日本の年収中央値は350万円だと?平均年収420万円よりも低いのはなぜ?

どうも!いっくんです!

みなさんは日本国民の年収がどれぐらいかって知ってますか?

きっと誰もが一度は気になった事があるはずですよね。

 

今回は日本の平均年収、年収中央値について簡単に解説してみました!

調べてみて年収中央値が平均年収よりも低いことに気付きましたが、その理由は何なのか・・・

簡単に説明していきますね!

 

スポンサーリンク

日本の年収中央値を調べたきっかけとは?

まず私が日本の年収を調べたきっかけですけど、

それは何を隠そう自分の給料が上がらなかったからです笑

私が最初に勤めた職場は医療機関でしたが、年間の定期昇給が1000円でした。

 

これじゃ無理だと感じて転職しましたけど…今の時代は会社で必死に働いても給料は上がりません。

どの業種でも定期昇給はわずかで経済的な不安は増すばかりですよね。

 

今20代~30前半の若い世代は、勤続年数が増えても親世代の年収は超えられないでしょう。

この状況で明るい未来予想図を描くのはムリかなと笑

 

給与が上がらないことへの不満が募っていた時に、日本人の年収ってどのぐらいなんだろう?ってふと疑問に思いました。

年収相場が分かれば今後の人生設計にも役に立ちますし。

なにより身近な人と比較して一喜一憂するよりも、日本全体と比較した方が賢明ですからね。

 

スポンサーリンク

日本の平均年収はどのくらい?→420万円

ここからは日本の年収を「平均年収」と「年収中央値」の2パターンで説明していきます。

まずは日本の平均年収からみていきましょう!

国税庁のホームページに載っている「民間給与実態統計調査」から調べましたよ。

ここには業種別の給与統計まで載ってるので、興味があればこの機会に見てみると良いかも。

 

これによると「男女問わず、年齢や業種も関係なく就業者全体を対象」とした場合・・・

年収の平均値は421万円(平成28年度)です!

 

でも注意してほしいのがこれはあくまで平均値ってこと。

例えば年収300万円が10人、400万が10人、500万が10人いた場合・・・この30人の平均年収は400万円です。

この中に年収1億円が1人加われば、31人の平均年収は700万円以上になっちゃうんですよね。

 

たった1人のお金持ちがいるだけで、平均年収が急激に上がるのは違和感あるはず。

見かけ上の数値と実態が全然食い違ってきますから。

しかし平均年収の計算方法ではこういうケースが普通に起こります!

 

日本の年収中央値はいくら?→350万円

続いては年収中央値について、年収は中央値の方がリアルを反映してると言われます。

例えば、さっきと同条件でサラリーマン30人と超金持ち1人がいた場合・・・

全員を年収順に横並びにした時、ちょうど真ん中の人が中央値を持つことになります。

 

この31人を年収順に横並びにしてみると、1番は年収1億の人で、31番は年収300万の人ですよね。

そして真ん中の16番目は400万円の人が該当します。

つまりこの人達の年収中央値は400万円という事になりますが、さっきと比較しても中央値の方が、全然リアルな値だと言えますよね!

 

中央値を調べれば集団に超金持ちや超貧乏がいても問題なく、日本全体のリアルな年収が分かります。

民間給与実態統計調査によると、日本の年収中央値は359万円(平成28年度)とのこと。

平均年収は約420万円だった事を踏まえると、平均年収は一部の金持ちに影響されて高めに出るけど、リアルな年収は約350万円って事ですね。

 

スポンサーリンク

労働者全体から出した値

この統計データは、働いている18歳から65歳までの年齢から算出してます。

また、この統計では正社員と非正規雇用どちらも含んでいます!

・正社員を目指す非正規雇用で、月収20万の25歳

・フルタイムパートで働く、月収15万の35歳

今は色んな雇用形態で生活してる人達がいて、勤労意欲があっても正社員になれずにくすぶってる人も大勢います。

そういった意味で359万円という数値は、色んな働き方が浸透してる日本社会をよりリアルに反映してると言えます。

 

年収中央値が約350万円だと聞いたら「いや正直少ないわ!」って感じる人も多いはず。

まずサラリーマンであれば、350万円から社会保険料として20%ほど減りますしね!

そうすると年収の手取り約280万円なので、1か月23万円ほどで生活することになります。

 

独身なら足りる

1カ月の手取り23万あった場合、「まあ独身の1人暮らしなら問題はないけど・・・」って感じですね。

 

結婚して子供がいたら厳しい

結婚して子供もいたらかなり厳しくなります。手取り23万から色んな支出を引いていったら・・・

住宅ローン、奨学金自動車維持費生命保険、生活費、教育費等でパンクしかねない金額です!

優先順位を決めて「家計の見直し」をしないといけません。

 

お金に余裕がないと生活において選択肢も減りますし、その状況に納得できなければ共働きの必要性も出てきますよね。

 

日本人の年収から今後の展望を考える

最近は経済的な問題で、結婚に踏み切れない男性が増えています!

自分の稼ぎではゆとりのある生活が送れないと自覚してるから、家庭を持つ気力が起きない。

 

結婚が遠ざかって少子化が進む負のスパイラル・・・!

みんな結婚前から自分の稼ぎに不安を感じてるから、周りにいる男性は「結婚したら奥さんにも働いてもらいたい!」って公言する人が多いです笑

 

努力せずに平凡な暮らしを送るのって今の時代は不可能です。

昔のお役所仕事みたいに年齢と共に給料が上がるワークスタイルはもう望めません。

 

わたし達の時代は、常に将来を考えて努力し続ける人だけが生き残れるハイレベルな社会になってきてますから。

かなり努力してやっと現状維持できるくらいだと思いますよ!

 

年収を上げる手段としての転職はアリ!

1つの会社に忠誠を誓っても生活は保障されない。

現時点で定期昇給がほとんどない会社は、普通に考えて今後も上がる見込みも薄い。

さらに言えば・・・基本給が新卒から据え置きの会社もあるワケです。

 

今の会社で将来的な希望が持てないのであれば、よりよい環境を求めて転職を考えるのは当然です。

私だって新卒で入った定期昇給1000円の職場から転職してますからね!

いっくん
転職理由は「10年で1万円しか上がらない職場はムリ!」と思ったから笑

年収を上げる手段としての転職はアリですよ!

まあ、そうは言ってもすぐに転職に進むのは早急ですけどね・・・

しっかり求人内容を選定しないで転職すると、ミスる可能性大なので。

 

転職を意識した場合には、とりあえず今の仕事を続けつつ転職サービスに登録して求人を待つのがベストです!

希望に合う求人が出るまでは、今の職場で虎視眈々と待てば良いんです。

 

正職員で転職を考えるならMIIDASを参考にしましょう。

公式サイト

 

いっくんのまとめ

今回は、日本の年収平均値と中央値についてでした!

現在20代~30代の若いサラリーマンは、定年まで働いても見返りは少ないだろうなって感じます。

時間と労力を捧げても報われない職場なら、早めに見限って転職するのも1つの手です。

 

腑に落ちない事だらけの世の中でも、私たちは腐らずに努力し続けなきゃいけません笑

みなさん頑張っていきましょうね!

 

ちなみに下に紹介してる「MIIDAS(ミーダス)は、登録すると自分の市場価値を計算して適正な年収を教えてくれますよ!

もちろん登録無料だし、興味がある方はやってみましょう。

公式サイト

年収が思うように上がらない!今後も給料アップは望めないのか?

転職で年収アップ!転職コンサルタントが給与交渉してくれた話。

日本人の働き方や年収、転職について私が思うこと【まとめ】