雑記ブログでいいのか悩んでる方へ。雑記の強みは「個性」ですよ!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

私は雑記ブロガーとして、2年以上このブログを運営していますよ。

 

始めた当初は特化型にするか、雑記にするかで迷った時期もありましたけど・・・

今では「雑記ブロガー」でよかったと思ってます。

 

今回は、雑記ブログの強みについて書いていきますね!

 

スポンサーリンク

私は雑記ブロガーです!

ブログ運営に関わる人は、一度は聞いた事があると思いますけど。

 

ブログって大きく2つ「雑記ブログ」と「特化型ブログ」に分けられます!

 

イメージが湧きにくい方もいると思うので・・・

まず最初に、雑記ブログと特化型ブログの違いを簡単に説明しますね。

 

雑記ブログと特化型ブログとは?

雑記ブログとは?

雑記ブログは、どんなテーマも自由に書けるブログです!

 

例えば・・・「趣味や仕事、自分の思ってること」を書いたブログとかね。

ちなみに、プロブロガーさんもこのスタイルが多いですよ。

 

しかし、これにはユーザー目線で見たときにデメリットもあります。

 

もし「音楽」について情報収集したい読者がいたとして・・・

検索して辿り着いたのが、音楽記事が少ししかない雑記ブログだったら期待外れですよね?

いっくん
読者が求めてないジャンルの情報も盛りだくさんのブログになります笑

テーマを絞ってないので、専門特化に比べるとマネタイズ(収益化)もしにくいです。

 

特化型ブログとは?

特化型ブログは、1つのテーマに絞って書いていくブログです!

 

雑記と違って、サイトの方向性がガッチリ固まってるのが特徴。

読者の層がハッキリしてるから、マネタイズもやりやすくなります。

 

さらにはジャンルが明確だから、初めて訪れた読者の期待も裏切らないし!

ブログのすべてが関連記事だから、読者にとっては非常に利用しやすいですよね。

 

でも運営者からすると、ネタ切れしやすいのが問題です笑

 

スポンサーリンク

雑記か特化型か、最初はどちらにすべきか悩んだ。

「雑記ブログと特化型ブログのどっちがいいのか・・・?」

こんな悩みを抱くブロガーさんは多いと思います!

 

私もブロガーとして活動し始めた頃は、やっぱり悩みました。

 

当時は特化型がいいような雰囲気が漂ってたのでね。

「医療や臨床検査技師についてまとめた専門サイトでも作ろうかな?」って考えたりしましたよ!

 

でもいざ書き始めてみると「医療だけじゃなくて、旅行も、事故の体験記とか色々書きたい!」ってどんどん出てきて・・・

いっくん
今では総記事数は500ちょい、大きなカテゴリーは15個もあります。 

思いっきり雑記ブログだし、今ではこのスタイルが自分に合ってる事を自覚してます笑

 

雑記ブログにはストーリー性が生まれる?

私のブログの中には事故・リハビリ」や「日本全国旅行」といったカテゴリーが混在してます。

 

ちなみに「事故・リハビリ」は、私がかつて事故で死にかけた時の体験談をまとめたものです。

こういうコアなネタには、読者からもコメントをよくいただきます!

「私も同じような経験をしました!」

「記事を読んで、リハビリの励みになりました。」

そんな声が多い中で、ハッとさせられるコメントをいただきました。

読者:「私も早く治したくて今リハビリを頑張ってます。いつか私も日本一周したいです!」

 

実はこのコメントこそ、雑記スタイルの価値を物語ってるんですよね。

わたしが最近になって思うのが・・・

いっくん
雑記ブログは、ストーリー性を持たせるのにピッタリなんですよ! 

スポンサーリンク

雑記ブログでは「個性」がより強固になる!

雑記ブログでは「個性」がより強固になると思ってます。

 

カテゴリーの「事故・リハビリ」は「事故で死にかけてから回復するまで」の流れがまとめてあるし。

日本全国旅行」では「社会人になってから日本全国一周をした」経験を書いてます。

 

この2つのカテゴリーって、パッと見は無関係の情報ですよね?

