【カラオケ】音痴で人前で歌うのが苦手な人にこそ、ボイトレをおすすめしたい!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

カラオケが苦手な方へ!

私は子供の頃から音痴で悩んでいました笑

 

カラオケが苦手な人にとっては、学生時代とかみんなカラオケが好きでツラいですよね!

「行きたくないけど、付き合いで行かなくちゃ・・・」っていう、強めのストレスを感じるはず。

 

そんなカラオケが苦手な人こそ、ボイトレに通うべきだと思いますよ!



スポンサーリンク

歌が音痴な人にとって、カラオケは地獄だと思う笑

わたしは人前で歌うのが苦手でした。

人前で歌う事が好きな人っていますよね。

自信満々に「私の歌を聴いて!」って感じで歌える人とか、ホントに凄いと思っちゃう。

 

ちなみに私は人前で歌うのマジで苦手でした笑

音痴だと自覚してるから、カラオケなんて辱められに行ってるようにしか思えませんでした。

 

歌ってる時の高揚感や、歌い終わった後のスッキリ感は心地良いんですけどね・・・

とにかく人前で歌うのはNGでした!

 

うまく歌えないのがツラい。

歌がうまければ、カラオケも苦じゃなかったのに・・・

うまく歌えないからツラいんです。

 

かつての私は、声低くて音痴なのに「キーを変更せずに歌おうとする」っていう地獄みたいな事をしてました。

 

そもそも「キーを合わせる」とかいう作業の意味が分からなかったし笑

どうやったら音が合うのかまったく分かりませんでした。

公式サイト

歌の授業では口パクで通す。

そんな感じなので、学生時代の音楽の授業とかは口パクが鉄板でしたよ。

 

小学校の高学年ぐらいから既に口パクを使い始めてました笑

誰に教わったワケでもなく、気付いたら習得してた感じです。

 

でもコレってけっこーバレないんですよね。

たまに油断してボーッとしてる時には、指摘されましたけど笑

 

スポンサーリンク

カラオケがホントに苦手だった。

カラオケに行きたくない!

高校ぐらいになると、みんなカラオケが大好きになるんですよね。

 

お金がない学生の遊びのレパートリーの中で「複数の友達と、長い時間遊べるもの」っていったら、やっぱりカラオケになっちゃう。

歌がうまい人や、音痴でも臆さないタイプの人は、堂々と歌えるからいいでしょうけど。

 

私はできるだけ人前で歌いたくなかったので、カラオケに行くのは苦行でしかありません笑

「恥ずかしい!」「歌声を聴かれて変に思われたくない!」っていう自意識の塊でした。

いっくん
私にとっては「カラオケ」は出来るだけ避けたいものでした。

「飲み会の後のカラオケ」の流れがイヤ!

大学に進んでからは、しょっちゅう飲み会に参加してましたけど。

 

飲むと必ず「この後、カラオケに行きたい!」って言い出す奴がいるんですよね・・・

私はその流れが起こるのがホントにイヤでした笑

 

「お前いらん事言い出すなよ・・・!」っていつも心の中で思ってましたから。

できればカラオケには行きたい人だけが勝手に行ってて欲しいんですけどね。

 

大人数の時は途中で離脱することもできず、イヤイヤ連れてかれて1、2曲は歌うことになってました。

あえて酒をたくさん飲んで、自分のメンタルへのストレスを減らしてからじゃないと歌えない笑

いっくん
全員が乗り気になっちゃった時とか全力で逃げ出したくなる笑

できればカラオケ以外の遊びへと誘導したい。

でも20人ぐらい集まると、その中にはカラオケ苦手な人が1人や2人はいるものなんですよね。

 

そういう人と結託して、どうにか「ビリヤード」とか「ダーツ」とか、他の遊びに誘導してました笑

もしくは他の飲み屋に流れるのもOK!

 

ヘタな人にとって、カラオケはいかに歌わずに済ませるかが勝負!

