【昆虫食】蜂の子(はちのこ)を食べてみた感想!味はおいしい?

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

みなさん蜂の子(はちのこ)って知ってますよね?

実際に見たことがなくても、聞いた事がある人は多いはず。

 

これは名前の通り蜂の幼虫のことで、日本では伝統的に食べられてますよ。

昆虫食に抵抗感が強い日本において・・・食べ物として、一般レベルまで広く認知されてる蜂の子って凄いですよね笑

 

そんな蜂の子を実際に食べてみましたよ!

こちらの記事では「蜂の子(はちのこ)とは?」「蜂の子の味は美味しいのか?」といった内容をまとめていきます!

 

スポンサーリンク

蜂の子(はちのこ)は伝統的な昆虫料理!

蜂の子は食べ物です。

みなさん、蜂の子(はちのこ)って食べたことありますか?

蜂の子は日本の伝統的な昆虫食ですよ。

 

養蜂場のある地域で生まれ育った人なんかは、蜂の子を食べた事がある人も多いかと思います。

でもそういった環境にいない人は、なかなか食べる機会って無いですよね笑

 

たまに蜂蜜を扱う専門店なんかで売られてたりもしますけど・・・

まあわざわざ買って食べる人は少ないはず笑

いっくん
私も以前、長野で見かけたけどスルーしました!

蜂の子の食べ方とは?

蜂の子って昔から日本各地で食べられてます。

 

みんなが蜂の子として食用にするのはクロスズメバチなどの幼虫です。

安価な蜂の子にはミツバチが使われることが多いらしいけど・・・ポピュラーなのは獰猛なスズメバチの子っていうのはけっこー意外ですよね!

 

食べ方にも色んなバリエーションがあって、炊き込み御飯・甘露煮・佃煮・素揚げ・蒸し焼き・生食などなど。

いっくん
揚げならふつーにイケそう・・・でも生食はムリ!

古くから貴重な蛋白源として食べられてきました。

まあ今の時代に、あえて食べる必要は「???」って感じですけどね笑

 

蜂の子は耳鳴りに効果的?

蜂の子は世界各地で食べられていて、健康に良い食べ物として扱われてます!

 

蜂の子に含まれる成分には「耳の聞こえを良くする」「耳鳴りを軽減」といった効果があるとの事。

それについて「科学的な根拠はあるのか?」って話ですけど・・・蜂の子にはストレスホルモンのコルチゾールを抑える働きがあるとの事で、製薬会社と養蜂場が協力して研究が行われています。

いっくん
調べた感じでは、民間療法のレベルを脱してない印象を受けました。

一方で、耳鳴り外来を行っている医療機関(川崎医科大学附属川崎病院耳鼻咽喉科)でも、治療の一環として蜂の子サプリを勧める場合があるようです。

食べれば絶対に効果があるとは言い切れませんし、そういった効果があるかもぐらいに捉えておくといいと思います。

 

スポンサーリンク

蜂の子(はちのこ)の缶詰を食べる!

蜂の子の缶詰をもらった。

私が蜂の子を食べることになったきっかけですけど・・・友人からのプレゼントでした笑

 

友人から「蜂の子の缶詰」をもらったんですよ。

外箱はけっこーオシャレなので、まさか中身が蜂の子の缶詰だとは思えませんよね笑

いっくん
普通にお菓子が入ってるのかと思った!

 

箱の中身はこんな感じで「蜂の子:花九曜煮」とかいう謎の商品でした。

調べてみると甘露煮にされた蜂の子が入ってるとのこと。

いっくん
甘露煮って事は砂糖と醤油で煮てるワケですね!

この缶詰で使われてるのはクロスズメバチの幼虫です。

蜂の子とご対面!

缶詰はタブがついてるタイプなので、簡単に開封できました。

 

中をのぞくと、なにやらギッシリ詰まってる・・・ヒィィィ!!!

かつて「イナゴの佃煮」を食べたことがあったおかげか、思ったほど抵抗感がない自分にビックリでした笑

いっくん
人間の慣れってホントに怖い笑

まあ写真を撮ってる時に、塊がごろっと崩れた瞬間は「こわーーー!!」ってなりましたけどね笑

「生きてるワケない」って頭では分かってても、動くのはさすがに怖い。

 

成虫っぽいのも蜂の子?!

缶詰の中をじっと見てると、何やら違和感を覚えました。

 

私のイメージの中での蜂の子って、白い幼虫のことをイメージしてたんですよ。

でも実際には完全体(成虫)に近いフォルムのがいっぱいいる!

 

調べてみると、サナギや成虫も一緒に入れることがあるんですって。

てっきり幼虫だけかと思ってたのでコレには驚きました笑

 

まあ提供するところのやり方次第ってことですね!

この缶詰の場合は「幼虫5:サナギ3:ほぼ成虫2」って感じの割合でしたよ笑

 

ちなみに韓国に「ポンテギ」という蚕のさなぎを使った料理があるんですけど、あっちは相当グロいので蜂の子がかわいく見えます笑

 

蜂の子の味は美味しいのか?

いざ蜂の子を食べてみます!

まずは幼虫から食べてみたけど、プチプチした食感で味も嫌な感じはしません。

 

ちなみに味に関しては、前にテレビで「栗っぽい」って表現してたんですけど・・・

口当たりはまろやかだし、ちょっと植物っぽい独特の香りがするので納得がいく例えですね。

 

これは缶詰に加工されてるからアレだけど、「より生に近い状態で食べればクリーミーなんだろうな」ってイメージできました。

 

成虫になりかけのやつも雑味は思ったほどなくて、なんか悔しいけど味にはまったく抵抗感がない笑

調味料の味は濃いめだけど、蜂の子の風味はしっかり感じられました!

 

興味があれば蜂の子(はちのこ)を食べてみよう!

蜂の子は日本の伝統的な食文化の1つだし、食べたことある人も周りにいるからか・・・

ゲテモノって感覚はあんま抱きませんでしたね。

 

まあ、見た目はけっこーリアルでグロいかもですけど。

 

もし食べる機会があるなら、挑戦してみるのもアリだと思いますよ。

ぶっちゃけ、味見で少しだけ食べれれば十分な感じではあります!

 

コレをご飯にかけるっていうスタイルもあるみたいですけど・・・私的にそれはナシかな。

好奇心が冷めやらぬ方は、ぜひチャレンジしてみてください!

いっくんのまとめ

今回は、蜂の子を食べた感想でした。

 

すげー気になってる食べ物だったので、チャレンジしてちょっと満足でした笑

 

まあゲテモノ系って、素材や調理法で味が全然変わるっぽいのでね。

当たり外れが大きいのも覚えておくべきかも!

 

味としては「可も無く不可もなし」って感じです。

ただ経験値として、食べるのは面白いと思いますよ!

食用カエルの味が気になる!ウシガエルの脚肉を食べてみるよ!【カエル料理】

川で獲ったアメリカザリガニを料理。塩茹でにして食べるとかなり美味しい?!

【ゲテモノ料理】私が食べた「ゲテモノ」をまとめて紹介します!