【偏差値が低い高校】偏差値45以下の生徒の進路を考察してみた!

gahag-0019902996-1

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

私は学生時代に塾講師をやっていました。

当時から感じていたのが、偏差値45以下の高校生はタイプが2極化してるって事です。

 

この記事では、対象となる層の高校生を「マジメ系」「ヤンキー」の2パターンに分けます。

そして彼等達の高校在学中の様子や、卒業後どういった進路を辿っていくのかを考察します!

 

スポンサーリンク

【偏差値が低い高校】偏差値45で区切った理由とは?

学力の大きな壁は「偏差値45」にある!

私は学生時代に塾講師をやっていて、中学1年生~高校3年生まで指導していました。

 

今回、偏差値を45以下で区切った理由ですけど・・・

塾講師として学生を指導していると、このラインで学力に壁が存在するのを痛感するんですよ。

 

例えば、偏差値46以上の学生はやる気次第で偏差値50以上にはすぐ上がれる。

それに対して偏差値45以下では努力しても成果が出にくい人が急増するんですよ。

 

少なからず教育に関わってる人は頷く事実のはず。

だからあえて偏差値45で区切りました。

 

偏差値45以下では授業のレベルが全然違う。

実際に偏差値45以下の学校から、授業のレベルが格段に落ちます!

 

分かりやすいのは高校入学してすぐの英語や数学。

偏差値50以上の学校に通ってる人は、知らない世界だと思いますけど・・・

 

高校生なのに中学2~3年ぐらいの復習から授業がスタートします。

なぜなら偏差値45以下の学生達は、中学2年ぐらいの内容から取りこぼしてるので!

 

そして極端な例ですが、底辺高校(偏差値40未満)の場合には・・・

英語が中学1年レベル、数学なのに小学生レベルの分数の掛け算とかも珍しくないですよ。

いっくん
ちょっと信じられないかもしれませんが、これはガチ!

スポンサーリンク

偏差値45以下の生徒の進路を考察してみた。

今言ったポイントを踏まえて、本題に入りますけど。

 

偏差値45以下の高校生は、大きく分けて2パターンの学生に分かれます!

①ヤンキー&ギャル系の学生

②マジメ系&普通っぽい学生

ではそれぞれの学生時代の様子や、高校卒業後の進路(人生)についてまとめていきますね。

 

ヤンキー&ギャル:学生時代の様子

学生時代は遊びメインで、授業態度悪し!

どこの高校にも一定数いるヤンキーやギャルっぽい学生ですけど、ご想像の通り偏差値45以下の高校には大勢います。

 

見た目からして派手で、勉強よりも遊びに気合いが入ってますね笑

「勉強は嫌い」「別に成績とか興味ないし、遊んでいたい」って公言してるような子が多いですね。

 

頭が悪いワケでは無い?

塾講師をしていて常々感じたのが、自頭は悪くない子が多かったです!

 

学習内容的には、小学校高学年ぐらいから少しずつ取りこぼしてはいるんだけど・・・

それって単純に勉強をやってないだけなんですよね。

 

勉強はやらなければできない。そんなの当然の理屈ですから!

 

なので学業以外に発揮してる力を、勉強のモチベーションに変えたら急激に伸びていく子もいましたよ。

いざ勉強し始めたら、理解が早くてこちらが驚かされるような子が多かったです。

 

スポンサーリンク

ヤンキー&ギャル:卒業後の進路はなんとかなる

コミュ力の高さが最大の武器

この手のタイプの子達は、卒業後の進路は「なんとかなる」って印象です。

 

みなさんも感じた事はあると思いますけど、遊んでてチャラい人ほど話が面白くてフットワークが軽い人が多い。

純粋にコミュニケーション能力が高いんですよ。

 

高校時代は遊びまくってて反社会的なスタイルの子でも、高校卒業後はそのコミュ力を武器にして仕事に就きます!

 

卒業後は仕事に就いて、普通に働いていく

ちなみに私の周りで、底辺高校でかなりヤンチャな過ごし方をしていた人達は・・・

アラサーになった今現在、逞しく生きている人が多いです!

 

業種としてはブルーカラーな「中小企業の営業、飲食業、美容師、建築関係、運送業」などに就く人が多いです。

基本的には体力が必要で大変ですが、そこでも勤め上げられるだけのコミュ力やメンタルが備わってるんです。

 

その将来は意外にも安定的?

ぶっちゃけ社会に出て仕事をして感じる事ですけど・・・

大企業の本社勤務とかは別として、多くの業種や職種では学生時代に学ぶような知識量はそこまで必要としない。

 

それはブルーカラー寄りの仕事なら尚更で、知識量よりも対人スキルや要領の良さの方がずっと大切。

 

彼等は学生時代にコミュ力などを養ってるので、高校卒業後もしっかり社会生活を送っていけます!

そして結婚をして子供を育てつつ、仲間と楽しく生きていきます。

いっくん
これが偏差値45以下の「ヤンキー&ギャル」のその後です。

マジメ系&普通っぽい学生:学生時代の様子

授業態度もマジメで、大人しい学生達

私が今回メインで取り上げたいのはこちらのパターンです・・・!

 

偏差値45以下の高校でも、見た目からしてマジメな人が一定数います。

授業も普通に受けて、ノートもしっかり取ってるような学生達です。

 

一般的に見れば、やんちゃな学生よりも期待感は高いですよね?

授業態度が悪くて反抗的な学生に比べれば、大人しくて言う事を聞く学生の方が有望に感じますもんね。

いっくん
大きな落とし穴がある事にみんな気付いていません。 

マジメな生徒の方がむしろ問題?!

