ジャコウネコのうんこ使用!コピルアックコーヒーの味や値段は?

出典:http://www.mccoy8.net/kopiluwak/

 

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

有名な「ジャコウネコのうんこコーヒー」って知ってますか?

 

日本で飲んだら一杯数千円もするコーヒーです!

高過ぎますけど、海外の原産国では格安で飲むことができます。

 

どんな味なのか気になったのでインドネシアで飲んでみました!

 

スポンサーリンク

「ジャコウネコのうんこのコーヒー」って何?!

出典:http://www.mccoy8.net/kopiluwak/

世界3大珍コーヒーの1つ

今回お話するのは、ジャコウネコのうんこのコーヒーです。

 

うんこのコーヒーとか、かなりヤバい感じがぷんぷんしますよね?

コーヒーの名前は「コピ・ルアック」といいます!

 

うんこ自体がコーヒーになるわけじゃないのでご安心を笑

ジャコウネコの糞から採れる未消化の豆で作ったコーヒーなんです。

いっくん
かなり希少で「世界3大珍コーヒーの1つ」って言われてます! 

「ジャコウネコ」はエサとしてコーヒー豆を食べる

もともとジャコウネコは、エサとしてコーヒーの実を食べるんですよ。

 

実の中にある豆は体内で吸収されず、そのままうんことして出てきます!

消化管を通る時に良い感じに発酵されて、味わいが出るそうです笑

いっくん
最初にチャレンジした人は頭がイカれてるとしか思えません。 

変態性の極みがこのコーヒーの発見につながったわけですね!

 

コピルアックコーヒーができるまで

ちなみにコーヒーが出来るまでの流れですが・・・!

①コーヒー豆を食いまくったジャコウネコのウンコを拾い集めます。

②うんこを水できれいに洗い落って、その中の豆を日光で乾燥させます。

③完全に乾いたら焙煎して、ミルで挽いて飲む。

サラッと書くとこんな感じです。

いやー、マジで斬新な方法ですよね笑

 

スポンサーリンク

本場の「コピ・ルアック」を飲んでみた感想!

インドネシアで飲むことに!

私はインドネシア旅行に行った時に「コピ・ルアック」を飲んでみました・・・!

 

インドネシアはコピ・ルアックの最大の産出地なので、要はここが本場なんです!

そしたら飲まないワケにはいかないです笑

 

「ジョグジャカルタ市内」のコーヒー人気店を調べて、行ってみましたよ!

 

そこのお店は欧米人向けの洋風なテイストのカフェで・・・

スラムっぽい街並の中にあったので、かなり癒しのスポットでした笑

 

日本の10分の1の安さ!

コピ・ルアックは、世界的に見ても「高級で希少価値が高いコーヒー」とされてます笑

いっくん
日本の高級ホテルでは「一杯5000円」っていうからビックリ! 

インドネシアでは10分の1の価格で飲むことができるのでね!

原産国で余計なコストがかかってないので、一杯500円ぐらいでした。

 

つっても現地での500円ってかなり良い値段ですけど笑

例えば、大きくて異臭漂うドリアンが1個500円で売ってましたからね。

 

豆の状態では普通に臭い!

飲む前にスタッフがコーヒー豆の匂いを嗅がせてくれたんですけど。

何とも言えない「土とケモノ」のミックスされた匂いがしました笑

 

例えるなら「トリュフ」を食べた時に感じる、不思議な土っぽい感じの香り!

まあトリュフと違って、こっちは「不快な臭い」ですけどね笑

 

コーヒーになると独特の風味!

そしてついに出てきた「コピ・ルアック」。

一回り小さいコーヒーカップで出されました!

 

実際に飲んでみると・・・

豆の時に感じた臭みは、かなり薄まっていました

しかも驚いたことに、それが「風味」として許せるレベルに進化してました!

 

スッキリしたおいしさ

味はあっさり、しかも後味がスッキリする感じで飲みやすいです。

これまで飲んだことのある、あらゆるコーヒーとはまったく違う風味でした笑

 

ハッキリ言って、おいしいのは間違いない。

自分の中に「新たな引き出し」が生まれたのを感じましたね笑

 

飲み終わる頃に気付いたけど、カップの底にコーヒー粉が残るタイプでした。

残ってる粉にも苦味はないので、それすらも飲めちゃいました!

 

おいしいけど、コスパは最悪

初めて飲んだ「コピ・ルアック」は、確かにおいしかったです・・・!

