もう仕事が限界。会社を辞めたいなら3年待たずに転職しましょう!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

仕事をしてて辞めたいと思う時って普通にありますよね?

それ自体は全然悪いことじゃないし、私はむしろ普通の感覚だと思います笑

 

日本の古い考え方では「3年は働け!」ってよくいいますけど。

3年にこだわる必要はないと思いますよ!

 

スポンサーリンク

社会人になって「仕事辞めたいな」って思うのは普通!

社会人になって、仕事に違和感を覚える日がくる

みんな誰しも、社会人として働き始めた時には「頑張ろう!」って思ってるはずです。

 

最初は緊張感もあるしやる気も継続しますよね。 毎日が新しいことで刺激的だし・・・!

でも3カ月も過ぎれば職場にも慣れてきて、冷静に仕事や職場を分析できるようになります。

 

そしてある日こう思うんですよ。

いっくん
あれ?なんか思ってたのと違うな・・・ 

早い人は1カ月ぐらいで、その違和感を覚えることもあるはずです!

 

辞めたいと感じるのも普通の感情

その違和感を感じ始めると、仕事はつまらなく感じるかもしれません。

 

人間は一度ダメだと思うと、気持ちが離れるのは早いですから笑

「もっと大きな会社で働きたい」

「他にやりたい業種の仕事が見つかった」

仕事を辞めて転職をしたいと考える人も出てくると思います!

転職自体は、今の時代は珍しくもなんともないですからね。

いっくん
何度も転職する人だってたくさんいるし。

そこで問題となるのが、どのタイミングで転職するのかです!

 

スポンサーリンク

3年も我慢する必要ある?

石の上にも3年って意味がわからん

日本では年配の人は「転職」に否定的な見方をする傾向にあります。

 

もし転職を考えてることを言おうものなら、こう言って来る人が必ずいるはず!

いっくん
石の上にも三年だぞ!」ってね。

「1つの職場で3年は絶対に我慢しろ!」って話ですけど・・・

それは形骸化した伝統であって、まったく根拠がないですから笑

 

そういう日本古来の考えがバカらしいんですよね。

 

ムリに働いても生産性は低い

逆にイヤだと思ってる職場にムリして3年もいるデメリットが相当デカいと思います。

 

一番怖いのは、その惰性の期間が「2年、3年」って長くなるほどに・・・

仕事が途中から惰性になって、向上心も薄れていくはず。

 

そして3年が経過した頃には「ただそこで長く働いただけの人間」になります。

それがホントに良いことかって言われたら、ちょっと微妙ですよね!

 

興味の無い「仕事と職場」に貴重な時間をムダにしたって話ですから。

それなら、自分がより納得のいく環境を求めて転職した方がいいですよ。

公式サイト

 

向上心があって転職するならOK!

転職が自分にプラスになるなら、辞めてもOK

私は向上心があって、仕事を辞めるならOKだと思いますよ。

自分が力を発揮できる業種や職種に進もうとするのは全然アリですからね!

 

だって今いる場所が向いてないって自分で確信しちゃってるワケなんだから笑

そんなところに長くいるのは、建設的な考え方じゃないですよね。

 

もっと自分がイキイキして頑張れる環境に転職すべきですよ!

 

次の職場は徹底的にリサーチすべき

 

転職する時に大事なポイントがあります。

次の職場は、今の職場に就職した時とは「桁違いのレベル」でリサーチしないとダメですよ。

 

もし大して調べもせずに、次の転職先を見つけたとして・・・

転職して間もなく「こんなはずじゃなかった!」ってなるのはアホですからね笑

 

1度働いたことで、自分が優先すべき「ポイント」はもう十分分かってるハズなのでね。

失敗や反省を活かして、次に繋げていきましょうね!

 

プランもなく辞めるのは絶対NG

中には今の「仕事や職場がイヤだから」って、感情だけで辞める人もいます。

 

でもノープランで仕事を辞めるのはNGです!

次の職場も適当に決めたら、またすぐにイヤになりますからね。

いっくん
衝動的に辞めて、適当に他を受けるのだけはやめてください。

そんなことして無意味に職歴に傷をつけるぐらいなら、イヤイヤでも今の職場で働き続けた方がいいです!

 

理屈で考えて転職がより良い手段だと思うなら、しっかり調べてから失敗のリスクを最小限に抑えて転職すべきです。

公式サイト

 

スポンサーリンク

新卒の人は1年間は働いた方が良い?

ちなみに新卒社会人の場合は、最初の職場だけは「1年間」は働いた方が良いです。

 

新卒1年未満で自主退職すると、再就職が厳しくなるのは間違いないんです。

よっぽど優秀な人間じゃない限り、1年未満での退職は負のイメージがデカすぎます。

 

面接でよっぽど綺麗ごとを並び立てたとしても、誰しもが納得できる「明確な理由」にはならないはずなので。

わたしは最低限の信頼ラインとして1年間の勤務経験は必要だと思います。

 

1年は勤続できないと「またすぐ辞めそうだな・・・!」ってレッテルを貼られて、これが次の転職活動に多きな支障をきたします。

だから気合でなんとか1年は働き続けましょう!

 

あと辞める時には会社の規定には従いましょうね。

会社ごとに退職時のルールは決まってるので、まずは会社規定を確認しましょう。

 

そして1年を耐えた頃には、転職してOKだと思いますよ!

 

いっくんのまとめ

今回は仕事を辞めたいなら「3年待たずに転職するのはアリ」という話でした!

 

これだけ「変化の激しい時代」になって・・・

3年間も価値を見出せないところで働いても仕方ないですよ!

 

繰り返して言いますけど、新卒の人は1年間は最低でも働きましょうね。

 

転職活動を始める時は、転職サービスを利用するのが効率的です。

今の仕事を続けながら希望に合う求人が出るまで待つスタンスで良いと思います!

 

市場価値診断のMIIDAS(ミーダス)は、自分の市場価値に見合った年収を診断してくれますよ。

公式サイト