臨床検査技師になるなら、専門学校よりも大学がおすすめな理由とは?

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

私は病院で臨床検査技師として働いています。

 

臨床検査技師を目指す人が、一度は考えることがあります!

「検査技師になるには、専門学校と大学のどっちが良いんだろ?」ってね。

 

それぞれの学校の「特徴」を踏まえて、どっちがおすすめか説明していきますね!

 

スポンサーリンク

臨床検査技師を目指す高校生は、専門学校と大学で悩むはず。

高校生は専門学校と大学で進路を悩む。

私は病院で臨床検査技師として働いています!

 

臨床検査技師になるには「臨床検査技師の養成課程」がある学校に通わないといけません。

養成校は「専門学校」と「大学」の2パターンありますよ!

 

進学のパターンが「2つ」あるっていうのが、ちょっとややこしいんですよね笑

専門学校と大学って何が違うの?

・結局、どっちに行った方がいいんだろう?

こんな感じで悩むことになりますから。

 

「2つ学校の違い」をハッキリ理解してる人は少ない

ちなみに私は大卒の臨床検査技師です。

 

他の検査技師の人達と話していてよく感じることがあって。

「みんな専門と大学の違いを、ちゃんと調べた事がないんだな」ってことです笑

 

その証拠に、スタッフ同士の会話でこんなやりとりを聞くことがあります・・・!

・へー、専門学校って国試の合格率高いんだねー

・大学って4年間も通って何してるの?

・検査技師は専門でも取れるのに、何でわざわざ大学なんて行くの?

「お前らどんだけ互いの学校のシステム知らないんだよ!」って突っ込みたくなりますよ笑

 

それでは、2つの学校の違いをみていきましょう!

 

スポンサーリンク

専門学校:3年間で卒業できる&国家試験の合格率が高い!

mt (1)

出典:http://genkiwork.jp/medical-technologist-fukuoka/

専門学校のメリットは「学校に通う年数が短い」「国家試験の合格がしやすい」の2点です!

 

学校に通う年数が短い

専門学校は3年間の養成課程で国家試験が受験できます。

 

だから学校に通うのは大学よりも1年短くて済むってことですね!

これは人によっては「メリット」になるかと思います。

・学費が「1年分」浮く。

・学校嫌いな人にとっては最高。

・早く医療の現場に出て働きたい人にもピッタリ!

こういった条件にあてはまる人には、3年で卒業できるのはメリットになるでしょうね!

 

国家試験対策がバッチリで合格しやすい

専門学校では「合格率を上げるための教育」に力を入れています。

 

試しに専門学校のHPを開いてみると・・・

「○○専門学校、今年も合格率100%!!」って感じで、合格率の高さを前面に主張しますよね笑

 

専門学校は合格率100%を目指すことに命をかけてるんですよ。

だから国家試験の受験対策は、学校側からガンガンやってくれます

 

国家試験受験者の足きりも激しい

合格率の高さの「裏事情」もありますよ・・・!

 

臨床検査技師の国家試験前には、必ず模擬試験をやるんですけど。

その結果によって、受験するかどうかを学校側にコントロールされるんです。

 

「受かりそうな学生は受験OK、落ちそうな学生は来年受験させる」っていうね。

こうやって、いわゆる「足きり」を容赦なくします

 

専門学校の合格率が高い秘密は・・・「教育体制と足きり」にあるワケです。

 

システムは高校みたい、しかも卒業しても高卒扱い!

専門学校の教育の形式は「高校」みたいな感じです。

閉鎖的な環境で、毎日朝から夕方まで決められた時間割をこなしていくスタンス。

 

自分1人だと勉強の仕方が分からないし、やる気も出ないって感じの人は・・・

専門学校のシステムはメリットになるはずです!

 

しかし忘れてはならないのは、卒業しても「高卒扱い」だという点です。

これが卒業後に、悪い意味で影響力を持ってきます。

 

大学:将来の幅が桁違いに広がる!