カラオケに行く前に「ヘタだから」って事前アナウンスをしてたとしても・・・

 

何の説得力もない「大丈夫、大丈夫!」とか。

「ヘタでも誰も気にしないから!楽しめばいいじゃん」って感じの言葉が返ってきます。

 

そんなお決まりのやりとりを繰り広げてから、自分が知ってる曲をイヤイヤ歌う。

 

でも実際に歌い初めてから、周りがしらけていく感じが恐怖でしかない。

とてもじゃないけど「シラフ」で「初対面の人達」とかとは、行きたくないし行けませんでした。

 

できるだけ歌わずに、逃げることだけを考える。


カラオケに行った時には、できるだけ歌わないでいられる方法だけを考えてました笑

 

順番が回ってきそうな気配がしたら、トイレ休憩に逃げてスマホをいじって時間を潰してみたり・・・

まったく参加しないとヤバいので、合いの手だけ頑張って参加してる感を演出してみたり笑

 

そんな事ばっかりしてる自分に、かなり嫌気はさしてました笑

交友のチャンスを思いっきり逃してる自覚はありまくりだったしね。

 

「どうにかカラオケを克服したい!」ってずっと思ってました。

 

ボイトレを始めて、カラオケにも行けるように成長した!


自分を変えたくてボイトレを始めた。

ずーっとカラオケに引け目を感じながら生きるのはツラいので。

 

「歌が上達して、堂々とカラオケで歌えるようになれればいいな」と思って・・・

私はついに「ボイストレーング教室」に通うことを決意しました!

 

マンツーマン指導なら歌声を聞かれるのはインストラクターだけだし、多少の恥ずかしさは覚悟の上!

近くにあるボイトレ教室に通った時の流れは、こちらの記事にまとめてるので参考に。

 

ボイトレ教室では、人生で初めて「歌うこと」を理論的に考えながら練習しました。

 

ボイトレの成果で自信がついた!

かつては高低差のない歌い方で、声量も小さかった私ですが・・・

「ストレッチ・腹式呼吸・発声」といったトレーニングによって、かなり改善されました!

 

録音したのを聞くと、自分でもハッキリ分かるレベルで上達してます。

公式サイト

普通に友達とカラオケを楽しめるようになった!

これまではカラオケに行っても・・・

「歌いたくない。。。ってか、俺って普通に歌える曲あったっけ?」っていう焦りや迷いがありましたけど。

 

ボイトレ教室ではうまくなりたい曲をピックアップして、それをインストラクターと練習してきたので。

今では及第点として歌える曲が4、5曲はあります!

 

だからカラオケに行く時も気持ちは全然ラク。

「プロに何度も指摘されつつ上達した」っていう経験と努力が、裏付けされてますからね。

 

ボイトレで苦手を克服しましょう!

もし音痴で困ってて、本気でカラオケ行きたくないって葛藤してる人がいたら、ボイトレ教室に通うのがいいですよ。

 

月額費用はかかるけど、今後死ぬまでずっとカラオケの恐怖を抱いて過ごしていくよりも・・・

今からカラオケという最大の弱点を克服して、カラオケの誘いにも動じない自分になった方が絶対にいいです!

 

ちなみに全国展開してる「シアーミュージック」というボイトレ教室がおすすめ。

もちろんマンツーマン指導だし、ここなら「無料体験レッスン」もあるのでね!

 

ここまでの内容に共感した方は、自分を変えるためにぜひネットで体験レッスンを予約してみましょう!

公式サイト
いっくんのまとめ

今回は、カラオケ苦手な人の目線で語ってみました。

 

ずっとカラオケ苦手だった私ですが、今では普通に遊びに行けるようになりました。

 

ずっと苦手意識を抱えたまま、不自由な生活をするぐらいだったら・・・

早めにマンツーマンのボーカルスクールに通って、苦手を克服するのをおすすめしますよ!

公式サイト