パラグライダーを関東でやりたい!埼玉のスクールで1日体験をしてみた感想!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

みなさんはパラグライダーってやった事はありますか?

 

初心者には難しそうなイメージがあると思いますけど・・・

最近は全国どこのパラグライダースクールでも、サクッと1日体験ができますよ。

 

1日かけて自力で浮遊できるようになるコースで、実際に体験して分かった事が色々とありました。

こちらの記事では、私がパラグライダー1日体験を受けた時の流れや、初めて浮遊した時の感想を書いていきますね。

 

スポンサーリンク

人生で一度は「パラグライダー」をやってみたかった!

パラグライダーを体験してみたかった。

私は以前から「パラグライダーってすげー楽しそうだな」って思ってました。

 

でもパラグライダーって気軽にできるレジャーじゃありません!

知人・友人にもやった経験がある人はいなかったし・・・でもだからこそ、人生で一度はパラグライダーをやってみたい。

 

社会人になってから、ふと「どこか近場で出来ないかな?」って調べてみました。

都内から行ける距離で探したところ、埼玉県にある「埼玉こまちパラグライダースクール」がヒットしました!

 

1日体験コースに興味が湧いた!

埼玉こまちパラグライダースクールには、1日体験コース」が存在します。

 

内容としては・・・9:30~16:00までの1日をかけて、山の斜面から1人で浮遊体験するのを目標としたコース。

パラグライダーを初めてやる人が対象者で、「フワッと浮遊体験をする」のを目指す人気プランです

 

完全な素人を対象としていたので、これなら良さそうだと感じました。

わたしは友人を誘って、人生初のパラグライダーに挑戦することにしましたよ!

公式サイト

スポンサーリンク

埼玉こまちパラグライダースクールの情報(アクセス・料金)

埼玉こまちパラグライダースクール

 

住所は「埼玉県の比企郡ときがわ町大野勝負平」です!

埼玉こまちパラグライダースクールまで行く方法は「車」か「電車&送迎バス」の2通りですね。

<車で行く場合>

スクールには駐車場があるので、そこに車を止めればOK。

<電車で行く場合>

JR八高線・東武東上線「越生駅」から、スクールの方で送迎もしてます。

 

パラグライダー1日体験の料金

パラグライダーの1日体験の料金は、保険料含めて8000円でした。

調べてみるとどこのスクールも大体これぐらいですね。

いっくん
どうせ人生で一度ぐらいしかやらないんだし、決して高くない!

パラグライダースクールの1日体験!当日の流れとは?!

パラグライダーの準備をする

パラグライダーの体験コースに必要な持ち物はこんな感じです。

・長袖、長ズボン

・滑り止め付きの軍手

・印鑑

服装は長袖・長ズボンって事だったので、動きやすく汚れていい服を用意しました。もちろん靴は運動靴です。

 

滑り止めが付いてるタイプの軍手も必要なので、忘れずに準備しましょう!

実際にやってみれば分かりますけど、しっかり握るので軍手がないとマジで手が痛い笑

 

印鑑は誓約書にサインするのに必要です。

いっくん
内容はもちろん「ケガしても文句言いません」的なやつです笑

埼玉の山奥まで移動して、受付します!

パラグライダーは雨だと中止になっちゃうけど、当日の天気予報は「午前が晴れ、午後から曇り」って感じでひとまず安心!

 

埼玉こまちパラグライダースクールは人里離れた山奥にあります。わたしは友人と車で向かいました!

車に荷物を突っ込んでスクールを目指します。

 

事前に「近くにコンビニとかは無いから、買ってきたほうがいいよ!」って教えてもらってたので、向かう途中でお昼ごはんを買いました笑

埼玉の山奥をどんどん進んでいって、埼玉こまちパラグライダースクールに到着!

 

現地に更衣室があるので、そこで着替えます。

 

受付を済ませると小さい小屋に案内されました!

そこにはインストラクターや受講者が集まっていて、受講者は「カップル、大学生、おじさん集団」と色々です笑

公式サイト

午前の部は座学

開始時間になったら「午前の部」がスタートします!

 

午前中の最初は小屋の中で、パラグライダーの基本動作や安全事項について授業を受けます。

まあ最低限の知識を頭に入れてからじゃないと練習もできないのでね笑

「パラグライダーの道具についての説明」

「飛ぶときのポイントや注意事項」

こういった内容を勉強してから外に出て、実際にパラグライダーを使いながら再確認していきます!

 

座学の勉強が終わったら、午前の残り時間は外に出て平地で練習します。

実際に機材を装着して助走練習をするんですけど、初めて扱う機材なので午前中は慣れるので精一杯です笑

 

この時にはヘルメットも付けますし、テンションは高まる一方です笑

ちなみに慣れた人がやるのを見るとすげー簡単そうですけど、素人がやるとこれがかなり難しいです!

 

しばらく練習してお昼休憩の時間になったら、各自でお昼を食べます。

 

午後は丘の上から飛ぶ練習!