でも値段を考えたら、マジでコスパ最悪です笑

 

私は現地価格で500円で飲めたからいいものの。

日本で「1杯5000円出して飲みたいか?」って聞かれたら、その価値はないですね!

 

うんこコーヒーに、1杯数千円も払うのは経済観念がぶっ壊れてるとしか思えません笑

 

インドネシアみたいにコピ・ルアックの原産地では「破格の値段」で試飲できるのでね。

いっくん
旅行ついでに飲むのは、人生経験としておすすめ!

コピ・ルアック専門店で「偽物」を発見?!

コピ・ルアックの販売店に寄ることに

タクシーで移動中に連れて行かれたお店で、コピ・ルアックの専門店がありました!

 

ちなみにここには日本語がしゃべれる店員がいたので、ちょっと嫌な予感がしました笑

海外で日本語しゃべれる奴ほど信用できない人はいませんからね。

いっくん
「ここでは絶対に買わない!」って心に決めました笑

そこは店の奥が生産場になっていて、「コピ・ルアック」の生産過程を見せてくれました。

店長に案内されて行ってみると、ジャコウネコがケージに入れられていました!

 

ジャコウネコを見せてもらった!

生で見るジャコウネコは、日本の「イタチ」っぽくて可愛かったです・・・!

外には一面に、大量のコーヒー豆が天日で乾燥中でしたね。

 

そして店長が色々と説明をしてくれます。

「ここでは本物のコピ・ルアックが安く買えるんだよ!」

「生産から加工まで全て自社でやってるから、安心安全だよ!」

かなり熱弁していました笑

 

ジャコウネコと、コーヒー豆の量が合わない?

そこで私には、ある違和感が生まれました!

そこにはジャコウネコが4匹しかいなかったんですよね。

「豆の量に比べて、ジャコウネコが圧倒的に少ない」

「糞から採取された豆を掻き集めても、絶対この量にはならないはず・・・」

そこの矛盾に気付いちゃいました笑

 

店長は嘘つき詐欺野郎

それで店長に「ここにあるコーヒー豆は、すべてこの4匹から採れたものなの?」って質問してみました。

すると店長は満面の笑みで「YES!!」って言ってました・・・

いっくん
イエスじゃねーだろ、これ絶対混ぜモノじゃん! 

だってジャコウネコ1匹から採れる豆の量は「1日たったの3g」なのでね!

 

明らかにコーヒー豆の量が多過ぎる。

これが噂のブレンドか・・・笑

 

世界中で偽造品が増えてるらしい

近年世界中で「コピ・ルアックの偽物商品」が売られてるらしいんですよ。

 

帰国途中に寄ったマレーシア空港の土産物屋でも・・・

「偽物を買わないように注意してください!」って注意喚起のポスターが貼られてたしね笑

 

ちなみに偽物と言ってもパターンがあって。

「そもそもジャコウネコの糞から取ってない完全な偽物」もあれば・・・

「少量のコピ・ルアックに普通のコーヒー豆をブレンドしてる」場合もある。

 

ここのお店の場合は後者ですね!

ブレンドで少量でも本物が入っていれば、香りはコピ・ルアックそのまんまだし。

 

スポンサーリンク

コーヒー好きなら体験すべき!

コピルアックコーヒーはおいしいのは間違いないのでね。

めっちゃコーヒーが好きな人は飲んでみた方がいいです!

 

ニセの粗悪品が出回ってるのが不安要素ですけど・・・

判断基準として、値段が相場より明らかに安過ぎるやつは偽物の可能性が高いです!

 

あとコーヒーが好きな人にプレゼントするのもアリだと思いますよ。

コーヒー好きなら誰もが知ってて、しかも高級品だって分かってるからね!

 

これをもらったらインパクトは絶大です笑

いっくんのまとめ

今回は、インドネシアでコピ・ルアックを飲んだ感想をお話ししました!

 

最初は豆の匂いのインパクトにやられましたけど・・・

味は普通においしい、上品なコーヒーでした。

 

国内で飲むと高いので、インドネシアに旅行に行った時にでも飲んでみてください!

パクチー(コリアンダー)は「カメムシ」の風味でホントにまずい!

2017.07.31

モンキーバナナの味は想像してたより甘くて美味しい!

2017.04.06

【ゲテモノ食い】実際に食べた「ゲテモノ料理」を紹介【まとめ】

2017.05.01