雑多な情報が溢れてるようにも見えるかと思います。

 

でもポイントは・・・リハビリも全国旅行も、結局はひとりの人間(私)が経験したことなんですよ。

 

さっきの読者さんも、リハビリから読み始めて、全国旅行の記事を読んでくれたワケですけど。

情報の縦と横の繋がりが見えると、より強烈に読者の感情を揺さぶれるんです。

いっくん
2つ以上の情報が結びついた時に、オリジナルの価値を生み出す!

「リハビリ」「旅行」の記事を単体で読むのとは、まったく見方が変わるはず。

 

私はこれが雑記ブログの強みだと思ってます。

1人の人間のエピソードを1~10まで、1つの記事に書くのは不可能だし。

でも雑記ブログなら、それぞれのカテゴリーに自分の歴史を蓄積することができる。

ってイメージかな。

そこに気付いた時にはハッとしましたね。

 

複数のカテゴリーがあるがゆえの強さ。

仮に私が旅行の特化型サイトを作ったとして・・・

ひたすら旅行の感想だけを書いてたら、それは世の中に無数にあるブログの1つです。

 

今は無数にいるブロガーさんによって、膨大な記事が量産されてますからね。

きっと読者の印象には残らない。

 

でも雑記ブログの中に事故体験記や、旅行記事があることで・・・

「かつて平衡感覚が狂って歩けなくなった人がリハビリの結果、旅行しまくるぐらいに完治したんだな」ってことが分かります。

 

「異色の組み合わせ」に見えるカテゴリーが、情報を補完してオリジナリティを高めるんです。

もちろんサイト内のカテゴリーを横断してまで熱心に記事を読む人は少ないので。

 

読者さんの興味に委ねるだけではダメですけどね。

いっくん
内部リンクで、カテゴリー同士をどんどん繋げるのが大事! 

今は情報単体で勝負するのはビミョーかも?!

ブログってここ数年で、有益な情報を個人が発信するメディアへとガラッと変化しましたよね。

 

今となっては副業(複業)としてブログに参入する人も増えてるし。

有益なコンテンツを書き上げたとしても・・・

 

無機質で再現性の高いものは、そっこーでパクられます。

いっくん
個人も企業もパクリ合い合戦を繰り広げてる始末ですし笑 

これからは個性のあるブロガーが生きる?

わたしは最近、個性が適度に出てるブログが強いと感じてます。

 

大事なのは「個性(オリジナリティ)」。

そして個性を強化するのに、雑記ブログのスタイルはピッタリだということです!

 

ネットの表層の知識を集約した記事は、AIが怒濤の勢いで量産し始めるのも目に見えてる。

情報を網羅しただけの記事では、勝負するのが難しい時代がそこまで来てる。

 

わたしはブログも一周回って・・・「人間味」が見直され始めると思ってます!

 

今後のブログ運営は、情報の中に独自の体験と感情を織り交ぜていって。

カテゴリー同士の関連も強化して、個人として一定の方にファンになってもらうのが大事!

 

訪れた人がリピーターとなって、色んな記事を読んでくれるのがベストですからね。

 

いっくんのまとめ

今回は、雑記ブログについて思うことを書きました。

 

雑記ブログは自分のスタイルにも合ってるし、今では続けてよかったなと思ってます。

 

まあ記事数が少ない頃は、雑多な感じがめっちゃ強いんですけど・・・笑

記事数がどんどん増えていくにつれて、関係なさそうな記事同士が結びついていきます。

 

1つのブログの中でそれぞれ互いに情報を補完し合うようにね!

そうなる頃には、個性的なブログが仕上がってるはずですよ。

 

個性にシフトした雑記ブログはアリだと思います!

ブログをマネタイズ(収益化)したい方は、有名なアフィリエイトASPにも登録しておきましょうね。

登録しておくべきASP