笑

 

そして私が発表当日の朝に、掲示板に向かって歩いていると・・・

たまたま、目の前にお世話になった「入試センターのスタッフ」が歩いていました!

 

向こうも私に気付いたので、あいさつをしようと思った瞬間に・・・

「合格おめでとう!」って言われました。

いっくん
(ちょっと待って!まだ結果見てないのに笑!)

想定外の発表だったので、一瞬フリーズしました笑

 

ダメかと思ってたら、合格でした。

お礼を伝えて、すぐに掲示板に確認しに行きました。

そしたら確かに自分の「受験番号」があったので、ホントに合格してました!

 

できれば掲示板を通して感動を味わいたかった・・・笑

ちょっと残念な気持ちを抱きつつも、転学部試験は合格できました!

 

そして進級するタイミングで学部を変えて、充実した学生生活を送れました。

 

まあ転学部してからは学校側の不備で、特定の授業が受けられないデメリットもありましたけど・・・

結果として無事に卒業できたのでOKです!

 

合格できたのは、熱意を買われたから?

筆記試験ではけっこーボロボロでしたけど、なんとか転学部試験に合格できたワケです。

 

当時を振り返って思うのは、きっと大学職員達は「わたしの将来の成長に期待してくれたんだ」と思ってます。

 

点数だけで判断してたら、落ちてるはずですから笑

特に医療系の学部って、国家試験に合格するのが目的なのでね。

 

大学側にとっては国家試験の合格率を下げそうな学生はいらないんです。

 

でもそんな中でも受かったっていうのは・・・

ほぼ熱意だけで合格させてもらったんだと思っています。

 

そのおかげで、今は「臨床検査技師」として病院で勤められてます。

 

いっくんのまとめ

今回は、転学部試験を受けて合格するまでの流れについてお話ししました。

 

どこの大学にも、転学部や転学科を希望する学生は少数います。

実際に試験を受けようと思っても、情報量が少なくて途方に暮れるんですよね笑

 

試験勉強はやみくもにやるのではなくて、大学職員に聞いてアドバイスをもらうのをおすすめしますよ!

 

大学も所詮は狭い組織なのでね・・・

「やる気のある生徒がいる!」って噂が広がれば、筆記がビミョーでも合格する確率は上がるはずですから。

 

みなさんも精一杯努力して、試験に臨みましょうね!