いいですか・・・?もう一度よく考えてみて下さい。

偏差値45以下の高校に「不真面目で不勉強な生徒」がいるのは自然なことです。

 

でもその中に、しっかり授業を受けてテスト前には勉強をする生徒がいる。

それって実はけっこーヤバいんです。

 

マジメなのに勉強できない事実がヤバい

マジメなのに勉強できないのは、不安に感じざるを得ないです。

 

授業を受けるスタンスは偏差値50以上の学生と変わらない。

「テスト前には勉強しなきゃ!」って焦る感覚も持ち合わせてるし、点数が低いと落ち込みます。

 

そんなごく普通の感覚を持って努力をしながらも、偏差値45以下にいるという事実。

 

ペーパーテストの結果は、あくまでも能力の一部しか評価できません。

それにしても同世代の子に比べれば、恐ろしいぐらいに勉強効率が悪い事を示しています。

いっくん
私はこの事実に気付いてハッとしました。

ちなみにマジメで勉強ができない子は、やたらと「勉強=暗記」と捉えてる割合が多かったので、これは早めに修正しておいた方がいいですよ!

 

マジメ系生徒に対して不安を感じる理由。

高校卒業後はどういった進路を辿るのか?

偏差値が低いマジメ系の学生が、将来どうなるかを考えていきましょう。

 

彼らは「主流に合わせよう」とする感覚を持ってるので、卒業後の進路は同年代の子達と同じように進もうとします。

多くの学生はムリなく入学できるFランクの大学や、なんとなく興味が持てる専門学校や短大へと進学します!

 

Fラン大学っていうのは、ボーダーフリー(~偏差値45)の誰でも入れる大学のことね。

中には偏差値40から勉強に目覚めて良い大学に入る子もいますが・・・それは本当にレアケースです!

 

Fラン大学や専門・短大に進学した学生達は・・・

進学はFラン大学か専門・短大がメインになってきます。

 

それぞれの進路で新たな学生生活を過ごしますけど、持ち前の生真面目さを活かしてそつなく授業をこなします。

みんなマジメなので学校は卒業できるはず。

 

といっても日本の学生は入学時点での偏差値には関係なく、入学後はそんなに勉強しません笑

基本的には最低限の努力なので、成長率も低水準のままです。

 

社会に出てから大変になる可能性がある。

マジメな子達は社会に出てからが大変になってきます。

 

知識は少なくともバリバリ働ける元ヤンキーとは毛色が違って・・・

おとなしいタイプの子達はコミュ力や体力を活かした仕事はあまり向いてません。

 

主流に乗って一般企業へ就職して、持ち前のマジメさで頑張ろうとします。

しかし自分より優秀な人達(高校時代の偏差値50以上)と、同じ土俵で働くのは結構厳しいんですよ。

 

周りとの基礎力の差が歴然。

偏差値45以下の人達の現在までの流れを思い出しましょう。

 

「中学卒業→偏差値45以下の高校→Fラン大学or専門・短大」って感じで進んできてます。

マジメな彼らには酷な話ですが、厳しい環境においてはこれまで通りの頑張りでは通用しにくい。

 

なぜならもっと高いレベルで、努力を継続してきた人達で溢れてるからです。

これまで培ってきた基礎能力が圧倒的に違うんですよ。

 

仕事の途中でリタイアしていくかも。

最初は社会人としてマジメに頑張っていても、次第に限界を感じてドロップアウトする可能性があります。

 

サラリーマン生活に心身共に限界を感じて脱サラする。そして単純労働のフリーターへと転身。

しかし歳を重ねるごとに息苦しさは増して、引きこもりやアンダーグラウンドな世界に落ちていく・・・!

 

こんな負のスパイラルに取り込まれる可能性がある。

 

もちろん世の中は学生時代の学業成績だけがすべてではありません。

それは先に説明したヤンキーの進路の例でも伝わったかと思います。

 

しかし努力の成果が低勾配のまま年を重ねても、いつか通用しなくなってきます。

その分かりやすい時期が社会人となるタイミングなんです。

 

偏見に満ちてると感じるかもしれませんが、一連の流れを全否定することもできないはずです。

 

努力で覆して欲しい!

私がこの記事を通して何が言いたいかというと・・・

将来キツい状況に陥らないように、早い段階から努力しまくって欲しいんです。

 

タイミングはいつでもいい。高校在学中でも、卒業後でもね。

 

世の中にはある日を境に猛烈に努力し始める人がいます。

わたしの知人には、Fラン大学入学後に猛勉強して今は国立大学で講師をやってる人もいます。

 

学力や対人スキルなど、何でも努力をすればするほど未来は明るいものへと変わっていきます!

この厳しい社会をみなさんが無事に生き抜けるように、精一杯の努力をして欲しいと願うばかりです。

 

いっくんのまとめ

今回は、偏差値45以下の高校を卒業後した生徒の進路についてでした。

 

一般的に学生時代においては、ヤンキータイプの学生の方が将来を不安視されますけど。

私はチャラい子よりもマジメ系の学生こそ不安です。

 

これだけ厳しい社会でボーッとしていたら、将来大変な目に遭いますからね。

大人でも小中学校レベルの学習内容を知らない人もいますが、そうはならない様に努力して欲しい。

 

勉強はもちろん、色んな経験を積んでスキルを伸ばして・・・今後の社会を生き抜いて欲しいと思います!

「勉強=暗記」だと思ってるうちは、おバカなままですよ!

2017年6月11日

大人でも小中学生の勉強内容を知らない人は多い。やり直した方がいいかも!

2017年12月23日

個別指導の塾で、生徒の成績・学力が上がらない理由とは?

2016年11月30日