大規模な病院では、採用試験で有利になる。

大学における最大のメリットは「将来の幅がめちゃくちゃ広がる」って事があげられます。

 

一概には言えないけど、今は大学病院をはじめとした大規模&高機能な病院においては・・・

大卒しか採用しない方針に変わってきてますから。

 

大学病院もかつては専門卒でも採用してましたが、今では就職が難しくなってきています。

もちろん専門卒でも受験はできるし、評価されれば受かります。

 

でも同じぐらいの能力の人がいた場合に、大卒が有利なのは間違いありません。

 

病院での出世にも学歴は影響する。

また、大病院においては役職者になるのにも「学歴」を重視されます。

 

特に大学病院に入職してから役職者を目指すなら、学士ではなく「修士以上(大卒+大学院2年)」が必要です。

大学病院のスタッフは大卒で当たり前って感覚で、役職になるのは大学院まで出ないと厳しいです。

 

けっこー学歴至上主義な面もあるし、差をつけるには実務以外で学歴や論文などの実績が必要になります。

最低でも「修士」で役職者への第一歩が踏める感じですね。

 

そうなってくると「じゃあ専門卒はどうなるの?」って思いますよね。

専門でも中堅クラスまでの病院なら問題なく採用されて、役職者にもなれます。

 

しかし若い世代においては、専門卒で一流病院で出世するのは厳しい現状があります。

専門学校を卒業してから、大学に編入して修士を目指すのって大変過ぎてあまり現実的ではないですよね。

 

企業就職への道も開かれる!

特に企業就職を視野に入れた場合には、絶対に大学に行った方が良いです!

 

臨床検査技師を目指す学生の多くは「将来は病院で働きたい!」としか思ってないはずです。

でも実際に働きだしてみると・・・

・検査技師の仕事は思ってたのと違う

・年収低いから企業に行きたい

学校を卒業してから、誰しもがそう感じる日が来ます。

 

早い人は病院実習を経験したあたりで「私は検査技師にはならない!」って言い出すしね。

そうなった時でも、大卒であれば企業への就職の道が開かれます。

 

検査センター」「治験」「医療機器メーカー」みたいに、医療関連の企業に関われるのはもちろん。

いっくん
本人が望めば、一般企業の営業職にだってなれます。

企業は「大卒」を最低限の採用条件にしているので、大学に進学して学位を取る必要があるワケです。

 

スポンサーリンク

「専門学校」と「大学」どちらがおすすめ?

個人的には大学進学をおすすめします。

結局行くなら「専門か大学」どっちが良いか気になりますよね?

 

これはもう間違いなく大学ですよ!

「大きな病院への就職」や「役職者」を目指したいのであれば当然です。

 

また、将来の見通しがつかない時代だからこそ大学に行くって選択もあります。

定年までずっと検査技師として働くかなんてわからないからね。

いっくん
転職などで「潰しがきく」ようにするためには、大学の方が絶対に良い!

今の時代は、業種を超えて転職する人も珍しくありませんので。

 

専門学校は「高卒」扱いなのがネック

現在では予測できない将来の様々な状況を考えた時に・・・

専門卒だとあまりにも非力なんですよ。最終学歴は高卒扱いですからね!

 

専門卒は検査技師以外には通用しなくなります。

もし将来、結婚をきっかけに高い年収を求めて転職したいと思うかもしれないけど。

 

企業勤めのサラリーマンに憧れたとしても・・・・

高卒だから「入社試験のエントリー」がまずできないんですよ。

 

本人がどんなに優秀でも、大卒じゃなければ「土俵」にすら立てない

 

逆に大卒であれば、本人のやる気次第で途中からでも何とかなっちゃうわけです!

将来の幅を広げたいなら大学に行った方が絶対に良いですよ。

 

大学進学を考えてる人は、大学ごとの受験科目や学費をちゃんと把握しておきましょうね。

 

専門を含めた医療系の学校について知りたい方はこちら。

 

医療系の大学入試について詳しく知りたい方はこれを参考に!

いっくんのまとめ

今回は、現役技師の立場で「大学と専門」のどっちが良いのかについてお話ししました!

個人的には大学に行った方が良いと思います!

 

本人がどんなに優秀であったとしても・・・

「大卒の学位」の有り無しで、社会からの対応が変わってくるんですよ。

 

まだ先のことなんて考えられないでしょうけど。

臨床検査技師としても、それ以外の仕事に就く場合でも、可能性を最大限に発揮するためには・・・

大学を出た方が良いのは間違いありませんよ!

臨床検査技師の学校(専門学校と大学)と国家試験について【まとめ】

2018.03.19