非常食(保存食)の「えいようかん」を食べてみた感想。味はおいしい?

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

みなさんは災害に備えて非常食って準備してますか?

非常食としては、水で戻せるアルファ米や缶詰とかをイメージする人が思いますけど・・・

 

今回は、非常食の中でも甘い物枠として役立ちそうな「えいようかん」について書いていきますね!

実際に食べてみた感想もまとめてますよ。

 

スポンサーリンク

非常食用に「えいようかん」を買ってみた!

災害に備えようと思った。

非常食にえいようかんを買ってみたワケですけど・・・

 

理由はシンプルで、毎年のように全国各地で起こる災害に備えようと思ったからです。

毎年のように、地震や水害などによる被害がありますからね。

 

災害はいつ起こるか分からないと分かってはいるものの、これまで災害対策はしてこなかったです。

都内在住の私もいつ地震の被害に遭うか分からない。

 

とりあえず保存食だけでも備蓄していこうと思い立ちました。

災害時には物資の供給ルートが確立されるまで、食料は自前で準備しておくのがベストですからね。

 

えいようかんを買ってみた!

保存食っていえば、米や水、カンパンとか・・・そういった昔ながらのモノしか想像できませんでしたけど。

Amazonで調べると今は色んなバリエーションがある事に気付きました。

 

わたしが調べてて気になったのが井村屋の「えいようかん」です。これは2008年から販売されてる保存用の和菓子なんですよ。

いっくん
老舗の和菓子メーカーの商品だから間違いない。

この商品は1箱5本入り、1本あたりご飯一杯分のエネルギー(171kcal)が補給できます!

そして5年もの長期保存が可能です。

 

スポンサーリンク

保存食の「えいようかん」を食べてみた!

試食してみることに!

買ってみたはいいものの、一体どんなものか分からずに保存しておくのもビミョーですよね?

 

災害時に初めて食べて「思ってたのと違う!」ってなるのはイヤだし。

事前に食べて把握しておく必要があると思ったので、試食することにしました笑

いっくん
おいしいのかどうかも確認しておきたいし・・・!
とりあえず一個だけ食べてみました!

 

箱を開けてみる

えいようかんは、手のひらサイズのコンパクトな箱に入っててスペース的には邪魔になりません。

 

箱をミシン目に沿って開けると、中には個包装されたえいようかんが5本入ってます。

パッケージの表裏にはさりげなく点字が使われてて、中身が羊羹だということが分かるようになってます。

 

ちなみに箱の裏面はこんな感じで、災害用伝言ダイヤルの利用方法が載ってますね。

露骨だけど意外とこういうのが災害時は役に立つんでしょうね。

 

1本食べてみる!

1本手に取ってみると、こんな感じでかなりコンパクト。

いかにも保存食って感じのパッケージですね笑

 

フィルムの支持された箇所を引っ張って開けるんですけど、若干開けるのにコツがいります。

力で開けるんじゃなくて、ひねりを入れながら横に引くと空きますよ。

 

フィルムを剥がすだけで、調理する必要も無く食べられるのは便利ですよね。

 

開けてみたところ、中から何の変哲もない羊羹が出てきました。

 

気になる味ですけど・・・ふつーにおいしい羊羹です笑

みずみずしくもなければ、パサパサでもない。

 

甘さもちょうど良い、こしあんの練り羊羹でいたってシンプル!

 

かぶりついて食べて、フィルムのそこを押せばムニュって簡単に持ち上がるので食べやすいですよ。

いっくん
手を汚すことなく食べられるのは好ポイント。

保存食には米や水以外に甘味も必要ですからね。

コンパクトでかさばらないし、保存期間も5年と長くて気軽に食べられる。

 

ちなみに普通の羊羹は賞味期限1年持たないので、ちゃんと保存用に作られた商品だという事が分かります。

 

パサパサで食べにくいカロリーメイトとかを非常食にするよりも、よっぽどアリだと思います。

 

値段は5本入り1箱が500円ほどです。

とりあえず1個買っておくのもアリだと思いますよ!

「チョコえいようかん」という商品もある。

えいようかんには、もう1種類存在します。

 

「チョコえいようかん」といって、チョコレート風味のようかんです。

また、1本あたりのカロリーも高くて200kcalが摂取できるとのこと。

 

でもこっちは賞味期限が3年だけです!

えいようかんと比べて2年も短くなってるので、非常食としては寿命が短いのがデメリットですね。

 

どちらか選ぶなら、私は普通の「えいようかん」をおすすめします。

いっくんのまとめ

今回は、非常食のえいようかんを食べた感想でした。

 

えいようかんは非常食として、優れている商品だと思いました。

コンパクトだし、水がなくても食べたいときにいつでも食べられる。

 

手間もなく、おいしくカロリーを接種できます。

どっかアウトドアに出かける時に、1本リュックにしのばせるのも全然アリだと思いますしね!

 

機能性はかなり高いと思います。

興味がある方は、ネットで注文して味わってみてください!

【非常食】アルファ化米の作り方や賞味期限とは?実際に食べたら味がまずい?!

釣ってきたテナガエビを料理!一番美味しい食べ方はやっぱり唐揚げ?!

イナゴの佃煮ってどんな味?見た目はグロいけど、エビみたいで美味しい?!