そして午後はちょっと小高い丘の上から飛ぶ練習をします。

 

丘の上から飛び立つときには必ずインストラクターが2人横に付いて、風の流れを読んだ上でスタートの合図を出してくれますよ。

飛行する高さは10mぐらい、飛行距離は50mくらいですね。

 

サポートはばっちりで安心しながら飛行できます!

私が参加した時には浮遊できなかった人はいなかったので、やってみれば誰でも飛べるはずです。

 

スポンサーリンク

実際にパラグライダーを体験してみた感想。

キャノピーが重くてびっくり笑

パラグライダーの本体部分は「キャノピー」、手で持つ部分は「ハーネス」といいます。

 

写真で見ても分かる通り、けっこー大きくて重い!

地面にだるんだるんになってる状態から、力で引っ張り起こさないといけません。

 

ハーネスを手でしっかり握って踏ん張って進む感じで、しっかり風を捉えないとすぐにキャノピーが潰れちゃう・・・

走り出すのは「早過ぎても遅すぎてもいけない」っていう難しさ。

いっくん
重いキャノピーは見た目によらずくせものでした。

地面から浮くまでがけっこー大変?!

地面から浮くまでがけっこー大変でした。

 

ハーネスを握って走り出した時に、キャノピーをしっかり広げないと風を捉えられなくてすぐに倒れちゃいます。

空気をキャノピーにしっかり受けつつ、浮き上がらせるように意識!

いっくん
感覚を掴むまではなかなか難しい笑 

難しいなーって思いつつも何度か繰り返していたら、段々とタイミングを掴めるようになってきます。

そして2mくらいの高さを浮遊する事に成功!

 

低そうに感じますけど、実際には相当なスリルとスピード感がありますよ笑

 

独特なかけ声が恥ずかしい

飛ぶ寸前には「レディー、セット、ゴー!」って必ず言わされます笑

いっくん
この独特の掛け声がめっちゃ気になりました笑 

パラグライダーで浮遊する感覚が楽しすぎる!

スタートして走り始めた瞬間には身体にめっちゃ抵抗を感じます!

 

慣れてない間はバランスを崩しやすくて、少しでも風があると左右に振られて倒れます笑

なんとか風をうまく掴めると、体が後ろの方に引っ張られて「フワっ」て自然と身体が浮き上がるんですけど・・・

 

最初に飛べた時は2mくらいまで上がりましたよ!

この浮遊感が他では体験できない気持ちよさで、いつまでも続いて欲しくなりました。

 

「インストラクターに止まれ!」って指示されない限り・・・

そのまま行けるとこまで飛んでいきたくなっちゃうぐらい楽しいです笑

 

飛ぶ感覚を掴むまでは難しいけど、一回飛んだら後は初心者でも大丈夫です。

公式サイト

高度10mってかなり高い!

最初はなだらかな斜面で練習しますけど、午後からは傾斜のある斜面から飛ぶ練習をします!

 

そこから飛ぶと高度10mぐらいになるんですが、建物の2階部分の高さなのでかなり刺激的です。

いきなり垂直に落ちたらヤバい高さなので、ちょっと死を意識するレベル笑

いっくん
数字で見るとショボそうだけど、十分高いしスリルはありました!

パラグライダーってはたから見てるとスピードは大したことなさそうに見えるけど、実際やってみると体感速度もかなり早いですよ!

 

ちなみに私はパラグライダーの後にスカイダイビングも経験してるので、高所恐怖症ではありません笑

 

パラグライダーのプロは、私たちとは次元が違う!

パラグライダーのプロの方がいらっしゃったので、その方から色々話を聞いていたら・・・

プロはスケールのデカさが桁違いだという事に気付きました笑

 

プロはパラグライダー自体もエンジン付きのやつを使って、埼玉の山奥から出発して休憩なしで千葉の外房まで行けちゃうらしい笑

しかもプロは空高く高度を上げて、最高高度は5000mに達するとのこと・・・!

 

私がかつて体験したスカイダイビングですら3800mだったのに笑

もはや意味が分からない領域です、パラグライダーの凄みを感じました!

公式サイト

 

いっくんのまとめ

今回は、パラグライダーの「1日体験コース」の流れと感想をお話ししました。

 

純粋な興味から挑戦しましたけど、想像以上に面白かったですよ!

1日体験コースは内容をずっしり詰め込んだ内容なのでかなり刺激的です。

 

最初はひたすら座学がメインですが、昼頃からは、ほとんど実践がメインになるので楽しいです!

機材は重いし邪魔くさいので浮かぶまでは難しかったですけど、半日練習すれば誰でも浮ける様になります。

 

実際に浮遊した時は超楽しいし、貴重な経験です。

スピード感もあって、ずっと飛び続けたくなる気持ち良さです!

 

興味がある方はやってみてください!

公式サイト

東京近くでスカイダイビングがしたい!体験料金や当日の流れは?

2016年12月19日

沖縄旅行でアクティビティがしたい!「パラセーリング」がおすすめです。

2018年3月31日

東京から日帰りで行ける!おすすめのアクティビティ体験【まとめ】

2018年3月27日